FC2ブログ
2020/08/07

ちょっと冒険してみたw

こんちは、うぞうむぞうです。
色々な都合でリアルタイムからまる一か月経過しての公開ですがまぁどのお店もまだやっているでしょう、判らんけど…。

俺ぃらの感覚ですが旗幟が派手なお店で美味かった験がありません、ひっそりとやってたって、とってもアクセスし難ったって美味しい店は流行りますがそうでないお店は街道から曲がり角ごとに看板やポスターでアピールしないと判ってもらえません。
讃岐うどんの名店の多くは前者です、そして「本当に営業して(やって)るん?」と疑問符が付くところの方が美味しいのは経験則から間違いがありません。
S__53313540.jpg

こちらは褒めたたえているので店名を書きますが、うどん県坂出市の山下うどんです、坂出市の部分だけ強調したのは隣接する自治体に全く同じ名前の観光うどん店があるからです、両店の味の比較は語るに及びません。

この日は山の神さまのリクエストでもう一軒行くことになっていました、お酒もそうですが俺ぃら的にはハシゴっていうのが大嫌いで一か所で充分なんですがリクエストには逆らえませんw
S__36560904.jpg

前述のワンオブなお店から家族輸送機で20分ほど…のところにそのお店はありました、冒頭の記述の通りずいぶん手前から道端に看板が建っていて「この先曲がれ、次曲がれ、ここ曲がれ…」と誘導されての到着ですがアプローチの道端の雑木が生い茂り過ぎていて見落としそうでした。
出汁の味はまぁまぁでしたが麺のコシが強すぎて飲めません、再三書いていますがうどんは飲物なのですw、一応初見につき敬意を表してネブカねぎ抜きで味わってみましたが「・・・」でした。
隣は俺ぃらより冒険家なwお嬢のチョイスです、キュウリと鶏肉のわさび醤油和えうどんだそうです、悪いけど味見する気にもなりませんでした。

この日の本題である亡父の墓参りを済ませ、お次の目的地です。
S__53313543.jpg

うどん県は耕地面積が狭いというか大規模農業は決して叶わないブツ切りの田畑が多く、農業人口的に専業農家数が少ないのはもちろんその比率も非常に低いです、というか俺ぃらの父実家もそうですが百姓じゃ喰えないのです。
それで養鶏が盛んだったりします、京阪神に近いから出荷が容易なんでしょう。

それでも起業家はいるようでこんなお店がありました、ちょいと割高だけどオサレな卵掛けご飯を戴きました、お嬢
これまたファットなものをチョイスしました、山の神さまはもう食べられないと恨めしそうなお顔でソフトドリンクだけご注文でした、俺ぃらの卵掛けご飯だってもうようやくやっとだったんですがね。
S__194347012.jpg

今回の収穫はこれです、二軒目のうどん屋でチョイスしたかき揚げなのですが茄子のブツ切りと竹輪のかき揚げです、この発想は無かった、さっそく真似してみることにしましょう。
S__36560900-1.jpg

写真は往路ですがこの日は梅雨の真っただ中だったこともあるけど、一日を通じて降雨時間が多く唯一の幸いは家族輸送機だったので雨にも濡れずTシャツにサンダルで一日を過ごせたのがよかったってところかな。

コメント

非公開コメント