FC2ブログ
2018/01/31

こんなものが・・・

こんちは、うぞうむぞうです。
昨年の年末に注文していた部品がようやく到着しました。
pakkinn.jpg
右が旧品で左が新品、蓋のプラスチックに嵌め込んであるゴム輪のようなものと予想していたんですが、このようにお椀型の部品でした。
旧品の方は裏側がブレーキフルードにずっと浸かっていたもんでずいぶんと膨潤しています。

ゴム加工品はあらゆる場所とシチュエーションに於いて「漏らさないように」「内容物を保護するために」用いられますがメーカー欠品ならいざ知らず車体販売後も一定の期間は保有しておかねばならずその保管コストだってバカになりません。
こんな部品が送料消費税込みで2050円もしました。

ブレーキやクラッチの作動液が漏れて塗装部分に付着すると塗装面を急速に痛めるといいます、チョイと昔の犯罪ニュースにありましたが悪質な悪戯としてこの液を他人の車にぶっ掛けるなんてことがありました、漏れるんでもドバっと漏れたらあわてて水で洗い流せばいいんですけどジワジワと、しかも見えない角度から漏れていると気付いたら腐食がとんでもない面積になってたなんてのも困るもんで交換しましたが、恐らく同じだけの年月が経過しているはずのクラッチフルードタンクやリアブレーキのフルードタンクのもまさかの欠品の前に交換しておいた方がよいのかもしれません。
2018/01/30

22才の別れ♪【番外篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
登録がかなった新、カブ号に会いに行ったもののキーは受け取れず、おまけに外はミゾレ混じりの小雨でクロ号🄽にも乗れない日曜日でした。
おうちに帰っても用が無いので店員相手に要らんこと喋ってたら目の前にソイツはいました。
RZ350.jpg
ヤマハRZ350です、まさにこの写真の車両でした。
外観は綺麗でキャブレターの粉吹きさびもなくエンジンシリンダー周りにも錆はないというか綺麗に耐熱塗料でリペイントされていてハンドル周りのスイッチ、特にキルスイッチなどのカラー部品の色も艶があります。

モノの値段を知らないもので「これいくらなん?値札ないけど」と聞いたら「車両価格90諭吉です」と言われましたよ。
1981年から1984年ごろのモデルだそうで最新としても35年前のバイクです、もはやクラシックカーの部類ですなといいつつグーバイクさんに聞いたらこんなのが出てきました。
写真はベース車だそうでさらにフルレストアした価格がなんと184諭吉ですってさw

サーキットの狼を描いた池沢早人師(さとし)氏の漫画でたしか週刊プレイボーイに連載されていたと思うんですが街道レーサーGoってのがありましてその主人公の愛車がこのバイクでした、「アールゼットサンハン」と呼んでいたと思います、今から思うとダッサイ呼び方ですなw

よくご訪問いただく読者さんの記事にコメントしたんですが、これより古いヨンフォアなんて値段が有って無いようなものの部類です、不思議なことにいまだにパーツが供給されるというお化けですな
かわって、このRZさんエンジン回りのパーツは出るんでしょうかね…、まぁ貧乏人が心配してあげる事じゃないけどねw
2018/01/29

22才の別れ♪【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日の記事を書きながら伊勢正三さんのベストアルバムを聞いていたら涙が出てきて止まりませんでした
赤いおじさんの店にドナドナされていく現、カブ号ですが恐らく手を入れられることもなく業販のオークションに流されて1台単位ではなくトラックの荷台一杯で買い付けていく廃品回収バイク屋のバックヤードで朽ちて行きながら部品取りのドナーにされるんでしょう
S__565250.jpg

先週一週間は保険の書き換えのために仮ナンバーを付けられていたのですがその姿ともお別れに新型カブ号がやってきます。
2.2倍の排気量になりますのでデブライダーを載せても快適に走っていくんでしょうけどホンダの設計陣は何を考えたんだか左グリップに走行時に操作が必要なスイッチを集中させています、確かmade in Chinaになる前の国産最終モデルまでは「ソバ屋の出前のおっさんが左手に岡持ち提げても右手一本で走行できるように」と主要スイッチが配置されていたと聞きますし、これまでの愛車だった現、カブ号もそうでしたが真逆です、ソバ屋の出前には使えませんねといってもきょうび片手に岡持ち提げてる奴なんて見ませんかw
handle.jpg

そんなこたぁ判り切っていたんですがプラスチッキーですw、車体の色艶はあっという間に失せるんでしょう。
こんな部分が樹脂なんですがガソリン補給時に溢しちまったら溶けませんかね?
seat.jpg

現、カブ号はバッテリーがダメでもキックスタートで走行できましたが、新カブ号はどうなんでしょうか。
電子制御なので規定電圧を下回ってたら押し掛けもキックスタートもできないと聞きましたが・・・。
number.jpg
それにしても運のない男ですwナンですかいなこのナンバーw
あと3台登録が速けりゃ61000なのにプラス3ですか、ある意味一発で覚えましたがねw

外観ばっかりのインプレですが実をいうと本日の時点ではまだ乗れていません、というのも登録は完了して自賠責保険の書き換えも済んでいるんですが銀行融資の振り込みが本日でして法的な名義は俺ぃらでも所有権が移転していないのでキーを受け取っていないのです。
2018/01/28

22才の別れ♪【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルはかぐや姫から風、そしてソロで活動しておられる伊勢正三さんの名曲です、50歳代以上70歳代未満のオッサンで知らない奴がいたら若かりし頃の感受性ゼロ…、当時パソコンゲームなんてないからオタク野郎でもなく相当のモテない君だったに違いないと断言します。

当時、1960~1970年代はフォークブーム真っ盛りで吉田拓郎さんや井上陽水さん、遡ると泉谷しげるさんなどの歌声に憧れて多くの若者がフォークギターにチャレンジしましたがそのほとんどが「F」コードに挫折して安くはなかったフォークギターが部屋のオブジェと化したと思われます、もちろん俺ぃらもその一人ですw

さて、本日も例によってタイトルと記事内容は「22才」しか関係ありませんw
cub110.jpg
昨年10月に注文した国産新型スーパーカブがようやく赤いおじさんのお店に入荷したという連絡を受けて正式契約に行ってきました。
ヘッドライトはLEDだそうです、昼間なうえにまだバッテリー端子も繋いでいない状態なので試せませんがどんなもんでしょうか。

今乗っているカブ号はお嬢が生まれた年に義母が購入し、しばらくは山の神さまの実家の車庫で眠っていたものを戴いた車両で、何回か記事にした通り、22年間で13000㌔くらいしか乗っていないものですがやはり経年劣化は隠せずフロント部分のどこかにピヨちゃんが住み着いていますし、バッテリーを替えてもセルスターターが回らない、ウィンカーが偶に点滅しないなど不具合を多数抱えておりましてこの辺が潮時と判断しました。
cub050dx.jpg
「一つだけ、こんな私のわがまま聞ぃてくれるならぁ~♪」
スクラップにされずにどこかで誰かに乗っていただきたいものです。
2018/01/27

今年も家族無事でありますように2018

こんちは、うぞうむぞうです。
先週までの一月中旬はとても暖かく、その前週に各地の豪雪…、北陸では電車の中に十数時間閉じ込められたとか冬ならではの災難が続いたのことを忘れさされるような陽気でした、今週そのカタキを取られたのはご承知の通りです。

雨に濡れても寒さを感じないくらいだったりコートが邪魔になるくらいだったのは何だったんだと震えておりました、こんな時ばかりは事務屋になったことを喜んでおりました。
そんな先週の週末に恒例の初詣、我が家は松の内には出来るだけああいった場所に行かないことにしています、高い確率で風邪やインフルエンザに罹患するんでね。
mondo.jpg
そういいながらも例年一月半ばには済ませていたのですが、その前週は義母が体調不十分だったので一週間延びました。
大祭も済んだと言ってもまだ一月なので結構な人出です、三が日ほどのこともないけど周辺の住人にとっては迷惑なこってす。

ここは門戸厄と云いながらも正式名は松泰山東光寺でお寺なので、神社お参りのように「二礼二拍手一礼」の作法は不要ですが何人かはお間違いされてました。
mondomiyage.jpg
いつものように厄除けまんじゅうを買って次の目的地…、毎度のことでもはや定点観測な気もしますがいつものスパゲティやさんです。
tantoo.jpg
丁度お昼時で超満員、隣の姉妹店のピザ屋さんにまでハミ出ています、スパゲティ―専門店も普通にみられる昨今ですが通い始めた頃、約40年前はカウンターと小さなテーブル数脚だったお店ですが両隣を吸収して大きくなってます。
ここに来たら「ナスベーコンスパゲティの大盛り」(写真左上)と決めていますが今回は隣の姉妹店であるピザ屋さんに誘導されたのでお店に気を遣ってマルゲリータを追加注文しました。

ただね、昨年ぐらいからなんですが大盛りが喰い切れないようになってきました、残すのも失礼なのでムリヤリ喰うんですがあとがしんどいですw
2018/01/26

オトコの矜持

こんちは、うぞうむぞうです。
バイクを選ぶときに…、いや新車のお話しじゃないのは語るまでもないセコハン人生なんですが、ショールームで舐めるように眺めバイク雑誌やネット記事などの試乗記を参考にしてニューモデルを選べる方を羨んでも仕方ありません。
何度も書いていますが、俺ぃらの愛車の選び方はリセールバリューを見込んで探してもらった候補の中から選んだ最終候補の中からスペックや扱いの難易度についてほぼ10年前のネット記事を漁って決めています。
最終的には店頭まで引っ張っていただいて決めるのですがそこで断ったことは今のところ1、2回です。
交際じゃなく結婚なのでウマが合わないマシンとは添えないのでね(愛馬だけに…、ヤカマシイワw)

さて、今の愛馬であるクロ号🄽ですが、上のように熟慮して選んだんだけど今まで選んだことの無いツアラー風の外観になかなか馴染めないでいました、特に感じたのがココです。
キョウジ
充分なというか人並みの脚長がないうえに足が太い俺ぃらは候補選択に当たってもう一つというか重要なファクターがあります、上では説明していませんでしたが「脚付き性」です。
アカ塗りの部分の凹みは短足にとっては有難い…、BMWモトラッドジャパンさんもそんな最大公約数のオーナー候補のために本国仕=スタンダードより30ミリもシート高が低いものを純正品としています。

low.jpg
しかしこの凹みを真横から見ると、 の字が上向きに横たわったように見え、オーナーが自ら短足だと公表しているようなフォルムになるのが嫌だったんですよ。

パラレバーというよく判んない(今まで乗ったことの無い)仕組みのフロントサス周りに組み込んであるというローダウンキットのためか前下がりになっていることもフォルムを崩す要因の一つです。

この凹みを埋めるためには潔くオプションのハイシートにしてしまえばよいのですが、今更脚が65ミリも伸びてくれるわけもなく、アンコ盛りで試してみるかと悩んでいるところなんですよ。
2018/01/25

壊れっちゃった代償

こんちは、うぞうむぞうです。
記事カテゴリの「酒・或いは気違い水」の名の通り、度を過ぎなければ美味しく気分高揚にもなるお酒ですが、そいつが過ぎると壊れちまう奴が多々います。
普段地味なのに急に饒舌になったり、カラオケのマイクを持ったら放さなかったり、急に脱ぎだしたり・・・、最後のはあんまりいませんがw、壊れ始めると雪崩が加速して制御不能になっちゃうのもいるようです。
kowareta.jpg
例によって未来日記なこのブログですが、丁度今日くらいに優勝争いに決着がつく大相撲初場所の結びの土俵にこの人はいません、これまでの業績を忖度しての温情処分という声がありますが次代襲名者の目途が立っていないんだろうとも思います。
2018/01/24

おーい中村君♪

こんちは、うぞうむぞうです。
安易に考えてタイトルにしたもののウィキさんに聞いたらなんと60年も前の唄でした、さすがに俺ぃらは生まれていませんw

んでタイトルと記事がどんな関係かと言うと俺ぃらの行動半径の狭さです、歌詞の冒頭に「伝書鳩でもあるぅまいに♪」と唄われていますが伝書鳩のように決まった経路を通っております。
移動距離は京阪神一円で結構長いもののそのほとんどは列車での移動で立ち寄るお店も限られてきますものでお気に入り商品が売り止めや品薄になるとなかなか手に入らなくなります。
kaishime.jpg
今回の入手困難物はコレです、ただのミントタブレットなんですけど一回気に入ったらなかなか他ブランドを持っても代えがたく、わざわざ余分に歩いて行動圏外のコンビになんかを訪ねても無い時には一向に有りません。

と言うことで見つけたんで余分に買っておきましたがすぐ追加購入することになってしまいました、何だか依存症みたいですw
2018/01/23

結構貯まった

こんちは、うぞうむぞうです。
過去ログの残骸(なきがら)【後篇】で始めた100円玉貯金ですが、これほどになりました。
100enn.jpg
塵も積もれば山となると申しますが、始めてから4ヶ月ですから結構貯まったもんです。

もっとも、前篇の方と違って100円玉なので一杯になっても知れてますが安いヘルメットぐらいは買えるかなと言うぐらいです。
元々、度が過ぎて猫の額ハウスを叩き出されたとき用の貯金ですがこれくらいじゃネットカフェ3日分ってとこでしょうかねw
2018/01/22

ロ・ウ・ガ・イ

こんちは、うぞうむぞうです。
限界集落的な拙ブログも世界中であることないこと囀っているバカッターもそうですが多くは自己責任において作成していますからアフェリエイト以外の収入はありませんし、読者さんの気に障ったらたちまち「祭り状態」となり炎上騒ぎとなります。
それなりに気を遣ってオブラートに包んで自分の主張をしていますが読んでいただけなくっても何の得失もありません、もっとも自己満足っていう利点はありますがね。

転じてプロ作家となりますと、あることないことを冊子に仕上げてそれが販売され売り上げの一部を印税として…、あるいは原稿料として得て糊口をしのぎます。
読者の評価が悪いと出版依頼も原稿依頼も来なくなって埋もれていくことになりますが「何とかもう一度復活を」という色気はあるようでドラスティックな記事を書いて注目を浴びようとします。

肩書だけでも両手に余ってお持ちなのに欲の皮のツッパリを緩和する能力はないようですなw
--------------------------------------------------------------------------------------------------
ロウガイ
--------------------------------------------------------------------------------------------------

2020年代末には団塊の世代が世を去ると書いておられますが、ご本人はそれよりも一回り年上でご主張通りならまさにご自分がくたばっていてもおかしくない2018年にまだ現役で在られて無責任なことを記事に書いて世間を煽ります。

あのさぁ、シロートじゃないんだから責任を持った記事を書いてくださいよ、東京オリンピック後に大不況が訪れて医者が余って…。
夢も希望もないじゃありませんかorz.