FC2ブログ
2018/10/31

何故それを後回しにするかなぁ【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
バイク用品のお買い物はどうしても欲しいものと必要不可欠なものの二つに分けられると思います。
後者はタイヤです、ほぼスリックのスポーツタイヤからライフが10000㎞を超えようかというツーリングタイヤまで選り取り見取りなのですが最近はそれほど特殊なサイズのタイヤを履くバイクも少ないので特定メーカーイチ推しでなければ履くタイヤがないということにはなりません。

ここまで書けば「またタイヤを後回しにして時計でも買いやがったか馬鹿野郎が」というお叱りが来そうですがそうではありません。
あの時の時計は丸一年以上を経て当たり前に使えていますがその代償に諦めたシューズは後回しでよかったのか何なのか車体側が2台替わっているという…。
mira-.jpg

4台前の初代アオ号のカワサキZX‐12RB2からベンベR1200Rのクロ号🄽を挟んで現在の愛馬のカワサキニンジャ1000のニーナ&ニック号までずっとカウルミラーだったのですがどの車種でも(危ないけど)走行中にミラー角度の微調整が可能でした。
バイク海苔なら判っていただけると思うんですが様々な走行シチュエーションにおいて後方確認を怠らないためにはミラー角度の微調節は必須です、後方確認を怠るとどうなるかと言えば物理的に危険なことは言うに及ばず、パンダさんの餌食になる恐れがあります。
ですが、ニンジャ1000のカウルミラーはアチコチのレヴューでお聞きの通りバッタの触角のように前方遠くに伸びているので走行中の調節は危険ですと言うより不可能です。

なのでコイツを導入することになりました、何故タイヤより優先かと言いますとこの商品は永く欠品で売り止めだったのです。
クランプを介したハンドルミラーは沢山ありますがハンドル径にあわせた専用品でないと小加工が必要で、カウルミラーを外した穴を塞ぐには絶対専用品でないとかっこ悪いので躊躇していましたがコイツが再販されたので飛びつきましたよ。

一瞬、ミラーだけ変えてミラーホールはステッカーで塞ぐことも考えましたが、どうせボルト頭が出るから専用品じゃないとヤだと駄々をこねたホールカバーはプラスチックの小片にM8の汎用ボルト4本付で6000円ほどします。

こうして、リアタイヤ一本分の諭吉が失踪しました、スポーツタイヤならリアどころかフロントタイヤも買えない価格ですが冒頭にも書いた通り、タイヤはまず無くならないけどこっちは再々販は絶望的なのであるうちに確保しておくことにしたのです。

コメント

非公開コメント

No title

バッタの触角とは、なるほど巧いこと言うもんだねぇ。 もうひとつ全容で、カワサキZZR1400のゴキブリ、スズキのGSX-S1000Fのナメクジってのも同意ッ。
たしかに、一旦気になると何とかしたくなるんでしょうね。 眉毛ラインの修正にエンエンと拘るオバンのココロか。 v-404 v-399
・・・・・たしかにぃ、ハンドルミラーのが美的に良いかも。。。

ところで、レクサスのミラーレス車が出ましたが、バイクもいずれ出るんでしょうね。 テールカウル搭載の180°ワイドレンズ撮影で、スクリーン上辺への投影とか。。。v-7

まあ、私のバイクライフ中には間に合わんだろうけど。v-15

No title

>南行さまコメントありがとうございます。
その外観が気に入らなけりゃ買わなきゃいいんだけどここ以外は今の状況を考えるとベストバイだったのでニンジャ1000にしたのですが淡路道のまっすぐな所でも手を伸ばして調節できないのではこまります、まぁ昔に比べて体が硬いってのもあるんでしょうがね。
少し前にどこかで見たヘッドアップディスプレイ内蔵のヘルメットが車両の値段の10分の1ぐらいで買えるようにならないかなぁと思うのですが御大同様、俺ぃらのバイクライフには間に合いそうもありません