2017/08/04

悪い病気が出たw【その4】…ドカティという選択肢

こんちは、うぞうむぞうです。
イタリアンと言えば俺ぃらはナポリタンスパゲッティです、日本独自のものと言われようが何だろうが、あの赤いトマトケチャップの色と玉ネギ、ピーマンの食感…、何と言っても俺ぃらの子供時代はベーコンなんてこじゃれたものは見たことがなく、せいぜいプレスハム(これがまた美味しくない)の欠片が二つ三つ入っているだけでした。
naporitankknjhiodj.jpg

とまぁ、いつものように脱線から始まりましたが次なる選択肢はドカティですよ(驚けw
ぶっさんの下取りに無理を言ってイロを付けてもらいゴチャゴチャと細工をしてブタの貯金箱を叩き割ってようやく買える価格帯、それでも新車より100諭吉安いけど言うまでもなく10年選手です。
ducati1098.jpg
俺ぃらバイクライフから最も離れたレンジです、ファンの方から叱られるのを承知で書きます、造りはあちこち甘いです。
例えば候補に挙がったこの1098Streetfighterも、そのほかのタマも全車両ともクラッチ・ブレーキフルードのカップの蓋周りが腐食して白い粉を噴いてました。
タイミングベルトは20000kmで交換推奨だそうです、「あんたが20000km走るかぃ?」という突っ込みは措いといても次の記事の車両ともども壊れたら数10諭吉が必要と言う点で逡巡してます。

しかしながら(当り前ですが)サスペンションはオーリンズ、ブレーキはブレンボ、何と言ってもブランドイメージは最高ですがチョイ海苔の他はロンツーにしか使わない用途でストファイはないなぁと…。

コメント

非公開コメント

No title

いよいよ大詰めですな。
絶対性能は問わないとしても、所有欲を満たしながら、バイク界においてハッタリも効く上にブサと等価交換となると、、、ムツカシイねぇ。v-390
・・・・・・・・・・・・
ハイッ、ズバリこれですね。
Buell ファイアーボルトXB12Rv-237
アリャッ、、、外れッ?。v-395

No title

>南行さまコメントありがとうございます。
このお返事を師匠が見るころはおそらく現車に対面している頃でしょうか、遠く岡崎からドナドナされてくるそうです。
ブエル(ビューエル)ですか…。
ごおびけ(Goobike)で検索しても全国110台しか中古が流通していないんですね。
しかし鉄屑メーカーのエンジンで製造した会社もこの世にないのではちょっと怖いですなv-12