FC2ブログ
2018/11/30

猿でも解ると思うけど…

こんちは、うぞうむぞうです。
バイクってのは乗らない人にすれば大概喧しい乗り物だと思います、50ccのスクーターやカブだってノーマルでも整備が悪いと五月蠅く感じるのは早朝の新聞配達の音で目を覚まさされた人ならお判りだと思います。
なのに多くのバイク海苔たちはノーマルでさえ五月蠅いマフリャーを社外品に換えたがります、俺ぃらもその気がないわけじゃないけどバイクに掛けられる予算がミニマムなので我慢しているだけです。

毎朝、駅前駐輪場で遭うマフリャー交換バッフルなしのカワサキKLX110海苔のしょぼい兄ぃちゃんに毎度「うるせーよボケ光線」を発射しているんですが中々気付いてもらえませんw、この間は場内通路で前後になったんでわざとチンタラ走ってやったんですがやっぱり気づかぬふりでした…、心から残念です。

さて、それでなくても五月蠅い社外品マフリャーのバッフルを外す猿たちへの対抗策として国内行政は販売店への指導ということを行います、近接音量の試験をして音量が基準値を超えるものにはバッフルを付けることを指導しますがそれを外せないようにするというところが少し甘いようです。
sarudemowakaru.jpg

某所から拾ってきた画像ですが、ヘキサボルトの頭の一隅に申訳のようにロウ付けがしてあります。
ちょっと知恵と簡単な電動工具と研磨ヘッドがあればロウ付けを取り去ってヘキサボルトを外すか乱暴なやり方ではヘキサボルトの頭からオーバーサイズのドリルで揉んで抜いちまうってところです。
車検時はボルトで留めとけばOK(見つからなければねw)なのでいとも簡単にこのマフリャーの凶暴な音量を得ることができます。

ま、タイトルの通り、猿にはその程度の知恵も無いでしょうがねw
2018/11/29

クリエーターはクライアントに逆らえない

こんちは、うぞうむぞうです。
「クリエイター」の意味をサラっと調べると「創作家、制作者」などという和訳が出てきてその内容も想像がつく通り、作家、楽曲作成者、そして企画制作者などほぼ文系的なものを産み出す人という解釈でよいかと思います。
そして「クライアント」とは「依頼人、顧客、取引先」などの総称ですがここでは広告主とします。

当たり前のことながらクリエイターはクライアントから原案や素案、現物が無ければ商品の企画などを提示してもらってキャッチコピーなどを依頼されるわけですがどんなに練り込んで考え尽した企画でもクライアントがNOと言えば通りません。
作成原案(コンテや一次デモ)で了解しておいて完成品にNOというのは商道徳上、通らないと思いますがクリエイターの思い(深謀)まで捻じ曲げるのはどうかと思います、まぁ「金払ってんだから俺ぃらの方が強いじゃんかよ」とクチに出すような奴の仕事は引き受けたくないものですがね。
gokuu.jpg
地下鉄、大阪メトロの某駅で撮ったスマホ写真があまりにも酷いのでキャンペーンのHPから画像をお借りしたんですが、黄色○囲みの「がある。」はクリエイターさんの作品または一次コンテでは「や。」だったと思うんですよ、でなければわざわざ鳥山明先生にまで依頼して梧空を書く意味がありませんよ

判らない人のために書くんですが、超の字にスーパーとルビを振って関西(かんさい)で「や。」と来ればスーパーカンサイヤ なんだけどクライアントさんには判んなかったんでしょうな。

クリエイターさんも鳥山先生のギャラ払わなあかんし、ゴネて不採用にでもなったら大赤字だからね…。
2018/11/28

順番待ち10年なんて例もあるらしい

こんちは、うぞうむぞうです。
親より先に死ぬことが最大の親不孝だなどと言われた時代もありした、俺ぃらの場合はとっくに親父の亡くなった年齢を追い越しましたがまだ元気です、多分w

自宅での自立生活が困難になった、困難になりつつあるお年寄りたちはふところの状態で終の棲家を探すことになりますが、公営の特別養護老人ホームだとタイトルの通り、入所迄10年はかかると言われる場所もありますが地獄の沙汰も金次第とはよく言ったもので特養でも私営の場合はそうでもないようです、ただし公営に比べると費用の桁が違うと言います。
さらに、入所のための最低条件としてふところの状態に関係なく「要介護3以上であること」が条件となります。

要介護3とはどんな状態じゃいと調べますと以下の状態のようです。
・「立ち上がりや歩行、食事、排せつ、入浴の際に全面的な介助が必要である」こと
・「常時誰かの支援や見守りが必要である」こと
・「もしくは、身体機能の低下とは別に、認知症の進行具合が大きい」こと
これらを基にケアマネージャーさんと保護者の間で話し合いが行われるのですが、のっぴきならない状態になるまでの経過時間は千差万別なので入所を予約することもできません。

お年寄りの多くは「自分のことが自分で出来るうちは大丈夫」と言われますが、実際は同居の家族がサポートしているからこその自立であって、食事の買い物、調理、お風呂の用意・片付け、お掃除、ゴミ捨てなど元気な者でも中々なことを一人或いは同じような年齢の二人でするなんてとてもじゃないけど無理だと思います。

sakoujyuu.jpg
そこで登場するのがこれらのサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)です。
食事の用意や片付けは食費の中に含まれていて共用部の掃除も必要ありませんがドア一枚入ったパーソナルスぺースの部分に立ち入ることは緊急時以外はありませんのでパーソナルスペースにあるトイレ掃除や浴室掃除は自分でするか介護資格を有する職員にしてもらわねばなりません。

さて、俺ぃらの場合ですが義母がそんな場所にお世話になるかもしれない時のことを念頭に、とあるサ高住の説明を聞きに行って来たんですが結論から言うと「そこはイヤ」でした。
引く手あまたな売り手市場なのを嵩になんともおざなりな説明と物言いがムカついたんですよ。
まず、のっけから言われたのがこんなのでした。
:「当施設は生活の場を提供する施設です、したがって介護等はケアマネージャーさんを
   介してになります。」
  「一例ですが、食事の時刻になったら館内放送でお呼びしますが来られない時のみ
   お部屋に伺いますので夕食後は最長で翌日の朝食時刻までは入所者にこちらから
   アクセスすることはありません。」
:「ということは?」
:「緊急コールを押せずに苦しんでおられても、極端な話ですが絶命していてもどうしようも
   ありません」
:「

…話が変わって…
:「入浴はどうなりますか?」
:(ビジホぐらいの浴室に連れていかれて)「コチラです、予約していただいてその時刻に
   ご自分で…」
:「沸かしたりする用意は?」
:「予約時間内に湯沸かしから浴後のお掃除まで40分で済ましていただきます」

俺ぃらは長風呂じゃないので入浴そのものは15分もあれば十分ですが湯けむりムンムンの狭い浴室を掃除して髪の毛をあらかた乾かして(その頃は無いってか、ヤカマシイワ)着替えて終わりました迄に40分なんて到底無理ですよ、しかも沸かす時間もかかるんですぜ。
そんなの嫌だと言ったらパーソナルスペースにユニットバス付の部屋がありました、専有面積はほぼ同じなので実質居住面積が狭くなってしかも利用料が2諭吉高くなりますとのこと…。

先に書いた通り、総じて説明に熱意がありません、「あんたが入らんでもなんぼでも入居希望者は居るからな」と顔に書いてありましたよ。
同行戴いたケアマネージャーさんのご意見ですが、それでも候補の中ではマシで綺麗な施設だそうです…。
何度も書きますが地獄の沙汰も金次第とはよく言ったものでサ高住じゃない有料老人ホームになりますとこれらのケアは充分なぶん費用も桁違いになります。

何とも情けないお話しの最後にこの施設の夜間体制を聞きましたので書いときます。
:「夜間の体制はどうですか」
:「夜間は当直者が常駐します」
:「当直者は何人ですか」
:「最大3人です」

おいおい、満室で200人近く入所できるのに火事にでもなったらたった3人(最大でな)でどうやって避難誘導するんだよ、歩行に支障がある入居者もいるっていうのにorz.
2018/11/27

微妙にかんじる…

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルはポール牧さんの個人芸を使ったこのCMからなんですが覚えている方おられますか?
昔は映像にも表現にもおおらかなところがあったんですがこの頃は「どないかして噛み付いたろう」というクレーマー社会ですからクリエイターさんも大変です。

さて今日も今日とて、タイトルにも前振りにもほぼ関係ない内容なのですが写真を撮った日(11月2日)この辺りがソト飯の限界的気温だったのかと思います、場所は大阪南港ATCの海側広場なのですがこの日の気温はほぼ20℃を指していたものの時折吹き抜ける風は肌寒いというより凍えそうなと表現した方が適切だったと思います、記事公開時点ではもう無理でしょうね。
IMG_4236.jpg

仕事先に訪問する前の時間調整で山の神さま謹製のお弁当とコンビニスープの昼食です。
もうすこし暖かければ座る場所に苦労したでしょうがガランとして人気も少ない昼でした。

この街のことは何回か記事にしていますが近くの廃墟埋め立て地に大阪万博の誘致が決まったというのにこんなインフラの状態で大丈夫なんでしょうかねぇ…、おそらくここに通じているオモチャみたいなコミュニティーライナーの延伸線を作ったり橋を再整備したりするんでしょう。
1920px-Yumemai_Ohashi_Osaka_JPN_001.jpg

可動橋として整備したけど開閉は複数年に一度という企画倒れのこの橋ですが、今のところ渡るのは物流センターのトラックと風に舞うゴミくらいです、用もない連中が徘徊しないように舗道も閉鎖されています。
この島で万博をやった後はカジノをオッ建ててまさに夢の島とする魂胆だと聞きましたがそもそも2025年には絶対現役労働者じゃなくなっているし生きているかどうかも怪しいので万博も含めてお伺いすることは無いでしょう。

カジノ島となるこの島の隣島ではそこいらの建物の外壁はアチコチ剥がれてるし、そもそもいくら肌寒い天気だと言っても人居らへんし、建物の中の飲食店も空席が目立つし…、前にも書いたけどあちこち不等沈下だらけで道も舗道もガタガタだし大阪の衰退ぶりを微妙に感じたんですが井さんホントに大丈夫なんですかぁ。
2018/11/26

読めても書けない

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日11月25日の日曜日は大阪マラソンでした、12万人余りの応募から選ばれた3万人のランナー(ウォーカーもいたけど)が参加されました。
長距離走はもちろん短距離走もダメダメな俺ぃらですがボランティアならできるので参加してきたのです。
タイトルはそのボランティアの英字綴りですが volunteer となります、何とか読めるでしょうけど俺ぃらのご同輩でスペルがOKだった人はそうそうおられないと思います。
S__18358274.jpg

俺ぃらの場合、神戸の西の外れを朝の6時に出発して会場集合はぎりぎりでした、出発時の気温は8℃です
活動場所は偶然にも先月お掃除した中之島の難波橋上です、大阪市内のメインストリートの交通を遮断し写真のようにロードコーンを並べランナーを誘導します。
ランナーの数も多いけどボランティアの総数はその数に匹敵すると思います、学生さんから各種団体…、素晴らしいのは個人の意思でソロ参加のボランティアさんがその大半を占めるということですよ。

車椅子のランナーが通過していくときは風圧を感じるくらいの速度です、競技用車椅子の操作はこの場所のような直角コーナーでは相当困難なことでしょう、彼らの競技に対する執念と根性は真似できませんよ

S__18358276.jpg

次に来られたのはエリートランナーの皆さんです、これまた4~5人の集団でしたがあっという間に通り過ぎていかれましたが、この場所約15kmぐらいでトップグループと二位グループの差は2、3分ありました。

この日の俺ぃらの活動内容は競技中クローズされる横断歩道を通過する人たちをアンダーパスや駅通路に誘導することでした。
マラソンが開催されるなんてちっとも聞いていない外国からのお客さまにはホント気の毒なお話しですがずいぶん遠回りされたり誘導不備で二周同じ場所を通られる方もいました。
ほとんどの皆様が寛容であったのですがそこはやはりオオサカですw、オマーリさんや警備員にくってかかったり大声を張り上げてるウマシカもいましたが、まぁまぁと宥めての進行でした。

面白いのはアジア系外国人でも英語が喋れる方たちは「この向こうに行くのはどうしたらいいんだ」と英語とボディランゲージで聞いてこられるのですが中華系の方は大声で喚いていてもこちらには聞いてこられません、まぁ聞いてこられても困るんですがねw

S__18358278.jpg
トップランナーの通過から時間が経ち2時間を過ぎるころからそろそろ市民マラソンの風物詩たる方たちが来られました。

一昨年はポケモンキャラや妖怪ウォッチキャラが多かったんですが今年は圧倒的にミニオンさんが多かったです、写真の方たちも含め10人程はいましたね。
時間の経過ごとに走行速度は落ちてゆきとうとう最後には収容車が通過してコースクローズ解除となりました、この場所で収容されたらゴールまでは退屈でしょうなぁ…。

こうして現コースで開催される最後の大阪マラソンが終わりました、来年からは2025年万博が開催されるであろう夢洲がゴールになるそうです。
2018/11/25

ステンレスよりはチタンの方がいいなぁと言ったら張り倒されるかなぁ

こんちは、うぞうむぞうです。
某日帰宅すると机の上に紙袋が置いてありました、中身を見るとこんな品物でした。
IMG_4234.jpg
ステンレスのサーモスカップです。

贈り主はお嬢で術後の痛みもだいぶ癒えてきたのでという快気祝いだそうです…。

随分お世話をしました、手術直後はこのまま歩かれないのではという不安がよぎりました、執刀医の解説は丁寧で自分の仕事に自信を持っておられたのですがそこはやはり女の子ですなぁ、歯を食いしばって歩けるようになるまで1ヶ月、松葉杖が手放せるまで2ヶ月半は掛かりましたが、何とか治癒の方向に向かっています。

ステンレスじゃなくチタンの方がよかったなぁと言ったら…w
2018/11/24

〇△□(まるさんかくしかく)

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルを書いていて思い出したのはもう20年近く前にお嬢に買ってあげた絵本です。

内容は忘れましたが、本の読み聞かせをしたら瞬間に寝てしまう良い子でしたw
子供の頃に手が掛からない子は大きくなって手を煩わせらると言いますが当たっているようないないような…。

んで、20年後にこんなおねだりをしてきましたよ。
IMG_4232.jpg
大阪梅田はルクアイーレの2階にあるタルトのお店、絵本のタイトルをパクったのかいないのか同名のお店です。

店名は可愛いけど、単価は可愛くないね、俺ぃらのクチなら三口で瞬殺ですよw
どれを選んだらいいか判んないからお店のお姉ぇちゃんに「売れ筋の上位から3つ頂戴」と言ったらずいぶん悩んでくれましたが奥のショーケースの中から在庫が一番残っていたのを3種類チョイスしやがりましたw

いいように考えると売れ筋なので沢山在庫していると言えますが、悪く言うと人気がないからたくさん残っているとも言えますな。
2018/11/23

赤いキツネと・・・

こんちは、うぞうむぞうです。
夜も遅くに酔っ払ってコンビニによるとロクなことがありませんw、遅いと言っても20時にもなっていませんが伝書鳩の俺ぃらには充分遅い時刻です
S__47226890.jpg
見ての通り、ちゃんとコラボの許可を得ての商品化なんでしょう、本家の食品会社のロゴも入っています。
キツネのお揚げを模したトルティーヤチップと青のりなどでデコったポップコーンだそうです。

こういったものはブログネタで買うのですがほとんど食べ切ったことがありません、単一な味に慣れてしまって飽きちゃうんでしょうね何とも勿体ないお話しです。
S__47226891.jpg
コッチはちゃんと食べ切りました、小さな揚げせんべいが20枚も入っていません、ただ闇雲に辛いだけで焼酎には合いませんでしたね
2018/11/22

運転手さんに叱られるよ!

こんちは、うぞうむぞうです。
合計特殊出生率という言葉がどうしても理解できない俺ぃらです、女性が子供を産むことがどうして特殊なのかが理解できないのですよ、エロい人教えてくださいw

統計を見るとここ数十年で2人に遥か遠く届きません、平成以降なんて1.5人(0.5ってなんだよw)にも届きません、この辺が特殊って言い回しの根拠かと思うんですが一組の男女が(夫婦とは限らない)産み育てる子供が2人を越えないということは人口は減少傾向になるというのは判るんですがね。

数字をこねくり回していたら頭が痛くなってきましたw
そんな貴重な統計学の中に生まれたお子さま…、大事に育てていかなならんのにある日の地下鉄の中での光景です。

:(若いお母さんが車内でウロウロするクソガお子さん[指定3歳児]に)「○○ちゃん危ないよ」
:(夢中で聞いていない)
:(段々声が大きくなってくる)「○○ちゃん危ないよ」
:(やっぱり聞いていない)
「この前みたいに知らんお姉ぇちゃんに足引っ掛けてすっ転ばされるでぇ」

この時、車内周囲で座ってる乗客の足が瞬間に引っ込みましたねw、ちびまる子ちゃんだったら顔に縦線が入っている絵柄ですよ。
そんなことがホントにあるのかと思いますが、実際は急ブレーキが掛かるかもしれない車両内で放牧している母親の方がオカシイと思うんですよ、三歳児の行動なんか1秒後でも想像がつきませんよ。
かわって、あるバスの車内です、やっぱりウロウロしている子供に対して母親が…。

:「○○ちゃん危ないよ」
:(夢中で聞いていない)
:(段々声が大きくなってくる)「運転手さんに叱られるよ」
:(運転手さんが車内放送で)「運転手さんは叱りません、お母さんが叱ってください」
2018/11/21

古い奴だとお思いでしょうが…

こんちは、うぞうむぞうです。
「もうこんな言葉、今の若い人はこんな言葉知りはらへんやろうなぁ」と語ったのはアルバム「ボンゲンガンバンガラビンゲンの伝説」の浜田マリさんでしたがもっともっと古い唄なのにその映像まで脳内再生されることがあります。
タイトルは言うまでもなく鶴田浩二さんの「傷だらけの人生」ですが今日の記事に関係があるのはこの言葉だけです。
thumb_361.png

俺ぃらが社会に出た昭和50年代半ば、JCBカードやVISAカードが普及し始めたけどまだまだオンライン決済なんかじゃなくプレス機みたいなカード情報印字装置でカーボンコピー(これぞ正にホントのCC)して購買の数か月後に漸く支払い請求が届くというアナログ時代がありました。
まだまだ使えるお店も限られていましたが歓楽街のスナック(死語w)なんかはそこまでのツケを一掃できるってことで真っ先に取り入れました、おかげで呑んべの先輩のツケを引っ被ってエライ目に遭った記憶もあります。

その頃の記憶、まさに刷り込みですが頭を離れません。
支払いの当てが確定しないとカード決済に二の足を踏むんですが最近はカード決済じゃないとダメよんなんてサイトもあって中々大変です。
その昔のヤンチャがもとでカードが持てない知人が居まして困っているだろうなぁと思ったら無いならないで困らないそうです。