FC2ブログ
2019/08/21

こんなのが政界のプリンスだと…○界の間違いぢゃないのか

こんちは、うぞうむぞうです。
2週間程前の出来事です、「オ・モ・テ・ナ・シ」のオバお姉ちゃんとオトーサンが痔民党87代総裁で党をぶっ壊すだのなんだのと騒いで今ではすっかり反原発活動家になり下がった方のご子息が出来ちゃった結婚をされました、おめでとうございます。(モチロンヒニクデスガナニカ?
9.jpg

フツーの男にはハードルが高すぎてこれまでご縁の無かったボチボチ後の無い女と、そろそろ痔民党の中でのし上がっていきたいけど独身でバックアップがなく、しかも当選し続けるためにはそこそこの広告塔が必要な男…。
さらには、国会において、質問回数、議員立法、質問主意書がすべてゼロという、いわゆる「トリプルゼロ」で、他のGGIに比べると多少イケメンなほかは国会で何の実績も残していない痔民党の客寄せパンダ…。

報道ではおおむね好評のようですが何だかキモチ悪いんですよね、なんつうてもエエ歳こいで出来ちゃったって…。
2019/08/20

タイトルが思いつかないので…【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
バイク用品のうち長く使えると言われるものに革ジャンがあります、オイルでまめに手入れしていつまでも新品の頃の風合いを維持する使い方がある一方で雨に濡れても乾かすくらいでヤレて行くのも持ち主の歴史だというのもあります。
パックリと割れたニーシンガードは一番最初に買ったライディングパンツの付属品だった記憶がありますが昨日の記事の写真に写っているのは単品販売のものだったのと外付用のをインナーで使っているんで大丈夫なんだと思います。
あ、そうそう使用回数が減ってきたのもありますかねw

洗車し終わったところで電池が切れたんですがせっかくカバーを外して綺麗に洗ったんでもういっぺん暗闇に覆い隠すのも可哀そうな気がして翌日早朝からコソコソと出掛けてきました。
前夜に眠る直前に「明日出掛けるから、じゃあ」と言って置いて反撃を浴びる前に寝室に入ってしまったんでそのあとにどんな判決が下ったかは知らない間の出発ですw
S__36675586.jpg

行先は…というても高速バビュンしか能が無いので丹波篠山かうどん県の二択です。
この気温の中、内陸部に向かっていくのはチョットねということで橋を渡る方にハンドルが向いていました。
S__36675589.jpg

麺も出汁も目を瞑っていても判るくらいのレイアウトで置いてあるので「冷たいの一杯頂戴」というだけで完了です、早く着きすぎたので天ぷらはまだそんなに出ていませんでした。

例によって一杯目は「呑み」二杯目に味わいます、だから二杯目にはネブカさえ入れません。
一杯目で胃袋が動いているので二杯目もすんなり入っていきます、この頃は大きな天ぷらよりも写真に写っている平天なんかが好みになってきました。
S__7380994.jpg

判決の内容が判らないのでうどんの他に少々買い揃えて高速道路の人となりました、星ではありません(ワカンネェダロウナァ

往路はなんともご機嫌な快走ぶりで出発直前のガソリン伝票の印字と津田の松原SAでのコンビニ買い物のレシートの印字から計算するとトンでもないアベレージが記録されたような気がしますがきっと熱中症気味で電卓を押し違えたのでしょうw
IMG_5154.jpg

帰路はサンドラを縫って帰ったんでごく普通の所要時間でしたがアタマに来たのはJR四国の高速バスでした、後方も見ないでウインカー出しやがったうえにホーン長押しパッシング連打でも出てこようとします、プロのくせに何をやってやがるんでしょう(怒

前に出て充分安全距離を置いて中指を立ててやったような気がしますが、なにぶん熱中症気味で朦朧としていたんでそんな白昼夢を見たのかもしれませんw
2019/08/19

タイトルが思いつかないので…【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
某休日のお話しです、もうお盆も…、明日こそバイクで出掛けようと…。
IMG_5150.jpg

梅雨前の気象不順はご記憶の通り、6月にちょっと乗ったときにはまだ冬パンでも大丈夫だったんですよというか丁度良かったんですよ、そして7月一杯はここしばらくでは記録的な長梅雨で乗れなくってようやく決心ついてメッシュパンツを引っ張り出したらエライ軽いんでよく見たら写真の通りニーシンガードが冬パンに入ってました、どんだけ乗って無かったんやw
ga-do.jpg

そういえばこの黒い二―シンガードあれから9年も使ってます、周辺記事を見ると12Rのアオ号に乗っていてその後空も飛んだけどまだ使えていますw
2019/08/18

羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)

こんちは、うぞうむぞうです。
昨年以来恒例となった画面です、列車会社ごとの細かい事情がある事なんてご指摘いただくまでも無くわかってます。
また南鹿児島から稚内まで繋がっていて日本を縦断する規模のJRさんと近畿の限られたエリアをシェアしている各社私鉄との規模の違いだって判ってます、そのうえでこの画面です。
redwhite.jpg

翌日の朝の正常運行を図るために列車は車両区ごと均等に残置しておかなならんし、一編成当たり最低でも運転士と車掌の二人は必要なのでその人員を確保しておかねばならないのも判るんですがそれなら私鉄はそうしなくてもいいのかと…。

俺ぃらはもう戦力外予備軍なので前日の夕方に「無理をしての出社に及ばず」と年下の課長さんに言われていましたので移動端末を受け取りに出社して早々に有給休暇扱いで退社しましたがまだ若手のお嬢はそういうわけにもいかなかったようで勤務先から遠く離れた私鉄駅まで道に迷いながら歩き、各駅停車運行で動いていた列車に揺られて本来なら15分の距離を2時間かけて帰って来られました。
帰宅第一声が「ヘタれJR○ね」でしたよw(アラマオゲヒン)

タイトルの「羹に懲りてあえ物を吹く」を検索したら「熱い吸い物を飲んでやけどをしたのにこりて、冷たいなますも吹いてさますという意。 」とあります。
その本意は「前の失敗にこりて必要以上の用心をすることのたとえ。」とあります、いろいろ事情があるのは判ってますって、そのうえでこの親方日の丸(とうに違うけど)な考え方は何とかならんのかと小一時間(ry

去年も書いたけど「予告すりゃインフラを止めてもいいのかよ(怒」というのが俺ぃらの意見です。

これで二年目ですから「国民の皆さんのコンセンサスを得た」と勝手に思い込んでデフォルトになるんでしょうなぁ…。
ほんまに使えん奴らですわ。
2019/08/17

くも繋がり

こんちは、うぞうむぞうです。
一昨日までのお盆で飛行機雲のレールを通って十万億土の彼方に還って行かれたご先祖様を見送りながら♪千の風になってが頭に浮かんできた俺ぃらです。

もちろん人間にしろ愛おしいペットにしろ有機物の塊ですから亡くなって焼かれてしまって無機物の欠片になったらそれまでで魂じゃなんじゃというのは高等生物ゆえの感情なんですがね…。
saiunn.jpg

某日の山の神さまからのラインです。
吉兆を知らせる雲だそうです、いいことがあればいいと思うんですがこの名前を聞いて半端軍ヲタの俺ぃらの頭に浮かんだのはこちらの飛行機でした。
saiunnnn.jpg

現代でこそ石油化学製品や直接的な石油加工品であるガソリンなどの航空燃料の技術開発はわが国が世界一だと思うのですがあの頃もこの頃も採算レベルで原油が産出しないのは一緒でやっぱり南の島や砂漠の国から輸入するしかありません。

頭に浮かんだ飛行機とはあの頃の粗悪な燃料技術でさえ、南の島々を侵略して手に入れた現代のレベルからすれば廃油みたいな油を精製した航空燃料で「「ワレニオイツクグラマンナシ」と打電せしめた彩雲という飛行機です。

あの頃の何とかする技術と日本人の根性に加え、資源があったら三つお隣の国なんて…、いやいや侵略的意図じゃなくって地下鉄の駅を我が物顔で闊歩するヤツラが嫌いなだけです、ヘイトじゃないよ五月蠅いから嫌いなんだ。
2019/08/16

♪そらにーあこがーれてぇー

こんちは、うぞうむぞうです。
ある方のブログにインスパイヤされて書いているんですが、その方が仰るに「100年前になかったもの」として飛行機雲を挙げておられまして…。
Wrightflyer.jpg

飛行機は1903年のライト兄弟の初飛行を引合いに出すまでも無く、1920年頃には軍用機としてほぼ実用化されていました、良くも悪くも(まぁほとんど悪くも悪くもですが)二度の世界大戦がその発達を促したというか目覚ましく加速させました、第二次世界大戦末期にはレシプロエンジン機でさえ600km/hを越えたと言いますからのちのジェット機の後方排気よりも先にエンジン排気の残気による飛行機雲が見られたと思います、それでもまだ80年弱です。
hikoukigumo.jpg

飛行機が銃弾や爆弾を運ぶ道具であった七十余年前、亡父の実家があったうどん県の山奥にまでアメリカの艦載機が飛んできて川沿いの竹藪を揺らすほどの低空飛行で銃弾をばら撒いて行ったとお年寄りたちが話して呉れました、県庁所在地の街を空襲した帰りに本来なら防空戦闘機に対して使うはずの銃弾が余ったのをおふざけ半分でばら撒いて行ったんでしょう…。
昨日の記事にも書きましたが、もうそんな目的に飛行機が使われることがあってはならないと思いますが現代の高速のジェット戦闘機だったら低空飛行の勢いだけで人間なんかふっ飛ばされると思いますよ…。

♪そらにーあこがーれてぇー…と荒井由実さんが唄ってからもう50年が経ちました、あれから色んな人がカバーしたり映画の主題曲になりましたが大空は人類の大きな夢の彼方です。
2019/08/15

コミットするということ

こんちは、うぞうむぞうです。
今日は8月15日、73回目の終戦記念日です。
「敗戦記念日ではないのか」という戦争犠牲者はともかく、何一つ主張する権利も無く戦場に駆り出されていった若者たち…、当初は20歳だったものが19歳に引き下げられ、文系の大学生まで早期卒業させて駆り出し、新聞記事が気に入らないと記事を書いた記者を懲罰的に召集したものの世間の反対で失敗しそのつじつまを合わせるために40歳前後の壮年兵まで召集し…、gdgd書いていますが全部ウィキさんの請け売りですすみません。

タイトルのコミットとは「commit」で「委託する」「委ねる」「責任を引き受ける」「約束する」「関わり合いになる」といった意味だそうですが、委託した覚えもない政治たちが、その親玉は戦争を知る由もないはずなのに憲法を変えてもう一度いつでも戦争ができる国にしようとしています。
img_55255dcdf2be18c6fee388d37a8cf6ff210537.jpg

それこそもう一回戦争があっても俺ぃらがその先兵として召集されることはありませんが過去記事からして真っ先に非国民のレッテルを貼られて監視下に置かれることは間違いありません。

更にその戦争たるや今ではボタン一つでヒロシマ・ナガサキの何倍もの威力を持つというミサイルが飛んできて主要部を灰燼に帰すことができますし、パイロットの乗っていないヒコーキをモニタとジョイスティックで操縦して精密爆撃する技術もあります。
みなさんがお使いのカーナビの始まりはそんな軍事兵器誘導技術がベースなんですぜ。
2019/08/14

子育て三態【四態目】

こんちは、うぞうむぞうです。
全く世の中のお母様方に喧嘩を売りまくっているこの一連の記事ですがなんだか一つのカテゴリー化されそうです。

男の子と女の子のどちらが育てやすいかって議論がありますが、結論を言ってしまうと性別ではなくてその子どもの持って生まれた性格によります。
どんな風に育てようが一流大学に入って高級官僚になる子がいる一方で一定の割合でドロップアウトするクズが発生します、これは産んで育てた親御さんの手法が悪かったんではなく、その子の持って生まれた形質です。
父母の折り合いが悪くどっちかが先にいなくなったり死んじまってその後にもう一方も…な子がそうなるというなら俺ぃらなんて稀代の殺人犯になってたはずで今の人生は無かったか、もしかしたらもう一人の俺ぃらのパラレルワールドなのかもしれません。
img813_18.jpg

お母さんは次から次へと用事を済ませたいのに子供はイラストの通り、その反対のベクトルで動こうとします、手はしっかりと掴まれていますからどっかに行ってしまえないので持て余されたエネルギーは奇声を上げて喚き散らすことに消費されることがあります。

某日のショッピングモールでの出来事です、俺ぃらの前にはそんな親子連れ…、お母さんが自分の思い通りにしてくれないので頭の天辺から奇声を上て引っ張って行かれています。
「ウッセーなー」と思う間もなく向かいから歩いてきたGGIが突然「やかましいわーこのクソガキー」と怒鳴り散らしました。

そんな経験なかったんでしょうなぁ…。母子とも三秒くらい固まってましたw
この辺りは以前にも書きましたが埋め立て造成分譲されて40年くらいになります、海辺のニュータウンに引っ越してきたリーマンたちもすっかり歳を取ってGGIやBBIになっちまってあとはのを待っているだけです、そんな奴らの代替わりで入ってきた若い夫婦たちがウザったくて仕方ないんでしょう、可哀そうな人生の終末期ですなぁ
2019/08/13

デジャヴではなく

こんちは、うぞうむぞうです。
リーマンの昼めしと言えば…。

こんな書き出しで始まる記事は何度書いたか判りません、ひょっとしたら過去ログの1/20ぐらいはこんな記事かもわかりませんがまぁいいじゃありませんか(ダレニイッテルw ←これもまたしょっちゅう使っているねpgr.
S__35250178.jpg

「讃岐うどんこそ王道」な俺ぃらには大阪や神戸でうどんを選択することはまずありません、ジャンク飯と割り切ってどんべぇを買うことはありますがね。
左右の写真は写っているズボンの柄が違うのでお判りの通り、違う日の同じメニューです、真ん中は社食の組み合わせですが最近の流行なのかどれも根深ネギの輪切りじゃなく関東風の長ネギの斜め切りなんですよ。

関東の麺類にはこれまた刺されるくらい悪口を書いていますがあのねぎの辛みは甘ったるい出汁に割と合います。
それにしてもこんなもんを啜っては次の現場、というてもクーラーガンガンの事務所を駆け巡っています、体が壊れるのが先かあとちょっとでリタイヤするのが先かドッチでしょ。
2019/08/12

♪渚のカンパリソーダ

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルは寺尾聡さんのLPレコード(死語wの中の曲からですが、このブログ記事って焼き直しのような気がするんですが過去ログに見当たらないのでまぁいぃやとw
IMG_5081.jpg

記事に焼き直しの疑いがあるってことは喰いモノにも覚えがありまして前回と全く同じものでした、最後のプディングのアタマをキャラメリーゼしているところなんざ昨年と記憶がごっちゃになって蘇ってきますよ。
場所は大阪メトロ本町駅構内出てすぐのせまっ苦しい店でカウンターの兄ちゃんまで一緒でした、続いているってことは喰えるんだろうねぇ…。
IMG_5084.jpg
飲物もカンパリ・ソーダと同じです。

このカンパリの苦みが何となく酒を呑みながらも体にいいような気がしてね、いや妄想なんですけどねw