FC2ブログ
2019/11/12

ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い【アクセス篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日の記事に続きます。

店員の応対に文句はあるものの美味しかったのでヨシとしまして一寸腹ごなしに歩こうということになり、すぐ北側に在る南京町商店街に向かいました。
seianmon.jpg

大通りから接続する路地には有力政権政党献金御用達法人畜生競走協会の場外投票場があります。
脱線しますが、http://www.J××なんてドメインはその後のサブドメイン(ne.jpとか、co.jp)がどんな組み合わせであれ全部埋まっていると聞いたことがありますが流石に献金の恩恵かすっきりしたドメインですな、これなら畜生競走廃人にでも覚えてもらえることでしょうw
都会の真ん中にも拘らず、なんか変な臭いがするような気がします、地方競馬のなのか週末の前売なのか勝馬投票券を買いに来た連中が漂っているんですが、どいつもこいつも社会不適合者ですと顔に書いてあります、ホントです。
前から歩いてきてその場には不似合いな俺ぃら達一行にメンチ切っていきますがこっちも家族を守るためならと拳固を固めて臨戦態勢でメンチ切り返しながら進んでいきます。

商店街に入りました、ココはココで違う場所です。
どの店で喰っても同じ味のシューマイや揚げ物が湯気を立てていますが既にお腹一杯なのでショートカットして南門から出て駐車場に戻りまして、同じように助手席から四苦八苦して乗り込みメインイベントの場所に向かいました。
kenbi.jpg

仕事では何十回も行ったことがある場所にも拘らず、車で行くのは初めてで少々迷いながらの到着です。
同じ場所で富野由悠季展もやっていると聞いていたんであわよくば半券で割引があるかなとおバカな期待をしていましたがありませんでした、山の神さまとお嬢の二人でそっちに行かせて俺ぃらは別行動というのも考えましたが富野さんの方はまた今度です。
何と、入場券の肖像のデザインが当日券と前売券とで違いました、こんなことに無駄な版権料を払うなら同じにしてその分割り引けよと思うんですが何かの事情があるんでしょう…。

ここからタイトルの解説です。
この美術館は高名な事務所の設計だそうですが設計した頃はまだ壮年期で足腰丈夫だったんでしょうな(モチロンイヤミ)
駐車場からエントランスへもエントランスから展示室へも階段です、しかも二層あります、エレベーターも探せばあったんでしょうがエントランスに直通している場所では見掛けませんでした、山の神さまは膝、お嬢は腰…、俺ぃらはアタマが悪いので階段は難儀でしたな…。

設計者さん…、大層儲かったでしょうがけったいなリンゴのオブジェを寄贈するくらいならエレベーターでしょ、と言いたいです。

ご本人は「1980年以降に生まれた人は過保護に育っているからダメだ」仰っているようですが俺ぃらにいわせれば「爺ぃ、六十にもなって(当時)その髪型は無かろうw」というところです。

コメント

非公開コメント