FC2ブログ
2020/08/25

聖典読破

こんちは、うぞうむぞうです。
古くからの読者の方には判っていただけると思いますが、俺ぃらは只の仏教徒で怪しい新興宗教には興味がありません。
聖典などという書き方をするとカネ儲けの大好きな教祖様やその取り巻きによって編纂された宗教書を思い浮かべますがタイトルの聖典とはこのシリーズのことです。

シャーロックホームズシリーズ、俺ぃらの頃の少年たちは図書室の児童版を夢中になって読んだと思います、最近の少年たちは文字を読まなくたって手元で遊べるものがあるから読まないでしょうが…。
ホームズ

創元推理文庫版シャーロックホームズシリーズ…、昔から様々な訳者が翻訳し無数の日本語版が出版されていますが、俺ぃらにとっての聖典はこの前身の阿部知二さんによるもので厨房の頃、夢中になって読みましたね。

俺ぃらが成人して以降、版権が切れたのか発行の東京創元社の版が見掛けられなくなって代わりに出てきたハヤカワ・ミステリ文庫のものを一冊買い求めたことがあるのですがこれがまたどうしようもない駄訳でろくすっぽ読まないままに捨てた覚えがあります、乗り合いの馬車のことをタクシー馬車って訳してたんですぜw、霧のロンドンの街をイエローキャブが走っていたのかと小一時間(ry

今回買い求めたのは阿部版の流れをくむ深町眞理子さんによるもので翻訳は新しいけど文体は昔の調子でとても懐かしかったです。

イタダケナイのは解説と称する有象無象共のあとがきで、後世の研究家と称する奴らが原典の辻褄の合わない部分を穿り出しては検証を試みようとしているのですが、嫌なら読むなというのが俺ぃらの主張です、そもそも原版と称する本でさえ増版の繰り返しでオリジナルじゃなくなっている部分があって、さらに言語さえ変わっているんだから二種類の言語…、19世紀の英語と現代日本語を完璧に操るネイティブスピーカーにさえ批判の権利はないと思います、作者はとうにこの世の人ではありませんからねw

コメント

非公開コメント

No title

おばんでぇ━す‼️
(〃´▽`)ノシ🌕

フムフム
小さい頃から活字を読み始めると
何故か睡魔に襲われる私は
あまり小説を読むことはありません
😪💤💤

それにしても翻訳の仕方で
かなりイメージが変わってしまうもんですねぇ
確かにタクシー馬車
こんな翻訳は無いですよね
(ヾノ・ω・`)

やはり翻訳とは
訳者の想像力や理解力が不足していると
ガッカリする事ありますもんね
とは言え翻訳に頼らざるを得ない私の語学力
もうちっと勉強しようかなぁ?

No title

>戸田さまコメントありがとうございます。
全くもって語学というのはね…。
数学のように解が一個しかない方がすっきりするんですけどねぇ。

もっともどっちもダメな俺ぃらからすれば負け犬の遠吠えですがねw