FC2ブログ
2017/04/20

呉・広島ツーリング【その4】

こんちは、うぞうむぞうです。
第一術科学校の見学の間、校内を歩く学生さんや休日返上で訓練に勤しむ分隊の皆さんを見て40年昔の記憶がよみがえりました。
僅か数日の体験で何が解ると言われても困るのですがあの訓練を3年間続ける精神力と体力には恐れ入ります、ごついガタイの生徒さんは見ましたがデブは一人もいませんでしたよと我が腹を見て反省する俺ぃらでした。

今度は来た道を呉に向かって戻ります、フェリーなら20分の航路ですが島の外周を走るとぶっさんでもほぼ一時間の道程です。
行き道は時間の都合で後回しにしたアレイからすこじまに立ち寄りました。
DSC_1858-1.jpg
潜水艦が停泊していました、点検中なのか停泊しているのに潜望鏡を伸ばしています。
海上自衛隊の潜水艦って全部ディーゼル艦だからいざ戦闘になったら瞬殺されてしまうんじゃないかと思っていましたが、何日間も潜っていられるという原子力潜水艦にも原子炉を冷却するポンプという止められない騒音があると聞いてそれなりに良い点もあるのだと知りました、もちろんウィキさんに聞いた聞き齧りですがねw
DSC_1854-1.jpg
他にも大きな船がいました、艦番号によると敷設艦むろとというそうです、海底にケーブルなどを設営する役目を担うそうです。
潜水艦の向こうにもたくさんの艦艇の艦橋やマストが見えますが、距離が遠すぎて300ミリズームじゃ届きませんでした。

今回全くの行き当たりばったりの旅で普段なら翌日日曜日には港内の一部の護衛艦達の中を見学できるツアーがあるのですがたまたま、休業日でそれも叶わなかったのでした。
DSC_1856-1.jpg
このクレーンは現在ではモニュメントですが大戦中に潜水艦に魚雷を積み込んだクレーンだそうです。
モニュメントなのですが、どこぞの海岸に置かれたヨットとは違って綺麗に整備され、まるで今でも使えそうな雰囲気でした。
DSC_1893-1.jpg
時系列的には翌日のお話しになりますが、少し呉市内寄りの山手からの写真です。
外壁に書いてある通り、戦艦大和を建造した乾ドックだそうですが、隣の艤装中の貨物船が小さく見えます。
DSC_1907-1.jpg
見晴らし台には「この辺の設備は…」と記念の言葉が書いてありますが良くも悪くも明治のころから近代まで造船や製鋼で栄えた町なんだなと判ります。
2017/04/19

呉・広島ツーリング【その3】

こんちは、うぞうむぞうです。
海上自衛隊第一術科学校篇もうすこしひっぱります。
201704170801524b9.jpg
戦艦大和の主砲砲弾のレプリカです、42㎞も飛んだそうですが設計思想よりもっとはやく航空技術が進化し完成した頃には実戦に適合する兵器ではありませんでした。
大方1000㎞の彼方、相手の船の姿かたちが見えない向こうから同じくらいの破壊力を持った爆弾や魚雷を積んでしかも直前まで軌道修正しながら飛んでくる攻撃機の敵にはなり得ず九州坊ノ岬の沖で沈むまで3年半でした。
そのぶんの資源をほかの攻撃兵器に使ってりゃもっと戦果を挙げられたんじゃないかというタラレバ論を展開しても詮無いことですがね。
20170417081841f28.jpg
こちらは艦名を聞き漏らしたけど改修時に降ろして以降教材と使用していたという巡洋戦艦の副砲です、これでも江田島から発射したとして山口県の錦帯橋まで届くのだそうです。
レーダー照準やGPSによる位置照準技術が無かった日本では精神力で照準を合わせたんだと言うトンデモな昔話がありますが、いくら破壊力があろうが当たってなんぼというのはいかがなもんかとおもいます。

さて、校内のご案内をしてくださったのは海上自衛隊OBの職員さんで推定御歳70歳前後の方だったのですが、さすが昔鍛えた杵柄、見学者の先頭に立って後ろ向きで見学者をリードしながら歩きつつ、ハッキリとよく通る声で説明されます、この辺は当時のたゆまぬ訓練の効果かとおもいました。
特に年表関係の数値の記憶力と言ったらもうウィキさん裸足でしたね。
20170417083133215.jpg
校内の樹木は桜に錨の歌の文句通り、桜の他は低木以外ほとんどが松の木でそれも一本を除いて全て黒松だそうです。
女性自衛官どころか女性の士官まで居られる時代には似合いませんが徹底した男社会だったようですが何を間違ったか朝礼台の真横に一本赤松、いわゆる雌松が植わっていました。
剛直一本でギャグなんて言い慣れてないんでしょうね、『松だけにマツがった』と言いかけて噛んではりましたw
2017/04/18

呉・広島ツーリング【その2】

こんちは、うぞうむぞうです。
呉・広島ツーその2です、ご心配なく、ネタが切れるまで延々続きますw、なんつーても写真データだけで何と540MBもあるんですよ、圧縮してもね。
IMG_2528.jpg
門を入ってしばらく歩くと大講堂があります。
瀬戸内の島々から採れた大理石でできています、1917年竣工だといいますから今年でちょうど100年目です。
IMG_2537.jpg
旭日旗と日の丸、日本列島に住みながらこれらを尊敬できないどころか貶めようとする愚かな人々が見たらニンニクをぶっ掛けられたドラキュラ宜しく卒倒するような組み合わせです、中央のレリーフは十六弁の菊のご紋章、その上では木彫のフクロウが睨みを利かせています。
IMG_2541.jpg
次の赤レンガの建物は幹部候補生学校庁舎、旧海軍兵学校生徒館です。
屋根を葺き替えた以外は今もなおバリバリの現役です。
IMG_2552.jpg
見学コースの最後は教育参考館、こちらも1936年の竣工だといいますから今年で約80年、内部は明治維新以降の大日本帝国海軍の名将たちの遺品、記念品に始まり見学ルートの最後は太平洋戦争の末期に国を守るために殉じた英霊たちの遺書が展示されています。
特攻とは外道の統率だといいます、戦術としての良否は論じるつもりはありません、しかしながら命令と言う強制に対しそうせざるを得なかった若者たちの行動まで否定することは出来ません。
IMG_2561.jpg
最後の写真は、甲標的と呼ばれた特殊潜航艇です。
帰還できない構造では許可できないといわれて申訳程度に改装したように聞きますが戦闘状態に入ってからどうやって母艦に回収して乗員を連れ帰るつもりだったんだと…。
特攻が外道も何も開戦時にこんなものを用意していた時点でほんとに勝てると思って掛かって行ったのかと当時の戦争指導者を問い詰めてやりたいものです。
2017/04/17

呉・広島ツーリング【その1】

こんちは、うぞうむぞうです。
4月15日、16日の土日で一泊ツーリングに出掛けました、相棒はロンツー初めてのぶっさん、買ってから今までほぼ1年間何をしてたんだという非難もごもっともですが一泊旅行ともなると色々と大変で特に昨年はケツの毛まで引っこ抜いて(アライヤダオゲヒンぶっさん購入のための頭金をひりだしたので大変だったんですよ。

朝食
今回も旅メシは質素です、とりあえずは目的地までの旅程が見えるまで不安なのと出発時はTV画面に幾つも有った傘マークが心配だったんです。
案の定、広島県に入って間もなく俄か雨に降られました。
IMG_2527.jpg
小雨かと思ってとりあえず高架下で雨宿りしてますと西の方に晴れ間が見えてきたので合羽を着るのを思いとどまって待ちます。
実はこの雨宿りまでは冬装備でよかったと思うくらい気温が低かったのですが、それから気温は上がる一方で冬装備を選択した自分を呪いました。

そんなこんなで呉の街に着き、40年ぶりの江田島を訪問することにしまして道路標示通りに進むのですが島と付いている通り、湾内の小島の外縁をジモティの軽トラの後に付いてタラタラと走ります、いやいや黄色中央線のはみ出し追い越しなんてしてませんよ、誰も見てないから証拠はないけどw
IMG_2566.jpg
海上自衛隊第一術科学校に到着しました、言うまでもありませんが太平洋戦争終戦までの大日本帝国海軍の教育機関だった海軍兵学校の跡地です。
内部見学の模様は次回に続くのですが、明治大正の昔の建物も現存し、今でも使用されているものもあります。

平和な現代とはいうものの海の向こうでは変なヘアスタイルのぶーでーがきな臭い話題を振りまいておられます。
あんたは70年前の日本の失敗を見てないのかと小一時間問い詰めてやりたいですがまぁ好きにしてくださいw
2017/04/16

坐って半畳寝て一畳

こんちは、うぞうむぞうです。
広島県呉市の朝です、よぅ寝ました10時間は寝てましたw
昨日の早期に神戸の西の外れを出てにわか雨には降られたものの昼前には江田島海上自衛隊第一術科学校に着き見学、 大和ミュージアムにも行き宵には宿に着いていました。

それぞれの見学記は今週の記事で語りますが今回の宿です。
20170416073554fee.jpg
タイトルの言いまわし通りオッさん一人の旅ですから清潔なベッドと熱いシャワーだけあれば充分です。
壁越しの騒音も聴こえて来ず、おかげさまでグッスリ眠れましたね。
2017/04/15

出発直前のwktkときたらもう

こんちは、うぞうむぞうです。
まず初めにwktkが何かわからない人のための解説をw
WKTK.jpg
これから始まるイベントに対する期待感で気持ちが高揚してワクワクしてくるのにとどまらず、うっすらと汗をかいて肌がテカテカしてくる状態のことですが、まさにこの記事を書いている4月14日の金曜日の夕方の俺ぃらの状態がソレです。

いよいよ今、土曜日の朝からほぼ一年ぶりのロンツーに出掛けようとしています。
S__36552706.jpg
一泊二日分とは思えない荷物を積んで西に向かいます、わずか二県またぎですが今回は見学時間が多く必要なので泊り掛けなのです。
ガソリンも満タンにしたし、空気圧もチェック完了。
あとは天気ですがワークマンの合羽があるから大丈夫です、日頃の行いが悪いせいか傘マークが多いような気がしますがバイク海苔の宿命です、宿も取っちゃったので行かねばなりません。
2017/04/14

買ってこい!

こんちは、うぞうむぞうです。
今週がようやく終わります、と言っても記事を書いているのは11日の火曜日の事なのですが1週間分の記事を前週の土日で作成して小出しにしているので何もなかった先週はネタがなく締め切りのw日曜日を過ぎても記事ストック庫が埋まらなかったのです。

で、近畿から関東東海の太平洋岸に接近した前線のおかげで一日降ったりやんだりの日にようやく取得できた有給休暇にぶっさんにも乗らず(乗れず)記事を書いていたらネタが降ってきました。
S__47800341.jpg
チロルチョコのニューフェイスだそうでこれを買ってこいとの指示が下りました、もちろん山の神さまからです。

こういったものは同系列のコンビニでも地域が違うと入荷したりしなかったりするので行動半径の狭い山の神さまのたっての希望というかゴニョゴニョなので何としても手に入れなくてはなりません、しばらくコンビニ行脚だぬ…orz.
2017/04/13

そういったものを捨てない性質(たち)

こんちは、うぞうむぞうです。
少し前の記事で海上自衛隊体験入隊のことを書いていて思い出したのですが、当時の教官さんに戴いたものがどこかにあると思っているんですがそういうものを探し始めると遺品整理になっちゃう恐れもあるので写真だけネットで探してみました。
dorufin.jpg
ドルフィンマークと言います、潜水艦乗組員の証だそうで、戴いたのはもちろんレプリカでしょう。
永らく机の引き出しに有ったのですが、記事のためにさらっと探したのでは見つかりませんでしたよ。

んで、何を言いたいかというとその記事でお菓子の下敷きに写っている呉市の観光広報誌の表紙が鉄のくじら館だったんですよ。
ずいぶん昔に家族旅行で宮島に行ったときに帰りに寄ろうと思ったらスゲー遠回りだと却下されたのでそのうち行ってみたい場所の一つです、もちろんぶっさんでね
2017/04/12

そこがKWSKなのか?

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日に引き続き赤いおじさんのお店での一コマです。
悔しくかつ愚かな行為でアオ号を葬ってしまい、代わりに俺ぃらの許に来たぶっさんですが世界中にファンのいる名車なのに3台続いたKWSKに比べて何だか違います、この前もあるお方に溢していたんですが速いんだけどなぁ、そのパワーなんて十分の一も使えていないんだけどなぁ…と。
んで、赤いおじさんのお店の中をうろうろしていて見つけたのがコイツ☟
zr1000b0.jpg
ここしばらくはフルカウルのビッグマシンばっかり乗っていて眼中になかったんですが、目に付けておきながら諸般の事情で手が届かなかったニンジャ1000のご先祖様です。

古いとはいえぶっさんより一つ年上だけじゃん、と引っ張り出して跨らさせていただいたのですがシリンダーブロックの張り出しの割には脚付き性も悪くなかったので悪くないじゃんと思ったのです。

しかしそこは天下のKWSK、リアステップフォルダーの辺りの塗装が剥げまくっててちとカワイソウナ状態でした。
もちろんぶっさんと比べたら遜色在りまくりなのでそれでおしまいなのですが禿げてる箇所をよく観察するとプライマーも無しにアルミ地肌にブラックを吹き付けているだけ(プライマー層があったら剥がれた塗装の欠片の内側が黒いのは変)でした。

この辺のクオリティが低いというかいい加減なのがKWSKらしくってよいのかもしれませんがw
2017/04/11

フォアコン(オワコンにして欲しいよ)

こんちは、うぞうむぞうです。
変なタイトルなのは毎度のことですが、そいつとは某日赤いおじさんのお店で出会いました。
20120113_VT1300CX_39H.jpg
俺ぃらは自他共に認める短足です、一応身長はカツカツ170cm(自称w)ありますが胴体と股下の比率はきっと何か配合を間違えたんでしょう、歪な比率なので購入バイクの選定基準は速いとか、カッケーとかいう以前の問題として足が着くか着かないかです(泣

「(このバイクを見ながら)これなら俺でもベタアシやね」
「ところがだけどさ、まぁ跨ってごらんよ」
「よかったぁ、膝が曲がるくらい付くわ」
「ステップに足伸ばしてチェンジペダル掻き上げてみて」
「おぉーペダルに爪先しか届けへんやん、早いシフトアップしようとしたら爪先が攣るわ」
「フォワードコントロールっていうんよ、アメリカンタイプのバイクに多いねんけどな」
「ブレーキも踏まれへん

価格は元より端から買う財力も買いたい希望もないけどこれに100諭吉はよう払いません、それにこのタイプのバイクに乗っててナンシーさんに「これハーレー?」って聞かれたら悲しすぐるよ。