2017/08/30

河童がカッパのKAPPAを~♪【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルは嘉門タツオさんの随分古い曲の歌詞ですが、記事内容はバイク用品です。

BMWR1200R(名前はまだない)に乗り換えたとき、赤いおじさんのお店に到着した車両を見て「サイドバニアだけなの、トップケースは?」とゴネたらその辺に転がってたケースを付けてあげるというので、小汚いけどまぁいいかということで交渉成立…。
IMG_297553464561.jpg
メーカーはイタリアのバイク用品会社のKAPPA、埃まみれだったけど洗ったらそれなりでしたが納車日にカギを開けようとしたらパキッと柄が折れました、もう一個のカギも矢印の通りクラックが入ってます。
こんなの危なくって使えねぇやと近くの鍵ショップに複製を頼みましたがブランクキーが無いのでできませんと断られました。

「まぁいいやメーカーに問い合わせるか」とネット検索したら日本語HPなし、日本での取り扱い商社も判りませんということでロフトの肥やしになるかこのままオク放流かこの秋超絶暇だったら会社の工作室で適当なキーヘッドにハンダ付けしてやろうかといったところでした。

ちなみにネット検索の万能を称する合鍵屋さんの口上によれば3000円程度で出来そうなのですが、ウェビケさんではトップケース新品が約1諭吉、アタッチメントを入れても1.5諭吉なので鍵の購入計画はこの時点では没だったのででございます。

コメント

非公開コメント

No title

前編か~。
延ばして引っ張るってコトは、落ちに期待出来るんですね。v-418

どっちにしろ、鍵穴への5-56を切らしちゃあかんよネ。 掻き上げうどんを食べた油唇でキーを舐めるだけでも効果あるのにぃ。 前オーナーは何も知らん甘ちゃんなのかね。v-404

No title

>南行さまコメントありがとうございます。
落ちを期待ってそんなご無体なw
鍵の回りが固いんじゃなくってヘッドのプラスチックの紫外線劣化が早かったんでしょう。