FC2ブログ
2019/12/31

人生初体験

こんちは、うぞうむぞうです。
みなさん…まぁ、このブログを観に来ていただいたお客様に申し上げているので年齢層は30歳以上、上限なしぐらいかなと思うのですが、これまでの人生で初体験というものが一番遅かったものは何でしょうか?

人生で一度しか体験できないものを初体験と申します。生まれる、死ぬ以外の体験は全部、二度目、三度目…、が体験できるのですが二度と経験したくない怖い体験や辛い体験もありますし、ソレを機会にドップリ嵌ってしまう体験もあります。
たとえば今回お伺いした場所ですることがその後の人生でドップリ嵌る人もいるでしょうが俺ぃらは役務以外では二度と行くことがない場所と行為です。
はつたいけん

大阪メトロ(それにしても何回書いてもダサい響きだなw)ニュートラム南港ポートタウン線、住之江公園を降りて向かったのは住之江競艇場でした。

所属する某団体の伝手でお招きが無いと入れない貴賓室での観戦です、恐らくこの階下に一般に開放される有料席があるのでしょう、もっとも本当の臨場感はふきっ晒しのスタンドでしか味わえません、エンジン音も歓声も全く聞こえない、正しくは実況音声にかぶせたエンジン音が微かに聞こえますが隣席との会話もはばかられるような静けさです。
ちなみに一般開放の有料席には2、3千円ぐらいの入場料を払えば入れるそうですがこの貴賓席はお招きが無いとは入れないようです。
はつたいけんべんとう

お弁当は有料ですが、これに缶ビールを戴いての観戦です、なかなか美味しくって綺麗に平らげてしまいましたw

この席での人生初競艇です、ちなみに初購入はこの日の第8レースで本命1コース(事実上1コースが絶対有利)の女性選手(女性は体重下限が軽いこともあってこれまた有利)がフライングを犯したため競走除外となり払い戻し(掛金返還)だったので第9レースからのやり直しです、投票券の写真とディスプレー表示が違いますが何にもワカンナイままに買った第8レースの結果でガッカリしたので後のレースに軍資金を廻そうとしたため子供の小遣い以下の投票ですが表示されている第10レースの投票はどうだったのでしょうかw
ここまでで入場以来1時間半ほどが経過しています、ご一緒のメンバーの何人かはビールの酔いで真っ赤な顔をして楽しそうで何人かはソコまでの結果が思わしくなく沈んだ顔をしています。

俺ぃらは亡父の遺言でカブと大根以外にも「競…」ってのは厳禁だと言われてそれをほぼ守っているのと、他人の競争結果を当てることで収入を得る、しかも25%(競技によって異なる)程度は胴元のアガリになるって仕組みが嫌いなのです。

10レースまでの紙くずを携えてお先に失礼いたしました、だって最終レースまで居てあれほどのジャンキーたちと共に電車に乗る気がしなかったのでお招きいただいたのに失礼とは思いながらも席を立ったのです。

そうして神戸の西の外れに帰るころにはビールの酔いもすっかり冷めて澄んだ空にはコールドムーンの名残が輝いていました。
ジャンキーにもシロートにも爽やかな朝が来たらイイねと思いながらの帰り道でした。

今年もおバカな内容にお付き合いいただきありがとうございました。
「何おぅ」と脊椎反射されたお客さまもおられたと思いますが所詮戯言なので笑い飛ばしてやってください、ではではよいお年を…。
2019/12/30

名物は遠きに有りて思うもの【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日まではソバ篇でしたが今日の記事は「車窓から篇」です。

毎朝タコ焼き市駅から大阪駅まで新快速に揺られています、座れるのはゴールデンウィークか盆正月の期間に限られますのでほぼ毎日進行方向に向かって左側に立って車窓からの景色を眺めています。
進行方向に向かって左側(山側)なのは理由があって、右側だと途中駅からワラワラと乗車してくる奴らに押し流されるから大阪駅まで開かない左側扉に貼り付いているのです。
スズキ食堂1

「間もなく大阪、おおさかぁ」の車内放送がひとしきり聞こえて、英語のthank you we are …うんちゃらかんちゃらに変わるころ通過する場所です、地名では大阪市北区大淀南となっています。

勝手な思い込みで「おじいさんとおばあさんが年金暮らしの傍らボチボチやっている定食屋さんなんだろうなぁ」と思いながら眺め続け数年目にしてようやく訪問できました。
スズキ食堂3

スタイルはショーケースから好みのおかずを取って温めてもらってみそ汁とご飯を戴くという普通の大衆食堂でしたがカウンターの向こうには普通の年代のオジサンとおねぇオバちゃんが居ました。
お昼時だったせいもあって別にギリギリそうでもなく、かなり繁盛していて長居してインタビューするふいんき(ry でもなかったので早々に搔っ込んで退店しました。

妄想的には伺わなかったほうがよかったかなぁ…。
2019/12/29

名物は遠きに有りて思うもの【中篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日の記事で姫路駅の立ち喰いそばが絶望的だった記事を書きました、いやほんま酷いもんでした。

同じような食べ物に大阪市大正区の沖縄そばというものがあります、わざわざ地域を区切ったのはオリジナルの沖縄そばと言えば、かん水を用いた麺ではなく、うどんでもきしめんでもない勿論、和ソバとは全く異なるし中華麺でもない沖縄独特の縮れた平打ち麺と和風出汁に豚肉の角煮(これもチョット違うけど)が乗っかったもんですが、大正の沖縄風そばは中華麺にうどん出汁、先の姫路駅そばに酷似していますがあんなに塩っ辛くありません。
えきそば4


大阪人はデンプン馬鹿だと記事に書きました、言うまでも無く比喩ですが写真のかき揚げソバの左は汁カレーです、牛肉の煮たものの(恐らく一回出汁に使ったものに醤油味をつけたものだと思いますが)が乗っかった定食で700円ほどです。

こんなのばっかり喰っているから糖質デブになるんですが、あんな塩っ辛いものを喰って腎臓病になるよりマシですと白城の地元民に喧嘩売っときますw
2019/12/28

名物は遠きに有りて思うもの【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
はいタイトルはコレのモジりですね、故郷というものは多くの人たちには一か所でしょうがいろいろな事情で複数の人もいます、俺ぃらの故郷は生れた地域である大阪ですと言いたいところですが、最も多感なw時期を過ごしたうどん県の方がその割合が高いですな。

さて、タイトルの通り「故郷」ではなく「名物」です。
テレビラジオの普及はもとより、インターネットの影響もあって今や地球の裏側の国で出来たものでさえ映像で見聞きできます、個人では少々ハードルが高いけどその気になれば取り寄せて手に触れて、あるいは賞味することができますが「ほぉーそんな食べ物があるんだ」ぐらいでとどめておくのがイイというお話しでございます。
えきそば0

ご覧の通り、JR姫路駅と姫路城です。
余談ですが、このお城の別名は白鷺城(しらざぎじょう)ですが、平成の大改修が終わって公開された外観の色があまりに白いことから「しろぎじょう」という綽名がついたそうです。
そんなもんさぁ、ちょうどいい白さにしたらすぐに煤けちゃって次の大改修の頃には灰色城になってまいますがな、それでなくっても海側には製鉄所や大工場が立ち並び、交通量もとても多い場所なんだから敢えてこの白さにしたんですよ。

さて、姫路というても食べモノで名物なのは塩見饅頭とショウガ醤油で食べるオデンに…、ドレもたいしたことの無いものばっかりです、ショウガ醤油のオデンなんて(食べてみて云うんですが)ビールはもとより熱燗にも合わんし、どこが美味しいのか判りません。

んで、所要も済んで帰社前にもう一つの名物って奴を喰いに行きました、というても駅のホームで食べる立ち喰いそばです。
えきそば3

姫路名物の駅そばと言います、普通の蕎麦の出汁に中華そばの麺で乗っかているのはこれまた味付けの薄揚げや天ぷらです。
絶対間違いなく天ぷら入りの食券を買って注文したのに出てきたのは薄揚げ入りのものが出てきました、カウンターの向こうのオバサンに文句を言ったら「換えますよ」と不機嫌そうに言いながら回収済みの食券入れを弄っていました、ほかに客もいねぇのに図々しいオバサンです、まるでこちらがクレーマーですよ。

更には出汁を一口すすって「?」マークが点灯です、塩っぱいのなんのって残りの出汁を味わう気にもなりません、天ぷらの方もカリカリ感が全くないベタベタの衣に小海老が一匹泳いでいるだけです、今調べたら360円と出てきましたがもう少し高かったように思います。

よって俺ぃらの麺た~(めーたー)は30点です、麺は3割、出汁は8割残して退店しました、名物は遠きに有りて想うものでしたね。
2019/12/27

越年するんだろうか【うちの娘がグレタ篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルを見て一瞬ご心配いただいたお客様、ご心配いただかなくても大丈夫、毎日元気で働いておられます。

で、グレタと言えばこの方ですね。
gureta.jpg

見るからに気性の強そうな子ですな、すくなくともその辺の小娘の1000倍はお利口そうですが大人にウケるとは限りません。
有名なアルピニストをして懺悔のツイートをさせてみたり、巨大国家の大統領と口げんかしてみたり、鉄道会社に言い返されてみたりと話題には欠かないのですが俺ぃらも「ガッコ行ったらどうなの」と言って差し上げたいですね、こんなことを書いても彼女の耳に入る事はないでしょうがねw

活動家の言葉と行動があらゆる点で合致しているということはまずありません、彼女がすべての行動に於いてヨットと電気自動車か徒歩や自転車で移動しているとは思えません、絶対スケジュールに破綻を期しているはずです。

ちなみに風力などの自然エネルギーだけで動く船なんてヨットぐらいのもんです、大型帆船もあるけど現代においてそいつを運用して移動するのは個人のチカラでは無理です、それにどなたでもご存知の練習帆船海王丸や日本丸だって数千馬力のディーゼルエンジンを搭載しているうえ、船舶のディーゼルエンジンは自動車のそれに比べて環境規制が遥かに緩いです、ちなみに鉄道のディーゼル車両も同じようなもんです、JRの駅にいてホームから発車する気動車が行った後は目がチカチカしますよ。

脱線しました、この子が将来どんな環境活動家になるかを見届けるまで俺ぃらは生きていませんし、環境汚染がどうなるかを視し続けることもできません、内燃機関などが環境に対応するための装備は多かれ少なかれ動力ロスの要素になっていてそのぶん化石燃料を多く焚かなければ前に進みません、その対応装備である触媒なども交換時に炭化水素の残差を含んだまま廃棄されます、廃触媒は燃えませんよ触媒が燃えたらエライ事になりますよ。

成田空港開港に反対し続けて死んでいった活動家が居ました、戸村一作さんと仰るのですが過激な行動や言動を繰り返して成田空港開港反対を叫び続けておられました。
学生を煽ってゲバ活動をさせたり、ある時は自ら現場に行って機動隊にシバかれて大けがをしたりという人生だったようですが最終的に健康を害したら国立の医療機関で死去されています、死に際に官憲に毒でも盛られたと思って死んでいったんでしょうか。

斯様に真っ向から権力に対し暴力的に立ち向かおうとすることは危険です、戦車にプチッではありませんが、そんなことをやっても何にも変わりません。

言わなければ(行動しなければ)変わらないよ…、正論ですね。
しかしあなたがしなければなりませんか?、ガッコはどうなりますか?、かの国の教育制度がどうなっているのか知りませんが今は(一応)学ぶときではありませんか?
もうじき定年の爺ぃが繰り言を書いても彼女の耳には届きませんし、万が一外国語のコメントが来ても読めません。

なんとなくさぁ、後ろで操っている奴が居るような妄想がしてならんのですよ、ヨットでの移動にははっきりと成人男性の姿が映ってましたね。
2019/12/26

越年するんだろうか【ウチに火炎瓶投げ込まないでね篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
ブログで政治ネタを書くとロクなことがないと申します、変なおじさん、おばさんを召喚wするからだそうですがあなた方を非難しているわけじゃないので俺ぃらに絡んでも無駄ですw

日本で学生運動が盛んだったのは1950年代のようです、ようですというのは俺ぃらまだ生まれていなかったからです。
この後、成田空港反対運動や様々な闘争という名の破壊行動で国民の信を失い、結局は収まらざるを得なかったのですが現代においてTVやメディアで大きな顔をしている文化人と言われる人々のヤンチャはしっかりと記録に残っていまして、こん中の一人に至っては公器たる新聞で何を答えたいのか判んないピント外れな人生相談までしておられますw、まぁ中には総理大臣にまで上り詰めたお方だっていますが迷走の挙句に退陣しておられます。

さて本題です、3つ目の中国と形容したらいいのでしょうか、香港のことです。
どう足掻いても形式上の自由を与えられたとしか言いようのない中国領土の端っこの島で彼の地の学生さんたちが頑張っておられます。
demo.jpg

自治権と自由を求めての行動をするべく立ち上がった若者たち…。
なんて美しい民衆愛でしょうか…、なんてすばらしい自己犠牲の表れでしょうか、授業も放ったらかして集会に出て行進してシュプレヒコール挙げて…。
デモ行進や抗議集会をするなと言っているんじゃありません、それ自体は要求の実現のためだからやってもイイと思います、俺ぃらもメーデー集会でシュプレヒコールを上げましたよ、デモ行進もしましたよ、オマーリさんに誘導されながらねw

しかし地下鉄の入口に火炎瓶投げ込んで放火したり、自分たちを批判する者の経営する商店を破壊したり…、自分の国を壊そうとした挙句、最期にゃ戦車にプチッでは浮かばれませんぜ。
日本の国の70年前の出来事をなぞってどうしますかぃ、それが何の効果もないどころか現代に何を残しましたか?
2019/12/25

幸運が訪れるのか…

こんちは、うぞうむぞうです。
四葉のクローバーを見つけると幸せになるといいます、植物学的には10万分の一の発生確率で滅多に見掛けないからだそうですが原発周辺ではこの発生確率が上がるとか上がらないとか…。

とまぁいつものようにヨタから始まりました今日の記事でございます。
doctor yellow

列車に興味がないというか余程のモノでない限りカメラを向けることはありませんが某日の朝、くたびれて大阪環状線のホームに並んでいたら入線してきたんで一枚
停車時間が短いのと駆けていって正面から撮る気力もないので横っ面だけですが左の写真に膝だけ写っているリーマンに「何カメラ向けてんだよ」という顔で睨まれました、誰がおめぇの顔なんか撮るかよってw

詳しくはウィキさんにでも聞いて戴くとしてJR西日本管内の他、瀬戸大橋を渡ってJR四国の路線も点検しているそうなんで遭遇確率は低いと思います、ナガタマ持ってひんがらいちんち放浪するわけにもいかないんでね。
2019/12/24

有難くないクリスマスプレゼント

こんちは、うぞうむぞうです。
皆様は戴いて一番うれしくないプレゼントは何でしょうか、バイク海苔の場合はやはり交通反則通告制度の書類、いわゆる青切符でしょうか。
俺ぃらはここ25年弱ほど戴いていないので(無事故無違反とは言っていない)反則を通告されたことはありませんし、反則金を払ったこともありません、なんて事を書いたら今夜のクリスマスプレゼントが赤切符だったりしてね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
800px-ORBIS3(Rear)

永らく流布されている都市伝説の一つに「アメリカにはオービスが無い」というものがあります。
特に郊外の道路だと後ろから銃で撃たれて破壊されてしまうので設置しても効果がないという理由だそうです。
ウィキさんによるとそれについては対策済みだそうですがケーシングを防弾にしても顔を隠して正面からレンズ部を銃撃されたらひとたまりもないと思うんですが…。
これまた都市伝説の類でパチンコ弾で狙ったら飛んでくる弾の速度に反応して狙撃者がバッチリ写っていて御用になったとも言います。

ま、俺ぃらに限っては大丈夫ですがね。
だからその油断がと小一時間(ry
2019/12/23

PPAP♪【魔女の鍋クリスマスイブイブ篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルのPPAP♪が判らない方、俺ぃら以下の芸能界ネタ音痴だと思います、この人ですよw
PPAP♪

一世を風靡した方で最近トンとお見掛けしないと思ったらほぼ企画に近い業態だったようで、それでもキャラに固執しなかったところは凄いなと思います。

さて、タイトルが内容のほんの一部にしか掛かっていないパラレルワールドにようこそ。
本日の内容は「お嬢、アッポーパイを焼く」です。
恐らくチキンキーマカレーに次ぐ出来栄えではないでしょうかと親バカちゃんちゃんの自慢をしておきましょうw
パイシート

パイシートから自作できる人は中級以上だと思います、そこまでできる人ならセミプロと言っても良いと思います。
そもそもが買い物をしてきて自作の準備から調理、片付けを自分でするならコンビニに行った方がハイクオリティなものが半分以下の経費で出来ます。
タイタニック

リンゴを剥いて櫛切りにしたのは間違いなく山の神さまですな、父親の俺ぃらがいうのもなんですが包丁でリンゴを剥く技術はお嬢にはありません、と言ったら「私が剥きましたと返されました」そうかピーラーってもんがあったなw
bifore.jpg

アッポーパイのカタチになってきました、後はオーブンで焼くだけです。
デキアガリ

出来ました 喰ってみます、はぁ普通に破綻するわけもないのですが胃薬になる恐れだって多々あったんでドキドキ十数分だったのですがチャンとできていました。
まぁこんな簡単なことから始めていって誰かをかっ攫えるくらいの芸ができるようななってくれたらいいんですがねぇw
2019/12/22

○リが起源○ダ!(他にもウ○ジナルとか)

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルがなんのこっちゃら判らない方は起源ニダでググって下さればいいかと思います、出典の一端を書いただけですから検索結果に不愉快な気持ちを持ったという抗議は一切受け付けませんがねw

食べモノで言う「○○発祥の地」というのも言ったもん勝ちなところがありまして例えばうどんですが山の神さまに言わせれば「うどんは福岡が発祥よ」と仰いますが…、止しましょうw
torukoraisu.jpg

トルコライスです、こればかりは彼の国の料理人が全否定しています、そもそもトンカツ(豚肉)を食べるなんてアッラーの神がお許しにならないそうです、何でも喰えばいいのにね。
エスキモーの多くはアルコールを分解する体内酵素を備えていないので酒を呑むとエライ事になると聞いたことがありますが、神さまがひょっとしたらベジタリアンだったとかさ…。

神戸 トルコライスでググったら写真の店の独り勝ちです、予てから連れていけとお嬢から言われてたのですが足が向かないので放っといたら自分で行ってきはりました、大エビ二匹にデミグラスソースにタルタルソースてんこ盛り、何とも若い奴には敵いませんやねw