FC2ブログ
2019/11/30

ミステリーツアー【なんじゃそれは篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
もう何度も何度も書いていますが星の数ほどあるブログのヘッダーを見て記事にご訪問いただけるかどうかなんてのはタイトルに尽きると思います、そんな毎日の訪問者数40人もいない絶滅危惧集落にようこそw

出不精の山の神さまとお嬢を休日に連れ出すのは至難の業です、行先を先に提案したら「まぇに行ったやん」とか「人が多いじゃん」とかなんとかネガティブな理由を付けて反対されるので今回はタイトルの通り、行先に関しては一切何も言わずに出発したのでした。
monn.jpg

予想通り、走りだして30分も経たないうちに「トイレに行きたい攻撃」が始まりました、行程表では神戸淡路道を北上、中国道から新名神経由でここが最初のトイレ休憩地点だったのですが中国道淡河(おうご)PAの手前でもうダメだといいます、こんなのを聞くと萎えるのですがしょうが無いです。
淡河PAから写真の宝塚北SAまではホンの10分も掛かりませんがとりあえず再び本線を外れて車を停めました、「次は1時間以上先だからトイレ大丈夫だろうね」というと心配なのかまた行かはりました、結果的にはココから京都南まで1時間30分掛かりまして通常の2倍近くの所要時間です、ニーナ&ニック号なら1時間を切るどころかどうかすると45分くらいのような気がしますが、降りる予定だった京都東が数㎞の渋滞で大津まで走ったのでトイレタイマーは激しく点滅している状態でした、ヨカッタネw
obje1.jpg

新名神開通開業時はSAに入るのも困難な状況だったらしいですがこの日はそうでもなくドレスの展示やらの写真を撮ってました。
obje2.jpg
火の鳥さんやアトムくんのオブジェもいました、もっともそれが解る世代はオッサンオバサンどころかジイバアの世代です、初出時には俺ぃらでさえ生まれていませんw
良くも悪くもこんなファンタジーに憧れることができたのはココロが純真だったんだろうなぁ…トヲイメ

今回のドライブ、実を言うと11月中旬の宿泊付き会議&研修会の行程のコピーに近いものでした、「オトーサンだけいいなぁ」と言われたので、「じゃぁ」と企画したんです。
最初の目的地は前回に下から見上げた比叡山に登る坂本ケーブルに乗車し、紅葉を見ながら琵琶湖を西から見下ろすというものでした、しかし湖西道路を降りてバカーナビが「目的地周辺です」と案内を止めたのは駅よりも500m以上手前でした、おまけにそこから駐車場渋滞はびくりとも動きません、このまま待ってたらネズミーランドのアトラクション並みだぜと残念だけどパスしました。

この時点でお昼です、後席からは「お腹が空いた攻撃」が始まりましたが坂本駅前から再び湖西道路に乗り、琵琶湖大橋を渡って琵琶湖東岸まで進みます、前回のツアーでここで食べたミニすき焼き鍋がことのほか美味しく、お昼ご飯も目的地の一つだったのです。

目的のお店に前日に一見(イチゲン≒予約なし)でも大丈夫かと電話を入れたら、「13時30分までは団体さんが入っているんでそれ以降なら大丈夫と思いますぅ」と言われてまして到着したのは13時20分、ちょうど観光バス満載のジジババツアーが出ていくところでした、「ラッキー」とカウンターに行き「食事できますか」と聞くとしばらくお持ちいただきますが大丈夫ですというので…。
lunch.jpg

出てきたランチメニューには目的のミニすき焼き鍋がありません、聞くと「あれは団体予約専用なんですぅ」とケンもホロロなお返事なうえ、店員の顔には「うちはツアーだけで儲かっているんだよイヤなら来んな」と書いてあります、敗北感満載で近江牛が名物の地でどう見ても冷凍のトンカツ定食です、この見たくれで観光地価格の1300円です。
クオリティーは勤務先周辺の800円定食並みでしたが近江米だと言うご飯は美味しかったなと【後篇】に続きます、あと目的地は3ヶ所もあるのにこの時点で15時前です大丈夫なんでしょうか。
2019/11/29

ほぉ~お~

こんちは、うぞうむぞうです。
毎日毎日駄記事を書いては世間様を呆れさせていると推定する毎日です、今日の記事なんてその最たるものかもしれません、なら書かなければいいのですが・・・w
kyouko.jpg

俺ぃらは普通に仏教徒なのでこのお方が先週から今週の半ばにかけて来日されたからといってお迎えにも上がりませんし、勿論呼ばれることもありませんがTV報道ではその前の即位の礼ほどではないにせよ凄い人混みでした。

また、キリスト教のこともよく知らないし、そういう呼称変更のご案内も俺ぃらのところには来なかった(アタリマエ)のでローマ法王配下の偉いさんが来日されたと思ったんですよ。

報道を毎日見るにつけ、総理大臣はもちろん天皇陛下とまで会談されるとなってまして、実際にお会いになられたようです。
離日される日には上智大学でスピーチをされ、感極まったのか聴衆の何人かは涙を流しているシーンが映っていました、賢い大学だからスペイン語だって判るんだろうねぇ…。

そんな賢い学生さんの対極に居る俺ぃらですが、ここまでの報道を聞いて「№2(以下?)のくせにえらい歓待ぶりだな」と思ったんですよ、まさか日本政府はもちろん、主たる報道機関が揃ってそんな風に呼称変更したなんて知らないからね。

ま、即位の礼から教皇来日から合成麻薬タレント逮捕から…、どうでもいいことを騒いでその週末にシレっと老人の医療費負担を2割に上げちまおうぜと相談しているのをサラッと報道して既成事実にしますかそうですか。
2019/11/28

ある意味貴重な映像

こんちは、うぞうむぞうです。
随分長いことそれでなくても狭いホームの通行を規制して工事をしているなぁと思ったらこんなものを付けていましたかそうですか。
IMG_5495.jpg
大阪メトロ(それにしても獺祭ダッサイネーミングだな)梅田駅の下り線南東の壁面に架けた梅田メトロビジョンというネーミングだそうです、「地下鉄構内では」世界最大級だそうですがすぐにぶっちぎられることでしょう。
IMG_5506.jpg

「スマホ見ながらのながら歩行は危ないですよ」と構内放送を盛んにしているのに上を見上げて歩くのはイイんですかそうですかw

東京の地下鉄ほどじゃないけれど大阪でも有数の駅の一つなので結構な乗降客があるのですが、双方向ホームから片方向ホームに改装されたのは平成元年のことでした、双方向ホームであった頃の混雑と言ったらもう酷いもんでした、毎日将棋倒しの恐怖との戦いだったように記憶しています。

すこし前の記事にオシッコ漏れそうクネクネ踊りグループの巨大ポスターが掲示され、目前で急に止まってスマホカメラを構えやがったバカ女のことを呪う記事を書いたその場所にこんな画面が設置されたのですが撮影時点でソフトの調整がうまくいっていないのかもう一週間ほどもこのテストパターンが写ったままです。

それなら電源切っとけばいいと思うんですがよくワカラナイ事情があるんでしょう、でもある意味この先この映像が映るのは重大な故障か終電後のことでしょうから貴重な写真だと思いますよ。

と、書いてきまして昨日11月27日の夕方には「12月より運用を始めます、このディスプレーの大きさをギネスに申請します」と表示されていましたが、白い部分はもうすでに画面焼けしてテストパターンの残像が映っていましたとさwww
2019/11/27

羊羹屋さんのチェーンだったのか【近江八幡番外篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
近江八幡番外篇です。
mahokouyou.jpg
shokubutuenn.jpg

ここしばらく紅葉の写真アップや話題を書きましたが同じアイポンカメラでも写真を撮らせたらお嬢には敵いません、ここは六甲山の森林植物園ですがどの写真もキラキラしています。
親馬鹿なんじゃなくって技量が上回っていることは素直に認めざるを得ませんやね。
S__15319043.jpg

さて、半ばお仕事とはいえお家を空けたからには手ぶらでは帰れません、会社には数もののお土産で充分なのですがお家のはそうはいきません、宿泊したホテルのお土産売り場が一番充実していたのですがここまで来てそんなこと言っても仕方ないです。
一応門前町のような場所なので老舗の羊羹屋さんがありましたが小豆系や練り物系があんまり好きじゃない山の神さまにアンコものを買って帰ったら「喧嘩売ってんのかぁ」と非難を浴びるんで困ったなぁと思ったらイイものを見つけました。
Charie.jpg

この辺りが発祥だという話の洋菓子屋さんです、本店なのかなと思ってググっても明確には書いていなかったのですが大きさからいって中核店の一つでしょうと調べてみると何とハス向かいの羊羹屋さんから派生したお店だとのことです。

下りのロープウェイに乗り遅れて時間が無かったので選ぶのもソコソコに買い求めてバスの人となりました、帰りは帰りで名神高速から京奈和道までスゲー豪雨の中、ずいぶん豪快な走行で定刻より大分早めに大阪駅まで送り届けてもらいまして一泊二日が終わりました。
2019/11/26

オッサンには何と不釣り合いな場所よ【近江八幡後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
近江八幡会議ツアーも最後の目的地となりました、八幡山ロープウェイに乗って八幡城址に向かいます、現存しているのは石垣だけで本丸の跡には日蓮宗のお寺が建っています。
bropeway.jpg
これまた、山頂に上がった途端に雨です、今回は景色を望もうとしたらいつも雨が降りやがります10数人の一行のどいつが雨男なのか問い詰めたいところですよ。
Ctemple.jpg

造ったみたいな落ち葉の写真です、もう少しセンスと腕があったらこの情景を深く伝えられるのに残念ですw

山頂のお寺も山門だけでパスするつもりが雨が強くなってきたので雨宿りがてら本堂にお参りしました、これこそ今回のヒットでした。
Danblela.jpg
Danblela2.jpg
仏間には内部からライトアップした和傘の展示がありました、他に参拝者がいなかったので十分に堪能させて戴きました、やっぱり美しいものには心が和みますよ。

ロープウェイ山上駅では前衛芸術の展示がありました、古いものがイイと爺ぃみたいなことは申しませんが伝統に続くものの方がいいと俺ぃらは思います。
Blove.jpg

そしてここは、NPO法人地域活性化支援センターが企画する「恋人の聖地」の一つだそうですがHPには載っていませんでしたw
言われてみれば展示モニュメントといい他の客のアベック(死語w)率といい何ともオッサンには不釣り合いな場所ですが、折角のデートで連れて来られたであろうピンヒールにタイトスカートのお姉ぇちゃんはかわいそうだったなぁ(pgr.
2019/11/25

猫のいない島【近江八幡中篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
湖県宿泊付き会議の二日目です、山の神さまに言わせれば俺ぃらのイビキは相当なものらしいです、寝室が別になって長いのですがどうかすると階下まで聞こえるそうですが赤の他人と同室で寝るストレスは相当なものです、スポンジ耳栓を深く深くねじ込んでようやく客室の冷蔵庫並みの音量となったオッサンのイビキに耐えながらの長い夜が明けました。

早朝の温泉に向かいますが24時間入浴可能だそうで朝の6時前だというのに爺ぃが十人くらい浮いています、もう出汁も出尽くしているだろうにw
露店風呂に浸っていたらあとから入ってきた田舎もんの爺ぃがティンコも洗わずに浴槽に漬かりやがって睨みつけても知らん顔です、大陸の人の悪評の様に浴槽の中でオシッコしないだけマシかもしれませんがマナーがなっていないのは間違いありません。もrにんg

話は変わりますが何でホテルの朝食バイキングではこんなに喰っちまうんでしょう、ご飯だけでも普段の倍は喰ってます、昨夜の宴会食も含めて制限カロリーの3倍は必至です、速くないのに…。

ここからバスで出発して本日のメイン目的地に向かいます、観光以外の産業は農業と零細湖漁のこの県はほんまに交通インフラ整備が追い付いていません、昨日の逆コースで湖東に向うのですが目的地の港にたどり着くまでにひと眠りできました。
Eship.jpg

島に渡ってというので港に着くが着く前まで竹生島のことだと思っていたら連絡ボートwの行き先は沖島(おきしま)となっています。
この島は猫の島というニックネームが付いているそうですが着岸してから約二時間、帰る寸前まで降り続いた雨のせいでただの一匹もヌコを見掛けませんでした、残念な体質でヌコを愛でることができないので良かったといえばよかったんですがね。
在校生数人という小学校に向かいますが道を間違い辿り着いたのは旧校舎の跡地らしき場所でした、そぼ降る雨の中、卒業生が遺したと思われる石彫りのモニュメントがありましたが雨に濡れて寂しそうでした。
唯一の休憩場所らしい喫茶店も開店準備中のようで人気(ひとけ)が無かったのでスルーして港に戻ります、多数の猫がいるであろう証はおうちの入口に置かれた多くの小さな茶碗ぐらいでしたね。
2019/11/24

松葉カニ解禁日は先一昨日だったよなぁ【近江八幡前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
某日、と言ってもタイトルで11月10日と判ってしまうんですが、食欲と名誉欲に駆られたおバカが何百諭吉もの大金を投げ捨ててくれるので漁師さんの生活が潤ってます、「これがあの500諭吉のカニのミソですよ」と茶さじ一杯舐めさせていただいたって区別はつきませんから競り人のパトロンさんたる方はコレを一杯一人で平らげるんでしょうか…、セリ落とした奴が法人ならいっぺん税務調査しろよ腑抜け税務役人さまよぉ(怒
Aseat

所属某団体の宿泊付きの会議が諸般の事情で現地近辺のJR駅集合となりまして、新快速Aシートで1時間20分の乗車です、大阪→明石間の30分だとちょっと勿体ないんだけどこんだけ乗ったら値打ちありますなぁ…、ほとんど携帯ゲームしてたけどw

駅までは会議場所となった料亭のバスが迎えに来てくれてほんの10分ほどの乗車で到着、会議は粛々と進みお昼ご飯となりました、泡の出る飲物が写っていますが業務ですのでノンアルですホントです(エーッ
uomatu.jpg

食事の後も懇談が続き、およそ二時間後の出発となりました。
僅かな距離なのに日曜日ということもあってどう迂回しても大混雑です、次の催しの後の宿までの移動平均時速は20km/hにも達していなかったと思います。
aoumishounin.jpg

昭和初期、大陸へと手を伸ばしたのは軍隊だけではなく、新境地を開くための商人さんでありました。
勿論、日本中に販路を広げ尽した後のことですが太平洋戦争敗戦ですべてを失い失意の帰国となったけど田園地帯の真ん中だったので爆撃の被害も受けず大きな自宅は残っていました。
もっとも維持し続けるには相当の困難があったようで建物は現存するも現代の住人はほぼ居られませんで博物館として公開されているほかは自治体の出資でようよう現状維持して行っているようです。

案内してくれたのはボランティアガイドさんとのことでしたが展示館には殆ど入れてもらえず、無料公開のお庭の他は説明だけで最後のお土産屋さんの滞在時間が一番長かったという…。
biwakogdh.jpg

ここから夕食でようやくアルコール解禁でしたがお昼同様にお膳にカニの姿はありません、現代物流の販路も県境を越え湖県に来るよりも飛行機で東京にでも行っちゃったんでしょうかw
2019/11/23

今年も池を挟んで対峙する

こんちは、うぞうむぞうです。
毎年恒例の大阪南港野鳥園訪問記です、毎年書いているようにコッチもアッチもご苦労様でございますw
NANNKOU.jpg

今年で7年、6回目になります、漂着したゴミの一千兆分の一も拾えていませんが何にもしないでナガタマを覗いているよりは一千兆倍マシだと思ってやっています。
この活動が出来るのは参加者が休日でないとというのもありますが、満月か新月の潮の干満差が大きい日でないと水際の足元が危ないのでとても限られます、雨天延長は出来なくって経過年数と参加回数が違うんですよ。

海からペッと吐き出されるゴミ、要するに大波で堤防を越えて打ち上げられるプラスチックごみもさることながら岸側の道路を走る大雲助共が敷地内に投げ込む弁当がらや不法投棄される家庭ごみも相当のものです。
ひろいぼみ

毎度のことながら岸辺の観察小屋に自慢のナガタマを並べている爺ぃ達にすれば俺ぃら達は障害物以外の何物でもないうえにトリたちも警戒して降りてこないか他の場所に行っちまうので休憩のために小屋に戻ってもあからさまに嫌な顔でメンチ切りやがります。
まぁいいんです、あと来年一回でこの業務も終わりです、元ヤンの市長様の儲けにならない設備はココと言い、昨日の記事の公園の箱モノと言いどんどん整理されて行きます、もっともそうして箱モノが更新されて行かないと為政者はもとよりパンピーも潤わないから仕方ないでしょう。
kaerekare.jpg

メンチ切って来るナガタマ爺ぃ達を華麗にスルーして下の会議室で昼食です、メニューは神戸市の小学校で提供されなくなったカレーです、通常は大阪市の給食を作っておられる小母さま方の愛情のこもったカレーです、辛いものがダメになった胃袋には優しい甘さでしたね。
2019/11/22

♪眼をとじて

こんちは、うぞうむぞうです。
俺ぃらにとっての音楽とは…そうですねぇ、世に出て数年以上経っても消えない曲でしょうか、要するに耳に遺ったイメージが消えないうちにまた聴ける曲、でないとウスラ頭が忘れちまうんですよ。
もっともこちらから検索して聴きに行く古い歌もあるので新入りが入る脳内HDDの容量があまり無いってものあります。
turumi.jpg

大阪市の東の外れ、鶴見緑地公園です。
俺ぃらの記憶の中では厨房だった1975年前後に柔道部の体力作りという名のシゴキでここまで走らされたことが蘇ります、なぜかアンダーサポーターというものを履いていないし足は素足に運動靴で柔道着の上下という格好です、帰ってきたらあちこちズル剥けでしたよ(( ノД`)シクシク…
その頃、花博が開催されるのは決まっていたでしょうが、多くの区域はゴミ集積場の上から土砂で埋め立てをして腐敗ガスが湧いて来るのを集めてアチコチで燃やしていたのを思い出しました。

次の記憶は社会人になってからの軽音楽バンド活動でイベントの余興として演奏しに来ました、休日だったんですがその翌日にアトラクション施設のウォーターライドがコースから転落するという事故が発生しました、バンドメンバーのな奴が演奏終了後の片付けをぶっちぎってこの乗り物に乗りに行きやがったんですが何でその日に…。
EKIMAE.jpg

それ以来の訪問です、一つ手前の駅まではここ二年、中の人になるために訪問していたのですが最寄り駅である鶴見緑地駅まで乗るのは初めてです。

タイトルの「眼をとじて」が頭の中で何度もリフレインされていました。
2019/11/21

買う買う詐欺【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日の記事のハンターカブ125が現実に出るのかどうかはとても興味があります、本当にどうかしたらハンコを握りしめて…。

尤も、今やったらうしろから刃物でツンツンと、つ突かれながら緑色の紙に署名捺印する羽目になりそうなのでそのくらいの自制心はあると思います、たぶんw

そんな風に妄想を掻き立てていたら字も充分に読めないのでしょうか、一瞬目を疑うポスターでした。
OMS2

間違いなく☆お気に入りにも登録して前売り開始予定日の2020年2月1日もスケジューラに入れてあるのに年内開催ってどういうことじゃと思ったら、大阪モーターショーでしたよ、サイクルが抜けてます。
こっちはこっちで二輪車の出展もあるようですが何となく、俺ぃらが大嫌いな鉄屑が大挙して展示されているような妄想がするのできっと伺うことは無いでしょう。

そんな風に来年3月を首を長くして待っていたらこれまたメールのタイトルに脊椎反射してしまいました。
hasura-.jpg

新型ハスラーだって(驚 あのハスラーが…、2ストのハスラーが…、免許取る前に私有地で乗せていただいたり、免許取ってからも50cc版の超オンボロで京都まで行ったりというあのハスラーが…、ハンターカブどころじゃありません、ホントなら今すぐハンコ持って…。
hasura-2.jpg

んなわけありません、そうクルマのハスラーですよw
スズキさんなら、あの斜め上からのスズキさんならどないかして呉れそうですが製品化したところで市場が無いわなw、そもそも規制に通らないのは間違いないし、触媒で何とかするにしても車検のないバイクには無理だな、大排気量の2stエンジンなんて開発許可が降りんよな。

「昔ぁし昔、ハスラーというバイクがあってな」という与太を繰ってる夢を見ました。