FC2ブログ
2018/06/22

ビフォー・アフター【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
ネタに困ってタイトルまでどころか記事カテゴリーまで弄りますかそうですかw

先日、初夏にしては日も落ちてそこそこ暗くなるまでニーナ&ニック号で走っていた時のお話しです。
俺ぃら的には初めてのアンテナ別体式(インジケーターがアンテナユニット一体)のETCなのですがメーターに目を落とすとETCカード認識の緑色LEDが丁度視線に入って鬱陶しかったんですよ。
antena.jpg
そこで赤丸の場所に貼り付けてあったアンテナユニットを白丸の位置まで下げてみました。

このLEDはETCゲート通過の直前にだけ確認できたらいいので普段の走行中は消えていていいくらいです、よって移設後の乗車確認で「何か光っている」ぐらいの場所まで下げてみました。
ゲート通過は試していないけどアンテナ面が垂直に近付いたんで反応は充分のはずです。
先日の失踪ツーリングで試してみたらどこのゲートも無事通過できました。

コメント

非公開コメント

No title

盆栽遊び、ご苦労様です。v-365

思うんですが、そのカウルスクリーンの取り付け方で、最高速時の風圧によく耐えられるよね。 嘗ては頑丈な取り付けが普通でしたが、、、今時はしなって耐えるタイプよね。
12Rも頑丈だったけど、初期9Rなんてつっかえ棒が付いてたからね。v-405

地震、、、治まりそうですね。v-221

No title

ps:
最終型の9Rまでつっかい棒が付いてたみたいネ。

No title

>南行さまコメントありがとうございます。
撓って耐えるのは間違いなさそうで最高位置でここじゃ書けない速度を出すとヨレテいるのが感じられますね。
おかげさまで地震の方はココでは翌々日くらいまでしか有感のはありませんでした。

それにしても、粗悪ブルーシート売りつけたりガスメーター廻りでウロチョロして大金巻き上げたり巻き上げられたり…。
世の中のウマシカには悲しくって声も出ませんやねorz.