2017/08/31

河童がカッパのKAPPAを~♪【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日の記事でKAPPAトップケースの鍵が壊れた件を書きました、さっそくカブ号に乗ってオイル交換に向かい作業の間にGIVI(ギビじゃなくジビ)の展示コーナーをウロウロします。
どれもこれも同じようなのに容量の違い以外にも何かあるのか価格は上限3諭吉超から1諭吉弱まで様々です、一諭吉弱のは小型スクーター用だなと候補から外したのですがあとは全部黒いのも同じ、デザインもほぼ一緒で違いが見い出せません。

もうひとつかなぁと展示コーナーの下段を見ると鍵のアッセンブリーがあります、キーシリンダー破損時の交換用のようです。
何となく形状が似ているのでひょっとしたらどっちかのOMEと違うかと鍵壊れのKAPPAから外したシリンダの写真と見比べるとそっくりです、これはいけるかと出直してカウンターに行き比べさせてもらったら全く同じ寸法でした。

21558466165156.jpg
一つ目の商品の価格は0.1諭吉少々で、目を付けた商品の価格は0.2諭吉、上級モデル用の内溝キーでした、ベンベのメインキーと同じタイプなので、ただそれだけの理由でこちらを選びました(コノヘンノセイカクナントカナランカw)

おうちに持ち帰ってキーユニットに合わしてみたら全くの同サイズ同形状、やはりどっちかがOMEなのだなとよく見るとキーユニットには…。
21561487648764.jpg
くっきりとPATENTED BY GIVIの刻印があります、そうコッチ(KAPPA)がOMEのようです、確かにGIVI商品の一群とそっくりでした。

というわけで合い鍵屋に頼んだら(あったとして)一本0.1諭吉以上のところが全部サラになって0.2諭吉です。
お得感もあったし、構造も理解できたし結構充実した半日でしたとさ。

コメント

非公開コメント

No title

サンキュ、ベィビィ