FC2ブログ
2018/10/31

何故それを後回しにするかなぁ【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
バイク用品のお買い物はどうしても欲しいものと必要不可欠なものの二つに分けられると思います。
後者はタイヤです、ほぼスリックのスポーツタイヤからライフが10000㎞を超えようかというツーリングタイヤまで選り取り見取りなのですが最近はそれほど特殊なサイズのタイヤを履くバイクも少ないので特定メーカーイチ推しでなければ履くタイヤがないということにはなりません。

ここまで書けば「またタイヤを後回しにして時計でも買いやがったか馬鹿野郎が」というお叱りが来そうですがそうではありません。
あの時の時計は丸一年以上を経て当たり前に使えていますがその代償に諦めたシューズは後回しでよかったのか何なのか車体側が2台替わっているという…。
mira-.jpg

4台前の初代アオ号のカワサキZX‐12RB2からベンベR1200Rのクロ号🄽を挟んで現在の愛馬のカワサキニンジャ1000のニーナ&ニック号までずっとカウルミラーだったのですがどの車種でも(危ないけど)走行中にミラー角度の微調整が可能でした。
バイク海苔なら判っていただけると思うんですが様々な走行シチュエーションにおいて後方確認を怠らないためにはミラー角度の微調節は必須です、後方確認を怠るとどうなるかと言えば物理的に危険なことは言うに及ばず、パンダさんの餌食になる恐れがあります。
ですが、ニンジャ1000のカウルミラーはアチコチのレヴューでお聞きの通りバッタの触角のように前方遠くに伸びているので走行中の調節は危険ですと言うより不可能です。

なのでコイツを導入することになりました、何故タイヤより優先かと言いますとこの商品は永く欠品で売り止めだったのです。
クランプを介したハンドルミラーは沢山ありますがハンドル径にあわせた専用品でないと小加工が必要で、カウルミラーを外した穴を塞ぐには絶対専用品でないとかっこ悪いので躊躇していましたがコイツが再販されたので飛びつきましたよ。

一瞬、ミラーだけ変えてミラーホールはステッカーで塞ぐことも考えましたが、どうせボルト頭が出るから専用品じゃないとヤだと駄々をこねたホールカバーはプラスチックの小片にM8の汎用ボルト4本付で6000円ほどします。

こうして、リアタイヤ一本分の諭吉が失踪しました、スポーツタイヤならリアどころかフロントタイヤも買えない価格ですが冒頭にも書いた通り、タイヤはまず無くならないけどこっちは再々販は絶望的なのであるうちに確保しておくことにしたのです。
2018/10/30

刺さったらどうするよ

こんちは、うぞうむぞうです。
記事を書く前に大きらいなドライバーの一人だけど死んじゃった人と今は見る影もない療養者であろう人のことを調べました。
ドライバーとしてはどちらも強すぎて他の追従を許さなかった…、ここが大嫌いな理由なのですがどちらも頭部に強烈な外傷を負って死亡したり、(おそらく)一生車椅子をドライブすることしかできない体になっちゃいました。

オートバイのレースにしたってそうですが異次元のスピードで戦う限りは己が命を或いは将来を担保にした戦いになります、必ず死んでしまうわけじゃないけど折角生き残ったのに愚かなトラックドラーバーに殺されたり、これから戦いの場に出ていく直前に跳びだしてきた莫迦のせいで死んじゃったりします、レースでのケガや命を失うことは自己責任の最たるものですが冒頭の二人に比べてあとの二人は死んでも死にきれないと思います。

さて、ここからが本題です(例によってナゲーヨ)一昨日の日曜にスーパーフォーミュラ2018鈴鹿ラウンドのフリー走行をTVで見てましたらエキシビジョンで2019年モデルの車両がデモランをしていました、遠景に見てなんか変なプロポーションだなと思ったのですがピットに帰ってきてドライバーが降りるとき、コックピットから出る際に目の前のバーを持って…、目の前のバーを持って(ゴシゴシ…、降りてきます。
1111-765x510.jpg
何だよ、あれ、開発途中車両なので…、外国から呼びつけた有名ドライバーの保険用にムリヤリ付けたのかよと調べると2019年シーズンから装着が義務付けられる「ハロ」というドライバー頭部保護デバイスなのでそうです。
mm_gundamhalo_06.jpg
確かにガンダムシリーズに登場するこの仔に見えなくもありませんが、この3点支持のチタン合金製のロールバーが正面からのクラッシュ時や車両の転覆、横転時にドライバーの頭部を保護するそうです。
デモ走行を務めた佐藤琢磨さんのレビューで「走り始めらたら気にならなかったよ」とあったんですが問題は(俺ぃらが勝手に思うだけでしょうが)真ん中のT字の縦棒です。
こんなの競技中に気にならないわけないし本当に真正面からクラッシュしたらカーボンモノコックのボディーから折れてヘルメットをバックレストに押し付けるギロチンの刃にならないかと思います。
そもそも壊れて正面から飛んでくるパーツをこんなもんでブロックできるんならあの人のヘルメットにサスペンションの部品が突き刺さることもなかったでしょうに…。

かつ、遊園地の電気カートみたいに不細工でフォーミュラカーのシルエットを壊しています。
WGPやKwskH2Rのウィングもそうだけど、後付け感満載のこういったパーツは格好良さと対極を成すものだと思うんですよ。
2018/10/29

スケール感が半端ないってよ【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
後篇と前篇の時系列が逆なのですが記事作成当日のウスラ頭がアルコールに支配されていたためです、悪しからず。
rion.jpg
記事を書くに当たり、ウィキさんに聞きましたがネイティブの大阪人はこの橋の事を「なにわばし」とは読まず「ナンニャバシ」と読むとありましたがそのまま平行に読んでも誰にも全く通用しません、にアクセントがあり、は呑み込み、ニャが少し大きく、全体としてV字型に読みますと言っても伝わらないでしょうがね。

この難波橋、写真の通り南北の橋詰めにライオンの石像があることから大阪人に「ライオン橋」と呼ばれることが多いようですが俺ぃらはこの辺に土地勘が全くないので詳しくは知りません。
某日ボランティア活動でこの橋の清掃に駆り出されてデッキブラシとスクレバー(金属ヘラ)で綺麗にしてきたのですが欄干もライオンの像も文化財的扱いなので触ってくれるなと言われました。
rose.jpg

橋の下には中之島バラ園が広がりますが季節的にちょっと違うのか花は少なかったです、唯一の写真がこの赤いバラのイングリッド・バーグマンでした、命名源は当然のことながらこの方ですが、ほぼモノクロ映画時代の名優なのに赤い花が彼女のイメージのように映りました。

写真右下は大阪証券取引所と正面の五代友厚さんの像です、大阪経済の礎を築いたお方ですが、受売りはすぐバレますなw、清掃活動の最中に通りがかりのお婆さんに「証券取引所はどこですか」と聞かれて判らず、周囲の同行者に聞いて「大阪で働いているくせに大証を知らんかぁ」と呆れられました。

さてスーパーイントロクイズの答えです。
村田英雄さんの名曲と言えば王将「♪生ーまぁーれぇーなにわぁのはっぴゃくやばしぃー」(生まれ浪速の八百八橋)とありましたが、対して時代劇のあの投げ銭の方の唄のサビの…、判んねぇかなぁーw
2018/10/28

スケール感が半端ないってよ【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
♪ちゃんちゃちゃっちゃ ちゃんちゃちゃっちゃ ちゃーらららあー(スーパーイントロクイズ、おわり)
いつも壊れていますが記事を書いている日は一層壊れてましたw、労働の後の一杯のつもりが気付いたら10本ほどのビール瓶と720㎖の焼酎瓶が転がってましたので相当イッてたと思います、もちろん休日のことでございます。
suke-ru.jpg

何の説明も無かったら普通の中華料理ですが写っているビールグラスやら手のサイズからして普通ではない量です。
最初に出てきたエビの天ぷらなんてそのテーブルに居た大の大人9人を2周してもなくなりませんでした、続く酢豚も鶏のから揚げも八宝菜も尋常ではありません、とどめはチャーハンで米1.5合分はありました。
このお店のシステムで一人一品注文したら、掛ける人数分が供されるようで「イヤなら他所を当たってくれよ」なのですが腹ヘリコプターMAXなのでチャーハンまで瞬殺でしたね。


これらをパクつきながら上記のアルコールを消費したのですがその前段の労働がきつかったんでビールなんて水のように呑んでましたよ、スーパーイントロクイズの答えは【後篇】で
2018/10/27

シェキナとチェキラ

こんちは、うぞうむぞうです。
この秋に樹木希林さんが亡くなって、元旦那で俺ぃらよりずいぶん前の世代の爺ぃロックンローラーwが話題を賑わしてますがコンビ片方死亡のフラグが立っているような気がして…、いやとても不謹慎ですな、でも俺ぃらにはこの元旦那がどれほど偉大なロッカーだったかは矢沢永吉さんの伝記がらみでしか知らないのですが自らも仰っておられる通り、今に残るヒット曲が無いのは疑いありません。
shekera.jpg

樹木希林さんのお葬式に喪主をお務めになられたようですが、結婚後の同居生活は1年半ほどだったとウィキさんに聞きました。
若かりし頃は勝手に離婚届出して裁判で無効とされたり、葉っぱで捕まったり、不倫相手をストーカーしたりやりたい放題だったようですが最近は寂しくなったのか年一回の面会が月一回の面会になり、お葬式の骨上げでは遺骨の一部を持ち帰ったとなっています。

別にこの人のことはどうでもいいのですが、ロックンロールミュージシャンなどの言い回しで下の二つがあることは皆さんご存知でしょう。

Shake it up Baby!(直訳:「もっとシェイクしようぜベィビー!」意訳:「ノリノリで行こうぜ」)
ネイティブ発音であればあるほどシェケナベイビーと聞こえます

Check it out!(直訳:「チェックしろ!」意訳:「おい、聞いてくれ!」)
これまたネイティブであるほどチェケラとしか聞こえません

この人の年代にドンドン近付きつつあるいま、俺ぃらにこれほどのエネルギーがあるかと言えば…。
2018/10/26

だ・か・ら・ぁ・どこへ逃げるんやと…、それも無作為に通知しやがって

こんちは、うぞうむぞうです。
かねてからの行政主導の「逃げてチョーダイ」メールに辟易しているのですがこのメールを受信したのは先月末の30日のことでした、まだ夜中や明け方じゃなかったのでいいのですが、突然マナーモードの制限を突き破って音量制限すら無視して大音量で鳴り響いたら驚きまんがな(怒
流石に記事公開時点では今年はあれほどの台風も来ることはないと思うんですけど…。

dokohenigerunn.jpg

「とりあえず通知しておけば俺たちの責任じゃないもんね」というお役人根性見え見えの伝達はやめてほしいんですよ、そんなもん知ったところでどうにもなりませんってばよ。

だいいち、俺ぃらの住む神戸の西の外れ周辺限定だって人口は3万人を超えます、70歳以上に限っても5000人以上です、どこへ逃げたらいいんですかねw

ケイカイ

などと書きながらアラートの凡例を見ていますと避難勧告のうえに警戒区域なんてのがありました。
台風で出るものではなく、火山の噴火や大規模な山火事の時にでも発令されるんでしょうが、退去を命ずるってアンタ…、しかも従わないと罰金または勾留ですってよ、首に縄でもかけて引き摺って行きますかいw

こんなもん希望者のみの通知にしてくれませんかねぇ…、万が一逃げ切れんかっても自己責任でイイからさぁ。
2018/10/25

引っこ抜かぁれて~戦ぁって~食べぇられて♪

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルは2001年発売の任天堂のゲームですが18年も昔のゲーム宣伝のBGMが頭の中を漂います。
hikkonukarete.jpg

例によって記事とは全く関係ない話題から始まりましたが、この夜もこの夜とて宴会ネタでございます、新人の歓迎会なのですが要するにどいつもこいつもただ呑みたいだけなのです。
この新人さんが配属されてもう2ヶ月が経つのですがこんなに遅くなったのには悲しい理由がありまして最近入ってくる中途採用職員ってのが試雇い期間も満了しないうちに次々辞めていくのでしばらく経過を見ないことには歓迎会の企画で予約したのに送別会になっちまっておまけにふうが悪いもんだから主役のはずなのにドタキャンされて只の飲み会になっちまうということが続いたからです。

そんな場面で出てきた料理の一つがこちら…。
IMG_40841514561561hotate.jpg
ホタテの海鮮焼きだと言いますが不思議なことに貝の身は様々な大きさなのに焼き鍋になっている貝殻は全部同じ大きさ…、要するに調理の都合でコンロに定数載っける事の出来る規格通りに取り寄せた貝殻で身の方は持ってきた時点で貝柱の表面に霜が浮いているというなんともな料理です。

当然ながら漁港近くの観光地で喰う生ホタテを焼いたものとはどエリャー違いです、いいところと言ったら身を引き外す手間がいらないことだけで貝柱は缶詰のホタテ水煮以下の味でしたよorz.
2018/10/24

今年も無罪放免

こんちは、うぞうむぞうです。
少し前に受けた胃カメラ検診の結果を聞きに行ってきました。
朝早くに行っても半日は絶対潰れるので午後から半日有休をとって行ってきたんですよ。

目論みでは13時迄の午前診時刻の終了前に駆け込めば待合室も空いてて、うまくいけば中抜けフレックスで職場に復帰できるかもという甘い予想は待合室の自動ドアが開いた瞬間に崩れ去りました。
12時45分だというのに待合室のソファーはほぼ満席です、どうやら午後診が始まる16時までの間に予約を入れて胃カメラ検診を受けようかというジジババお年寄りがワラワラとお待ちでございます、もうええんとちゃうんと思う気持ちを呑み込んで隙間のソファーに身をゆだねて待ちます。
大音量で流れてくるお昼のワイドショーの番組のクダラない内容をヘッドフォンでブロックしたいのですが呼び出しが聴こえないと困るので我慢して座っていました。
しかし、お呼びが掛かったのは座ってから1時間10分後でした、フレックスなんてとんでもない妄想でしたよorz.

お呼びが掛かって診察室に入り先生の診断を聞いて診察室の扉を閉めるまで30秒でした。
そして、待合室まで戻りながらふとソファの下が目に入ってんですがそこには諭吉さんが一枚落ちていたんですよ、ハダカでね。
真向いに医療事務のお姉ぇちゃんがいるのでどうごまかしても拾えないなと思い(正直にw)「お金が落ちてるけど」と言ったら事務室から出てきて「あらまぁ」と拾ったかと思ったらレジスターに仕舞いよりました(驚

ハダカ金のお札の落とし主なんて100人に聞いたら101人が「俺の、私の」と手を挙げるでしょう…、エライ売り上げ貢献ですよw
んで、診察会計の呼び出しで支払いに行くと「380円です」と言われました。
70分待って診察は30秒で支払いは380円です、1秒10円ですよ…。
ええ商売ですなぁ(言うまでもないけど皮肉w
2018/10/23

見たんかぁ~

こんちは、うぞうむぞうです。
三鈷の松の伝説ではございませんが超自然的能力を発揮すると室伏伝説も真っ青なことができるようですw
いえね、イチロ―伝説に並ぶ面白ページを探していたんですが中々無くって行き着いた先はやっぱりアンサイクロペディアだったという…w

さて、与太は措いといて、というてもこのブログの90%は与太で出来ているんですが自分の身に起きると笑ってもいられません。

mitannka.jpg

最近の迷惑メールですがアウトルックさんによって自動的に迷惑メールに分類されながらも大事なメールがあるんで一応、迷惑メールフォルダーも覗くんですがそれこそフォーナインの確率で「~longer]とか、「to night with me」なんてタイトルが並びます。
外国語のタイトルと外国語の本文は自動的に迷惑メールフォルダーに放り込むように設定してあるんですが日本語となると難しいようです。

このメールの発信元サイトはお仕事の用件登録で必要でメルマガ登録したんですよ、「何というタイトルのメールを発信するんだバカ野郎」と抗議したいところですが最近は発信者を騙るなんて普通にできるので内容は先の英文メールなのかもしれません。

いずれにしても、俺のが短いとか小さいとか「み・た・ん・か・ぁ」
2018/10/22

50勝は遠い昔か…

こんちは、うぞうむぞうです。
日産スカイライン2000GTR(PGC10)が公式戦で50勝(49連勝)したのは1970年から1971年のことだったそうです、さすがに俺ぃら10才の年で車のレースはおろか身の回りで関係ある車は市バスぐらいでしたよ、その市バスも前年まではトロリーバスだったというくらいモーターリゼーションとは無縁の少年時代を過ごしていました。

少し経って池沢さとしさん(現・池沢早人師)著のサーキットの狼でスーパーカーブームが起こったときは後継モデルのケンメリGTR(PGC110)さえ過去のモデルとなっていたのですが、GTR=国産スポーツの雄という図式が俺ぃらの中で出来上っていました。
燃費極悪のサバンナ勢に駆逐されるまでの短い栄光でしたがね。
18sgt-rd6-045.jpg
時は流れて現代、あれからほぼ50年の年月が経過してサーキットを走っているのはスカイラインではないニッサンGTRです。
それでも市販車じゃないNSXやレクサス、300クラスと名乗りながらレギュレーションの隙間をかいくぐって走っているインチキ電池グルマ、果てにはクンタックやらベンツやらがごった煮で競争している番組を久しぶりに見ました。

国際自動車連盟(FIA)公認の国際レーシングコースとなっていますがF1なんて絶対来てくれない(来るワケがない)田舎サーキットでの一戦でした、どこのコースのお話しかは伏せますがもうね、フルサイズのスポーツカーが走るコース幅じゃないですよ、エスケープゾーンの狭さに至っては公認レーシングコースの名を借りた市街地レース場ですよ、所在地は市街地じゃないけどw
もうねコースのパフォーマンスが車の性能を大きく下回っているとしか思えません、二輪とプロダクションレースコースに鞍替えしたほうがイイと思います。

とまぁ地元民にしてみたら噴飯ものの今日の記事ですが、レース内容は案の定しょぼいもので残り12周になってGT400のデンチグルマがエスケープゾーンのスポンジバリアに刺さっただけでフルコースコーションになりセフティーカー先頭走行になってGTRはそこまでのリードを吐き出さされて挙句に市販車じゃないNSXに逆転されました。

もっとも、競技自体がごった煮の上にウェイトハンデという訳の分からないコンディションコントロールで競争するという変な平等レースを続ける限り2000GTRのような車はもう出て来ないんだろうなぁと思いました。