FC2ブログ
2017/03/22

またもやうどんツー【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
京都ラーツー以来久々の県外走行記事です(オイオイ

この時期は古の人が名付けたように花曇りという気候が続きお空の向こうはぼんやりと霞んでいます。
これまた何度か書いてますがこの花曇りの原因が春先から春にかけてお空を飛んでいるという杉の花粉によるもので、それに端を発するアレルギーという耳鼻咽喉科と製薬会社の陰謀を俺ぃらは都市伝説だと頑なに言い張っているのでこの時期クシャミが出るのも鼻がムズムズするのも涙目になるのも風邪のひき始めなんだと思ってます、認めた途端悪化するのが怖いんですよ

グダグダ講釈を垂れましたが本篇です、そんな花曇りの中ぶっさんを駆って海の向こうのうどん県までひとっ走りしてきました、冬装備だったのでシャツがうっすらと湿るくらいの好天と春らしい気温の下、後ろなんてぜってー見ていないサンドラをかき分けかき分けうどん県に向かいます。
S__35078147.jpg
前回は到着時刻イコール閉店時刻だったという間(ま)の悪さで入れなかった実質初めてのお店に挑戦です。
カウンターから表までざっと50人は並んでいたので、もしもとっても美味しかったとしても二杯目を食べるために並ぶロスタイムが惜しかったので大(おおよそ二玉入り)を注文したのですが一口目で後悔しました…

きし麺文化のミャーミャー県から東の皆さんには判ってもらえないイリコとわずかな鰹節、薄口しょうゆが奏でるはずのウドン出汁、協奏曲であるはずなのに誰が下手なのか演奏がバラバラです。
IMG_2452.jpg
京都のラーメン屋にも書いてありましたがネギが高いのかなぁ、コストを抑えるためなんでしょうかねぇ、こんなコーションプレートもありましたw、ほかにもドンブリはまとめて返却しろだの、うんたらはかんたらだの注意書きが多いお店でした。

接客の文化ってのもありますが客の質ってのもあります、うどんブームでそこらじゅうから有象無象が押し寄せてくるとケッタイナのも来るんでしょうが、いくらネギを入れても飲み干せる味ならムダにはならんであろうにねぇと言ったところがファーストインプレッションのお店でした、まぁ二度目はないけどねw

コメント

非公開コメント

No title

うどん県で行列の出来るほどでもダメでしたか。 わかるなぁ、行列の出来るラーメン屋でその味にがっかりしたことがありますから。

その満たされなかった心をぶっさんにぶつけたんでしょうか。 春風の中をアクセル全開。。。v-65

No title

>南行さまコメントありがとうございます。
後篇に続くのですが、この日の高速ったらもう…。
高速代もうどん代も返してほしいと思う一日でしたよ。
部分的にはスカッとしてやっぱりぶっさんと思い直し後篇に続くのです。