FC2ブログ
2019/05/28

♪哀しみ本線日本海【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
記事公開は今日ですが実走は令和二日目のことです、書き溜めた記事の時系列もあるので本日の記事公開となりました。
そうそう、タイトルはただ単に行った場所に引っ掛けているだけなので内容は悲しくもありません、もちろんコケたわけでもありません、アブなかったのはw…。

おうちを出発したのは令和元年5月2日の朝です、目覚ましセットに失敗して朝日の眩しさで目を覚まし「出遅れたぁ」と思いながらもグズグズしていて走り出したのは午前6時を少々回っていました。
ガソリンメーターが一目盛り欠けていたんで地元のセルフスタンドで給油します、無鉛ハイオクは147円/ℓでした、またジワジワ上がってきてますなぁ

いつものごとく神戸西ICからの淡路道下りは貸し切り状態です、カメラもないのでバビューンと行きます。
毎度のことながらこのコースを選ぶときは往きは高速道路オンリーで帰りに吉川ICからすこしだけ一般道クネクネを楽しむことにしていますが、山陽道~神戸JCT~中国道までは覆面のスクツなので大人しく走ります。
そう言えば帰路の吉川IC手前で俺ぃらの最も嫌う米国製2気筒鉄屑が覆面にとっ捕まっていました、へぇあのバイクで覆面にロックオンされるようなスピードが出るんだぁw…しかもフル装備のツアラータイプチンドン屋仕様だったのにあれほどゴチャゴチャ艤装していても後方警戒レーダーは積んでなかったんだね(ザマァw

舞鶴若狭道に入るとIC間の本線は♪ハイウェイスター☆です、車じゃないけどね。
この辺では後方警戒レーダーは切ってます、だって後方から追い付いて来る奴なんていない(いたら怪しい奴)速度域なのでそのぶん前方にクサいのがいないか見張っているんですが、そもそも交通量が少ないので割と安心して走れます、直線番長ココに在りなのです。

福知山を過ぎると路面がハーフウェットです、てかスクリーンがあっという間に土色に変色していきますがバイザーは少し汚れるくらいです、30分ほどグズグズしていた怪我の功名のようで黒い雲は頭の上に在りません、舞鶴東ICを降りてほんの数粒浴びましたがあとは曇り⇒快晴でした。
れんが
到着時刻には駐車場もガラガラです、しかも物販店も全部閉まってまして自販機すらありません、そうですこの一角は重要文化財だそうで写真の倉庫棟は活用しようにも中途半端に外装をさわるわけにもいかないので傷むに任せておくしかないのでしょう、レンガを積み替えたりしたら別のものになっちまいますからね。

第一目的地はココではありませんが本命の見学地の入場可能時刻まではまだ2時間近くあります、仕方ないので対岸からこの艦(フネ)の写真を撮ります。
ひゅうが1
こちらは安物だけど一応デジカメで撮った写真、望遠機能最大でこんなもんですが水面の動きも再生できていますし背景の山の緑も樹々の区別がつくくらい撮れています。

ひゅうが2
こちらはのアイポンのカメラです、皆様のPCの画面プレビューでは上の写真とそんなに変わらないようですが明るさも再生能力も月とスッポンです。
ホントはニコンを持って行くべきだったんでしょうがバッテリーが⤵…残念でした。

というわけで【中篇】に続きます、そう毎度のごとく一粒で3度オイシイのです(モマエダケナw

コメント

非公開コメント

No title

古いオービスは銀塩とかで、補修機材等が補給出来なくて動いてないなんて聞きますがどうなんでしょう。 それにバイクには有効では無いわけですが、それでも警戒しちゃうよね。 人情ってもんでしょうね。。。v-395

ニコンの電池切れって、お父さん、シッカリして下さいヨ。 こういうのから始まって舞鶴若狭道の逆走なんてのに成るわけですから。v-404

れ:No title

>南行さまコメントありがとうございます。
古いオービスの…っていうのは都市伝説だとも聞きますが何せ写されたことが無いので何とも…。
ほんとニコンじゃないのを後悔しました。
そういう点では長くないのかなぁorz.