2017/08/28

本日健康診断

こんちは、うぞうむぞうです。
本日は健康診断です、ここしばらくの連日の悪行非道が祟ってくるのかどうかはあと数時間後にわかります、胃壁以外はね。
毎年書いているようにバリウムが呑めない体質なので2週間以内くらいの予約で胃カメラを呑んできます、ステージ何とかの心配はないと思っています、思ってなきゃこんなお気楽なことは書けない…、まぁそのうち罰が当たりそうなお棺はしますw
161446846515841.jpg
入る方はそんなですが出てく方の検査機材です、お食事中の方スミマセン、排便に潜血反応があったら大腸ファイバー検査の宣告が下ります。
もともと入ってくる方を想定しているクチ→食道→胃→十二指腸の方はそんなに抵抗もなく、また側臥位なので躊躇いなく受診できますが大腸ファーバー検査の方は出ていくところにムリヤリねじこむうえに相当屈辱的な受診姿勢だとのことで出来れば引っ掛かりたくないものです。

両方とも術後回復者が同僚にいましたが前者は骨川筋衛門になり大きな傷跡が残ってました、後者はもうバスタブに浸かることができないと言ってました、どちらも辛いと思います。

その前にガンマGTPは大丈夫なのかと小一時間問い(ry

追記です、無事生還しましたw

いつも指摘されるビレルビン?とやらの数値ももうそんな体質なのだなと見限られたのか指摘項目には入りませんでしたが担当医師が開口一番「太り過ぎじゃ(ボケェ)、いやさすがに(ボケェ)は俺ぃらのキャプションですがそう顔に書いてありました。
それ以外は何を訴えても聞かれることに何を答えても右耳から左耳へとスルーしていますと顔に書いてあるので以降黙ってました。

企業相手の健康診断専門医や契約医師なんてそんなもんです、VIPの時は予め看護師から情報が伝わっているだろうし、大体に目の前のディスプレイに個人情報が書いてあるから当然のように態度を変えるでしょう、当たり前のこってす。

どうせ、不具合を見逃しても責任を問われることの無いイイ商売です、現に俺ぃらの元上司の友人は健康診断1ヶ月後に胃がんが発覚して一年持たずに亡くなったそうです。
それが嫌なら金払って人間ドックを受診しろってところでしょう。

コメント

非公開コメント