2017/09/13

お前ら子育ての頃、子供に対して…

こんちは、うぞうむぞうです。
今はそんな時代じゃないのでタイトルのようなこと…「人生辛抱なんだよ」なんて事を言う親はいないようです、むしろ「辛い我慢するくらいならどんどんキレなさい」と言って育てている親が多いと思います。
もう9月も半ばですが。9月1日に「ガッコに行くのが辛いのなら休んでもいいのよ」と言っても良い、いやむしろそう言うべきだという論調の新聞記事やブログ記事を読んだことがあります、いつからお子ちゃまはそんなに偉くなったんですかい、俺ぃらなら蹴とばしてでもガッコに行かせます(異論は認めないこともないが、議論するつもりはない)

さて本題です、俺ぃらの世代の親は子育ての時に「人生辛抱だ」と教えていたと思います、少なくとも俺ぃらはそう育てられました、間違ってはないと思います。
ところが、現代になってその親たちが爺ぃ、婆ぁになって各所の窓口でやっていること言っていることにその我慢が出来ているかというと皆無に近いと思われます。
先日はホムセンの玄関でクレーマー爺ぃが「そんなに早く壊れるもんかぁ!」と大声を張り上げてました、どんどん通報してやってくださいw
お医者でも待合室の衆人環境の目の前で…、目の前には医療事務のお姉ぇちゃん数人、後ろには同類の年寄り10数名がいるその場で診察券を一番下にねじ込もうとしている爺ぃを見ました、当日最終診まで後回しにしてやればいいのにと思ってたら医療事務のお姉ぇちゃんが生暖かい表情をして「ヘッw」と嗤って一番上(その時点で最終)に戻していました。

何が言いたいかというとこの記事をメモしているのは9月12日、昨日の朝9時過ぎのことです。
胃カメラの検査にきて予約診なので待合の患者数人以上を飛ばして呼ばれたもんだから後ろから下品な声で「おぃなんで俺よりソイツが先なんだよ」という声が聞こえました。
振り返って中指でも立ててやろうかなと思ったのですが受付から出てきたお姉ぇちゃんに窘められていたので放っときました。

これだけで気分が悪くなって変な映像が映ったらどーすんだよ思いましたが無罪放免でした。

コメント

非公開コメント