2017/08/31

河童がカッパのKAPPAを~♪【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日の記事でKAPPAトップケースの鍵が壊れた件を書きました、さっそくカブ号に乗ってオイル交換に向かい作業の間にGIVI(ギビじゃなくジビ)の展示コーナーをウロウロします。
どれもこれも同じようなのに容量の違い以外にも何かあるのか価格は上限3諭吉超から1諭吉弱まで様々です、一諭吉弱のは小型スクーター用だなと候補から外したのですがあとは全部黒いのも同じ、デザインもほぼ一緒で違いが見い出せません。

もうひとつかなぁと展示コーナーの下段を見ると鍵のアッセンブリーがあります、キーシリンダー破損時の交換用のようです。
何となく形状が似ているのでひょっとしたらどっちかのOMEと違うかと鍵壊れのKAPPAから外したシリンダの写真と見比べるとそっくりです、これはいけるかと出直してカウンターに行き比べさせてもらったら全く同じ寸法でした。

21558466165156.jpg
一つ目の商品の価格は0.1諭吉少々で、目を付けた商品の価格は0.2諭吉、上級モデル用の内溝キーでした、ベンベのメインキーと同じタイプなので、ただそれだけの理由でこちらを選びました(コノヘンノセイカクナントカナランカw)

おうちに持ち帰ってキーユニットに合わしてみたら全くの同サイズ同形状、やはりどっちかがOMEなのだなとよく見るとキーユニットには…。
21561487648764.jpg
くっきりとPATENTED BY GIVIの刻印があります、そうコッチ(KAPPA)がOMEのようです、確かにGIVI商品の一群とそっくりでした。

というわけで合い鍵屋に頼んだら(あったとして)一本0.1諭吉以上のところが全部サラになって0.2諭吉です。
お得感もあったし、構造も理解できたし結構充実した半日でしたとさ。
2017/08/30

河童がカッパのKAPPAを~♪【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルは嘉門タツオさんの随分古い曲の歌詞ですが、記事内容はバイク用品です。

BMWR1200R(名前はまだない)に乗り換えたとき、赤いおじさんのお店に到着した車両を見て「サイドバニアだけなの、トップケースは?」とゴネたらその辺に転がってたケースを付けてあげるというので、小汚いけどまぁいいかということで交渉成立…。
IMG_297553464561.jpg
メーカーはイタリアのバイク用品会社のKAPPA、埃まみれだったけど洗ったらそれなりでしたが納車日にカギを開けようとしたらパキッと柄が折れました、もう一個のカギも矢印の通りクラックが入ってます。
こんなの危なくって使えねぇやと近くの鍵ショップに複製を頼みましたがブランクキーが無いのでできませんと断られました。

「まぁいいやメーカーに問い合わせるか」とネット検索したら日本語HPなし、日本での取り扱い商社も判りませんということでロフトの肥やしになるかこのままオク放流かこの秋超絶暇だったら会社の工作室で適当なキーヘッドにハンダ付けしてやろうかといったところでした。

ちなみにネット検索の万能を称する合鍵屋さんの口上によれば3000円程度で出来そうなのですが、ウェビケさんではトップケース新品が約1諭吉、アタッチメントを入れても1.5諭吉なので鍵の購入計画はこの時点では没だったのででございます。
2017/08/29

記者ポッポ

こんちは、うぞうむぞうです。
とうとうヘッダーまで誤植にして注目を惹こうとしますかそうですか。
汽車ポッポの唄は何と兵隊さんを見送る戦中歌だったそうです、知りませんでした。
「僕らを乗せてシュッポシュッポシュッポッポ」の部分が「兵隊さんを乗せて…」なうえに「走れ、走れ、走れ…」の部分はなんと「万歳、万歳、万歳」だったそうです。

諸説ありますが太平洋戦争の切っ掛けとなった日中戦争は昭和12年の開戦で表題の元唄は昭和13年の曲です、きっと戦地である大陸へと兵員を輸送する汽車の疾走を歌った国威高揚策だったんでしょう、その僅か7年後の昭和20年には(おそらく、いや100%間違いなく)GHQの指示で改変されて今の歌詞になっています。
過去のニュースをほじくりまでもなく芝居の忠臣蔵まで上演禁止にした施策ですから間違いないと思います。

さてもちろんここまでが掴みで以降が本題。
ラポッポパイ
毎度、記事公開がリアルタイムではないのですが今月限定商品なのだそうで何とか8月中のアップにしました。
お芋の基台にパイナップルが入っています、写真を見るに甘ったるそうです、買っておいてナンですが俺ぃらは一口も喰っていません。
2017/08/28

本日健康診断

こんちは、うぞうむぞうです。
本日は健康診断です、ここしばらくの連日の悪行非道が祟ってくるのかどうかはあと数時間後にわかります、胃壁以外はね。
毎年書いているようにバリウムが呑めない体質なので2週間以内くらいの予約で胃カメラを呑んできます、ステージ何とかの心配はないと思っています、思ってなきゃこんなお気楽なことは書けない…、まぁそのうち罰が当たりそうなお棺はしますw
161446846515841.jpg
入る方はそんなですが出てく方の検査機材です、お食事中の方スミマセン、排便に潜血反応があったら大腸ファイバー検査の宣告が下ります。
もともと入ってくる方を想定しているクチ→食道→胃→十二指腸の方はそんなに抵抗もなく、また側臥位なので躊躇いなく受診できますが大腸ファーバー検査の方は出ていくところにムリヤリねじこむうえに相当屈辱的な受診姿勢だとのことで出来れば引っ掛かりたくないものです。

両方とも術後回復者が同僚にいましたが前者は骨川筋衛門になり大きな傷跡が残ってました、後者はもうバスタブに浸かることができないと言ってました、どちらも辛いと思います。

その前にガンマGTPは大丈夫なのかと小一時間問い(ry

続きを読む

2017/08/27

あと半年で親の務めも終わるか…な

こんちは、うぞうむぞうです。
神戸の西の外れバイクカバーを外す気にもなれない曇り空です、雨雲レーダーでも西から大きな雲塊が進んできているのでこの週末は乗れないかもしれません、というか多分乗らないでしょうw

さて、タイトルですがこの土曜日にお嬢が2歳となり来年の春には学校を卒業します、ようやく資金源としての親の務めも終わります、まぁ自宅通学ですから世間様ほど大枚をはたいてはいませんがそれでもしんどかったです、複数のそれも男の子の親御さんの苦労は計り知れません

S__21594120.jpg
もぅバースデーケーキでも無かろうということでサーティーワンのアイスクリームでお祝い、2回目の父からのお祝いはオリジナルノートです、もちろんもうすこし勉強ガンガレというメッセージのつもりなのですが本人が理解しているかどうかはカニの味噌汁です。
このノート見栄えの割には意外にリーズナブルな価格で作れます、お店の宣伝をするつもりはないけど気に入ったんでURLを置いときます。

いつまで親の責任かと言えば20歳になるまでだとかガッコを卒業するまでだとかあるいは結婚するまでだとか言われますが、結婚するまで扶養家族でいられちゃこっちは老後破産しちまいますので来年の春からは扶養から外れていただきます、まぁ望む望まないに関わらず外れるんですが本人には「石のうえにも三万年だからな」と言い置いてあります。

そんな親の期待が大きすぎるとブラック会社に入っても辞めるに辞められず身心を病んでしまうと言いますがとりあえず世間の大海に飛び込む前から浮き輪を用意してボートで追っ掛けてやるわけにもいかないと思います、賛否あるでしょうがね。
2017/08/26

カラダによさそうで実は…

こんちは、うぞうむぞうです。
吉野家の牛丼が食べれません、炊いた肉が嫌いってのもあるんですが、子供の頃「ごはんに汁ものを掛けて喰っていいのはカレーだけな」と厳しく躾けられたせいでみそ汁掛けご飯をする奴とは同席するのも嫌なくらいです。
IMG_2868215415215614.jpg
よって、肉は別皿の定食にしてしかも七味をたっぷり掛けてビールのつまみに、ねばねばシリーズも同様、麦ごはんは麦の部分以外をたいがい残して瓶ビール二本で流し込みます、しかも時刻は22:20、この店の閉店間際です。

んで、翌朝もその店の前を6時台前半に通り過ぎるという…、体にイイわけがございません。
2017/08/25

別れた女の…

こんちは、うぞうむぞうです。
「えっ、そんなジャンルの記事書くんですか!」と驚いていただいた読者の皆様、いつもの掴みなのは言うまでもありません。
俺ぃらの手元から離れて行ったハヤブサは洗車したかしないかのタイミングで店頭に並んでいました。
だってさ、乗らないぶん綺麗に扱ってたからね(ソレヲボンサイトイウ)
IMG_289824184.jpg
クロネコと取っ組み合いのけんかをしたマフラーが替わっているぶん1年半前の買値より価格が上っているという赤いおじさんマジックの価格表示でございます、言っておくけど性能的には何の不満もありませんでした、一身上の都合でございますw
2017/08/24

どこ行っても同じようなコース料理でございます

こんちは、うぞうむぞうです。
リーマンの財布で払える予算で山海の珍味が喰えるわけなどないのですが最近の宴会コースはどこへ行っても同じようなものでございます、サラダに至ってはドレッシングの違いぐらいかと。
いきなり脱線しますが女子力が高いと思い込んでる人が最初に来たサラダを取り分けるのはやめてほしいと思います、大盛りを分けて食べるから美味しいのであって小分けしたら刺身のツマ以下です、どうかしたらドレッシングが掛かってない部位が回ってきたりするしw
IMG_2754515616.jpg
この写真の時と下の写真の時は概算で一人当たり1000円の違いでした、いうまでもなく上の写真の時の方が高いです。
IMG_2917.jpg

数人以上の予約では面倒なのでコースを選択しろと言われるのですが、アラカルトがおススメのお店でそれをすると結局はコスト合わせになってしまうというジレンマがございます。
海鮮が旨いという口コミで選んだのにメインがモツ焼きという、もうね…。
2017/08/23

横浜のセンスと神戸の西の外れ以西のセンス

こんちは、うぞうむぞうです。
少し前のYahoo!バカッター収集コーナー(み〇なのアンテナ)で紹介されたのが「横浜市営バスM系統あかいくつ」という路線の行先・経由地表示の電光パネルですが、これを神戸の西の外れ以西をエリアとする田舎バス会社が真似するとこうなります。
19800da5f674d151193f0d3a147332c5.jpg
「地元でお世話になっといて田舎バスとはひどい言い方だな」という声が聞こえそうですが、夕刻には23時前半が最終バスの時刻、昼間に至っては朝、バスに乗ってお買い物に出掛けたら午後便の時刻まで帰りがないという、よくもまぁ「皆様と共に」なんてどのクチが云うかという…。
2017/08/22

一日千里を駆ける

こんちは、うぞうむぞうです。
今日のネタの赤兎馬は三国志に登場しますが「一日千里を駆ける」という名馬だそうです。
一日千里と言ったら24時間で4000kmなのでなるほど昔話の大言壮語ね、しかも彼の国のお話しだしwと片付けようとしたらその頃の彼の国(国民性も含め大嫌いなので正式名を書くのも嫌)の一里は約400mだったそうで割と現実的な走行距離だったりします、それでも平均時速17km/hほどで動物が走り切れるわけはないので、まぁ空想非科学読本大全ってとこです。
ちなみに近世の日本の一里は約3900mだと言いますから当てはめれば時速167㎞/hとなりルマン24のプライベーターのレーシングカーレベルですな。
S__57401370.jpg
某日、山の神さまとお買い物に出掛けたらご機嫌がよかったのか買って呉れました。
普段の紙パックの焼酎並みの価格で720mℓしかないので3倍速い高いんですな、赤いだけに…
(だからガンダムネタは9割以上の読者には判らないと何度言ったら…)