FC2ブログ
2018/06/30

東へ西へ【今度は西へ篇その3】

こんちは、うぞうむぞうです。
「他人の美味しかった話に付き合うほどひまじゃねぇんだよ」なお客様、これでおしまいですお付き合いください。
全行程4日中3日が雨で最終日は雨と鬼ごっこをしながらの帰途でした、ちなみに大阪に戻ってきたら天気が回復してたという…。
IMG_3877.jpg
最終日の行程はまず松山城です。
市街地が城山のすぐふもとまで押し寄せているので取り付け道路を作る余裕がなかったんでしょう、登城はケーブルカーとリフトです。
一行の人数が多いので10分おきのロープウェイでは時間がもったいないとリフトで上がることになりました、こんなの若い頃のスキー場以来ですよ。
お城は市街地のど真ん中なので四方の景色はイイです。
IMG_3889.jpg
天守閣は本物と言っても江戸中期に再建されたもの、でも鉄筋コンクリートじゃないのでリアルです、当然ながら階段は急でお年寄り向きではありませんが登ってみる値打ちはありました。
IMG_3885.jpg
展示物に日本刀の重さ体験機ってのがありました、オカシイ人の凶行を避けるために分厚いアクリルケースの中でですが持ち上げることができました、といってもなんだか模造刀みたいなテカリかたでしたが…。
IMG_3871.jpg
十九歳と二十歳のアイドルに加え「よしあきくん」がいました、秀吉時代のお殿様も現代にマンガキャラにされるとは夢にも思わなかったでしょう。

雨と競争しながら金毘羅さんまで戻ってきました、到着時点では止んでいた雨に食事中に追いつかれ結局参詣は出来ませんでしたが石段の入口まではいきましたよ。
IMG_3901.jpg
右下の写真の通り、金毘羅さんの別名でもある象頭山の名前のもとになった頂上下の本殿も見えません。
それでも元気な連中はせっかくだからと上がったそうですがそんな元気どこにもありませんでした。
IMG_3906.jpg
バスの駐車場まで引き返す途中に限定という言葉にめっぽう弱い山の神さまのためにこの旅程何回目かの土産物タイムです、この度の四日間で諭吉が一枚財布から失踪するという散財でした。
2018/06/29

東へ西へ【今度は西へ篇その2】

こんちは、うぞうむぞうです。
道後温泉の夜です、ここしばらくの御乱行に加え、悪化する一方の風邪から来た鼻炎でゴミ袋はエライことになってますorz.
IMG_3852.jpg
お宿は道後温泉でも屈指の名宿と聞いていましたがふいんきも最高です。
これまた残念なのですが、体調の心配もあって食事前の入浴は出来ませんでした。
まぁ朝湯があるさと風呂にも入らずに寝て翌朝入浴可能時刻になるのを待ち構えて行ったら爺ぃが数人浮いていました、なんであんなに朝が早いんでしょうか。

時刻は戻って夕食です。
IMG_3855.jpg
これまた豪勢です、こんなのばっかり喰って何がダイエッターでしょうw
クーラーが効きすぎて震えながら焼酎のお湯割りを煽っていたらあっという間に酔っ払いました。
IMG_3859.jpg
こんなのもあったんですが保守的な俺ぃらはどこにでもある芋焼酎を呑んでました、ほんまに器のこんまい(ちいさな)おっさんですw
IMG_3870.jpg
明けての朝食は正統派旅館の朝ご飯、流行りのバイキングじゃないのでワサワサしていなくっていいです、食べ過ぎませんしね。
未だ最終日の行程があるので【その3】に続きます。
2018/06/28

東へ西へ【今度は西へ篇その1】

こんちは、うぞうむぞうです。
金曜日にミャーミャー県に行き土曜日に帰ってきたところなのに日曜日の朝からは坊ちゃん県に向かいます。
IMG_3831.jpg
同じ様な写真ですが手抜きではなく明石海峡大橋と鳴門海峡大橋です、この二つの橋の間の所要時間はほぼ一時間だそうですが、観光バスならばという注釈が付きますよねと書いていますが運転手さんも出発したばっかりで元気なのかファミリーカーをバンバン抜いて行きますw、俺ぃら歴代のビッグマシンでの所要時間にひけをとらない時間で淡路島を通過しましたが雨に向かって走っているので天候は悪くなるばっかりです。
IMG_3833.jpg
昼食はすだち県のほぼ真ん中のサービスエリアです、この県の名物の踊りのデモンストレーションをやっていましたがドロドロした大人の事情で今年の夏はメインイベントの総踊りが中止になったそうです。
昼飯を食って腹一杯になり眠気がさしてきて気付いたら坊ちゃん県に着いていました。
最初の目的地は坂の上の雲ミュージアムでした。
よくある地方の博物館ですが考古品の展示は少なく秋山好古・秋山真之・司馬遼太郎に特化した場所でしたね、館内はほとんど撮影不可だったので窓からの景色を一枚いただきました。
IMG_3840.jpg
博物館を出てふと見ますとホンダS800が居たので1枚戴きました、どうやら動態保存じゃなく、保存状態も良くなかったですね、ビルオーナーの個人資産なのでしょうか。
前篇では割愛しましたがお土産も大事です、週末をすべて潰しての御乱行に手ブラでは帰れません。
IMG_3849.jpg
道後温泉のランドマークと言えばここ道後温泉本館です。
あの油屋のモデルにもなったと言いますが、もうね凄い混みです、芋を洗う趣味は無いので写真だけでおさらばでしたw
2018/06/27

東へ西へ【東方篇その2】

こんちは、うぞうむぞうです。
まぁまぁの天気だったのは一日目だけで二日目の早朝は土砂降りでした。
この週の始めに引いた風邪の具合がどんどん悪化して絶不調だったんで宴会も早々にぶっちぎり、部屋に帰って寝てたんですが雨音で目が覚めましたよ、土砂降りの中ではありますがこの宿の売りという上階の見晴らし風呂に入り温まってから朝食を食べました、同行者は昨日の夜の酒が過ぎたのか朝食会場もまばらです。
IMG_3805.jpg
ミャーミャー県は嫌いだと言いながら企画にクレームを付けなかったのはココが目的地に入っていたからです。
京都の鉄道博物館と同じような展示形態です、ココにはリニアモーターカーの速度が疑似体験ができるというシミュレーターがあるというんで期待していたんですが当たり前ながら時速500キロの向かい風が吹くわけはなく正面のスクリーンで視覚的に体験するだけでしたよw
電車でGo!の本物がありました、100円だというのでちっちゃなお友達と一緒に並びます、周りを見ても並んでいる大人は保護者の他は俺ぃらと同じ臭いのするオッサンだけですw

それにしてもさすがは日本一の都会田舎県です行程の9割は高速道路か有料道路でした、バスの中に充満する昨日の酒の匂いと共に眠りに引き摺り込まれて気付いたら大阪まで帰ってきてました。
2018/06/26

東へ西へ【東方篇その1】

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルの通りなんですが出張じゃなく研修に名を借りた旅行で週末に前後の有給休暇を加えドタバタしてきました。
まずはみゃーみゃ―県へ…、バスが発車したかと思ったらラインの着信がありました、お土産の請求ですw
IMG_3784.jpg

思いっきり喧嘩売っているようにしか読めないかもしれませんが行先のみゃーみゃ―県は大っ嫌いな場所の一つです、もう30年ほど前のことでまだセントレア空港が無かったころ小牧空港を利用したんですがニャゴヤ駅経由で空港に向かう時点でこの街の交通は無法地帯だと思いました大阪の運転マナーの悪さも比較になりません。
たまたま空港連絡バスの前の方に座っていたんですが悲鳴が漏れそうな場面を数回経験した挙句、空港のバス専用ロータリーに不法に乗り入れた地元半グレvs交通整理爺の罵り合いにこの街は終わってるなと思いましてそれ以降近付きたくもなかったんですが企画者が決めたんでしょうがありません。

文句を言っても仕方がありませんバスはズンズン進みまして最初の目的地に到着しました。
IMG_3791.jpg
豊田市にあるトヨタエコフルタウンという場所です、内容的には小学校の社会見学向けってところですが展示館の外にはヤマハの電動バイクがありました。
一充電でほぼ一日乗れるようですがこんなのに乗るくらいなら…、メガスポをしのぐスピードが出るとしてもお断りです。

写真をホームページから無断転載しておいていうのもなんですがセグウェイのパチモンがいましたw
‌gleto
コンパニオンのお姉ぇさんに「セグウェイとどこが違うんですか」いぢわるなつもりの質問をしたんですがそんなこと聞かれ慣れているようで「タイヤの直径と最高速度が違いますと真顔で応えられました、どうやら世界有数の自動車会社のくせにプライドとか倫理という言葉は持ち合わせていないようですw
パビリオン見学より系列の住宅会社のモデルルームの見学時間が長かったです、有り余る敷地に立派なモデルルームが数軒並んでいましてどれもこれも安リーマンじゃ買えるようなもんじゃありません、建物だけで5千諭吉だそうです。
IMG_3793enkai.jpg
夜は模範的な宴会料理、どれも美味しくって食べ過ぎましたよorz.
2018/06/25

某日、メリケンパークを漂う【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
家族連れのクソガキお子さまの嬌声と耳を塞ぎたくなるような東洋語でカオスのカワサキワールドから早々に脱出してメリケン広場に出てきました。
外も一緒でしたが何であの国の皆さんはあんな大声を張り上げて会話しないと気が済まんのでしょうか。
「わぁたしの言うこと聞いて」「「いんやいんや俺ぃらの主張こそ最高」みたいに聴こえるんですよ、外であれだからもし〇オパレスのアパートに民泊でもされたら隣人は溜まったもんじゃありませんなw
p-tower-view.jpg

ちょうどそんな団体がどっさりと吐き出されてきたので今がチャンスと久々のポートタワーに上がってみます。
少年の頃、うどん県から出てきて登ってみた景色と同じなのは六甲山系のお山の緑くらいです、あの日廃墟になって「まるで温泉街(おんせんまち)に来ているようです」とあなたが宣われた神戸の街はこんなに復興しましたよ畜氏さん

この時の展望台は奇跡的に空いていまして一周のパノラマが綺麗に撮れました。
それにしても展望階に上がるなり「何名様ですか?」と聞いてくるBBAがいて、素直に独りですと答えたら華麗にスルーされ「なんだよあれ」と思ったら後続の数人の観光客に「神戸の海をバックにお写真はいかがですかぁ」とやってました。
デジタルカメラとプリンタの進歩で撮影後すぐに製品にできるという商材のようです、俺ぃら的にはうっとおしいのでまとめて海にでも投げ込んでやりたいくらいです。
lohas.jpg
下ではロハスミーツが開催されていました、お嬢が中学生のころに明石公園で開催されていたのを観てから事あるごとに伺っているんですがだんだん大きくなって「ちょっと違うかな」と思うようになりました。

ロハスミーツの屋台は冷やかすものの何も買いませんでした、ケチなのもありますがイベントが大きくなりすぎちまって商業ベースとしては成り立ったものの初期のコンセプトは完全に失ってます。
S__7610391.jpg
会場では何も買わなかったのに不思議なことに帰りの電車の中ではこんなものを・・・w
嫌だね、電車の中で飲るようになったらモノホンのアル中だねw
2018/06/24

某日、メリケンパークを漂う【中篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
バイク海苔人口がどんどん減っていると言います、俺ぃらの回りでもビッグマシンに乗っているリアル知人は片手さえいません。
それどころか普通自動車免許をもっていない若者が入社してくるようになりました、そんなもの持ってて当たり前という時代じゃなくなったんですな、カブ110のミドリさんを停めている駐輪場の自動二輪置き場はおうちで居場所のない大型バイクとオトーサンの住処です、恐らく(想像ですが)リアシートに括りつけられた大型バッグの中には装具一式が仕舞われているんじゃないでしょうか。

ベンベのクロ号🄽からニンジャ1000のニーナ&ニック号になって猫の額ハウスの駐車場にずいぶんゆとりができたのですがやはり家族輸送機(ミニバン)の鼻先はカーポートの屋根からはみ出しています。

さて、カワサキワールドで(俺ぃらは)見たことが無かったバイクに遭遇しました、ニンジャ400です。
NINJA_400R.jpg
俺ぃらのイメージの中のニンジャ400はコチラだったんですが、つい最近大幅なモデルチェンジがあったんですね、特徴的なリアサス周りが内蔵化されてというかこっちがあるべき姿だと思うんですがハンドルも低く400ccクラスにしては随分小さく見えます。
ninja400.jpg
それもそのはず、ニンジャ250の車体に398ccのエンジンを積んだバイクのようです。
もうこのクラスにインラインフォアのエンジンを望むのは無理なのは判っているんですが、排気音を聞くとなんとも…。
流石にライバルメーカー共々ツインになった現行型はイイんですがシングルで出してきたころは驚きましたよ、むこうからカウルの付いたレプリカバイクがSRの音を立てて走ってくるんですからwww

ちなみにこいつも含めて(いやンダは別格ですが)諸費用込みで80諭吉を超えるんですからなんともな時代になったものです(泣
2018/06/23

進歩のない生き物【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
まだ大阪北部地震からたった5日しか経ってません。
阪神淡路大震災をリアルで体験して唯一「助かったぁ」と思えたことは会社の独身寮に住んでいて「護るべきものがいなかったこと」
だから早朝から深夜までの復旧作業にも頑張れたんだとおもいます。
そのわずか2年後には人の親になり、地震じゃなくっても全力を挙げて山の神さまとお嬢を護るべき立場になったのですが意識の違いはただそれだけです。

さて、タイトルの進歩のない生き物とは何でしょう。
何かあるたんびに空の上からグルグルと同じような画像を垂れ流し続けるヘリコプターです。
もうね、警察と消防と自衛隊のヘリコプター以外上空飛行禁止にしてもイイと思うんですよ

ネットのウソ書き込みの一つに救出作業中の自衛官だったか警官だったかに「今、何が必要か」と問うたら空を指差して「RPG」と言ったというのがあります、それほどまでに五月蠅くって邪魔なんですよ
しゅざい

プールの擁壁が倒れてきて下敷きになり亡くなった女の子はもう可哀そうとしか言いようがありません。
だがしかしその後の緊急点検の様子が映しだされていたのを見ると、テストハンマーで聴音するのはまだしも片手でぐいぐい押している場面がありましたよ。
「片手で押して倒れるくらいなら地震で倒れてるわいな、アホとちゃうかと」
tennkenn.jpg

ガスがでないと困っている高齢者のおうちでマイコンメーターを復旧して大金を捲き上げたというニュースも新聞に載ってました。
まったく、人間っていうのはどうしようもない生き物です。
2018/06/23

某日、メリケンパークを漂う【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
あぁ、もちろん神戸メリケンパークの海で泳いだ記事ではありませんし、何もかも…。

な書き出しの先日の記事とは異なりチョットはバイクカテらしい記事を書いてみました。
p-tower.jpg
某日梅雨入り前の日曜日、所属する某団体のお手伝いで神戸メリケンパークに出掛けてきました。
アッサリと役目が終わったので目の前の神戸海洋博物館に久しぶりの入場です。あ、もちろん目的は併設のカワサキワールドです。
S__7610371.jpg
久しぶりにカワサキ海苔に戻れたのでというか元々カワサキには何にも思い入れはなかったのですが大型自動二輪免許を取得するために通った今は亡き教習所の使用車両がゼファー750だったというそれだけの理由でカワサキがイイと思っているだけで一度は群れてみたものの己が技量の低さに絶望してボッチの盆栽家になっているだけです。
h2.jpg
ちょっと前までの出っ腹じゃハンドルに手が届かなかったのではないかという現行最速車種のH2です、まぁ解説するまでもないので数枚続きます。
z1.jpg
もはや、ある意味手が届かないZ1です、手が届かないという意味はもちろん上とは違ってノーマルで上質な個体はH2の価格に迫ろうかという勢いです。
h2r.jpg
こちらはご先祖様のH2、750SSと脱いだH2Rです、先号のカワサキバイクマガジンの記事で超フリークな方がH2を買って外装やらをコツコツとH2Rのものに換えていったけど「H2はH2Rになり得ない」とモノホンのH2Rを買っちゃったとありましたが凄いですね、アキラのバイクの記事じゃないけど趣味ってものはあらゆる障害を乗り越えるんですなw
kz1000.jpg
マシンにその名を遺す(もちろんご本人は存命ですが)ローソンレプリカのマシンです。
レーサーの方は今のストリートバイクより遅いんじゃないかと思うくらい重そうですがカーカーのマフリャーの音なと聞いてみたいものです。
ところでエディー・ローソンさんってまだ60才になったばかりなんですな、そしてイメージがカワサキの人みたいですが実は色んなメーカーのバイクを駆っています、ウィキさんに聞いたらキャリア末期にはホンダのマシンで鈴鹿8hに出ています。

だらだらと長くなったんで【中編】【後篇】に続きます、後篇はバイクと関係ありませんがw
2018/06/22

ビフォー・アフター【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
ネタに困ってタイトルまでどころか記事カテゴリーまで弄りますかそうですかw

先日、初夏にしては日も落ちてそこそこ暗くなるまでニーナ&ニック号で走っていた時のお話しです。
俺ぃら的には初めてのアンテナ別体式(インジケーターがアンテナユニット一体)のETCなのですがメーターに目を落とすとETCカード認識の緑色LEDが丁度視線に入って鬱陶しかったんですよ。
antena.jpg
そこで赤丸の場所に貼り付けてあったアンテナユニットを白丸の位置まで下げてみました。

このLEDはETCゲート通過の直前にだけ確認できたらいいので普段の走行中は消えていていいくらいです、よって移設後の乗車確認で「何か光っている」ぐらいの場所まで下げてみました。
ゲート通過は試していないけどアンテナ面が垂直に近付いたんで反応は充分のはずです。
先日の失踪ツーリングで試してみたらどこのゲートも無事通過できました。