2016/11/30

「オベン…」は無かろう

こんちは、うぞうむぞうです。
しばらく前のお話しですが事務所に差し入れがあり、まぁまぁ美味しかったんでググったら通勤経路上に有ったからつい寄り道してみました。
25234.jpg
この類のベイクドチーズケーキと言ってもコーン型だけ闇雲に焼いておいてチーズとサワークリームを混ぜたパテをなすりつけて適当にデコレーションするだけですからその辺のアルバイトに数時間レクチャーすればできます。
パテの味が人気を左右するんで激戦区の中で生き残っているウチにと探してまで行ったもののもうイイかな。
んでタイトルですが、持ち帰った袋を見て「オベン.ラブ?」これ何?と聞いて来たお嬢の発言です。

「オベン」はなかろうと…orz.
2016/11/29

運が良かっただけ【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日のような記事は大概「いいなぁ…」と指を咥えてお終いなのですが、今月は少々ゆとりがあったので買ってしまいました、しかもフィッティングパーツ込みの方です。
IMG_2105.jpg
中央の樹脂製部品にジャケット内固定用のベルクロ+ボタンの付いたソフトケースが付属しています。
下手糞と剣道の打ち込み練習をやったときのアクシデントで狙ったかのように胴のうえ腋の下の間を打たれるのと同じく、プロテクターの付いている方向に転がる保障なんてどこにもありませんが昨日も書いたように「ほぼお守り」です。

どこかのブログで停止線だったか前車に続いてだったか停車していたのにオカマ掘られて外れて飛んだリアのトップケースに後頭部を直撃されたなどという不運極まりない事例もありますが、1分後にどうなるかなんて神の味噌汁です。

んで早速試着となりました。
IMG_2106.jpg
赤線の部分の外側の面積だけ新しいほうが小さいのですが、試着してみたら柔らかい分カラダの線に着くのでハードタイプの旧品より着心地は軽くなりました。

しかしながら旧品を買ったとき「正面から激突しても衝撃を吸収する」構造に拘り、左右セパレートタイプではない方を選んだというのに貧すれば鈍すというのはこういうのを言うんでしょうな。
一軒目のバイク用品店では品切れで新素材で明らかに軽くて暖かそうなオールインのコミネのジャケットに目が行きましたが税込みで4諭吉もしたので買えずにというか現行のジャケットがまだまだ着れるからと自分を慰めて二軒目に行って正解でした。

一般的にこのようなものはすべてリアル店舗よりネット通販の方が安いと言います。
本品に関しても税込み価格は全く同じ、ポイント付与も全く同じ、ただしポイント換金率が違うので400円くらいネット販売が安いことになりますからお得とは言えませんが実際に触れてみての買い物だったのでまぁ満足でした。
店員の女性に開封していただいて手触りやら構造を確認させていただいたのですがそこまでしといて帰ってから「ポチッと」する勇気はさすがにありませんでしたw
2016/11/28

運が良かっただけ【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
「空を飛ぶ街が飛ぶ」と白桃県の国道でやらかし、きちんとした装具のおかげでと奇跡的にほぼ無傷だったとご報告して半年以上が過ぎました、ホント数か所の打撲と擦過傷くらいでヘルメットなんて掠ってもいません、まぁだからこその無事なんですがね。

ライダーの死亡案件で見るからに痛ましい状態にならず綺麗な遺骸の状態であった場合の死因が胸部打撲だそうです。
o0385055913073897385.jpg
この方の場合はバイク事故ではありませんが、吹っ飛ぶ瞬間にハンドルポストや障害物に胸部から激突したり地面に叩きつけられた衝撃による心肺破裂での即死ってことがあるそうです。
IMG_1131-2.jpg
この革ジャン、胸部プロテクターには対応していないのでこの事故の時は装着していなかったんですが幸いにも水平飛行からソフトランディングしたおかげで今も生きています。
IMG_2100.jpg
そんなことがあったっていうのにこの前の衣替えで冬ジャケットを出して来たら何と胸部プロテクターを装着したら前ファスナーがキツイんです、脇腹に脂が着いた分胴回りが大きくなったんでしょうねorz.

さて、ジャケットを買い替えるのかというところですが低価格品とはいえ全く償却していないので勿体ないなぁ、でもプロテクターは必要だしなぁと思ってたらこんなのがあるそうです。
puro.jpg
普段はソフトタッチで衝撃を受けた瞬間に硬化する材質だそうです。
センターで合わさらないのが気に入らないのですが、今のプロテクターを装着できないのでは意味がないからジャケット買い替えよりは安くつく方を選ぶかそれとも大枚叩いてジャケットを買い替えてプロテクターを使うかです。

まぁプロテクター自体がお守りみたいなもんですから好きな方にすればいいんですが無いのも不安なのです…。
2016/11/27

楕円球の面白さ

こんちは、うぞうむぞうです。
リアルで俺ぃらとお会いした方には「エッ」と呟いていただけると思うんですが少しだけラガーマンだったことがあります、一年ほどでしたがね(誇大広告甚だしきw)

そんなこともあって球技の中では最も好きなスポーツですがここしばらくはTV桟敷からの見物ばっかりでした。
IMG_2112.jpg
そんなある日、ネット情報で東大阪市花園ラグビー場での試合スケジュールが目に留まりぶっさんで出掛けてきたのでした。

こんなにも広い球技場が住宅密集地の中にパッと現れます、アクセス道路はほとんど4m市道です、3面の公式グランドを持ちますがメインスタンドとバックスタンドを持つ第1グランド以外はちょっとしょぼいです、全国の高校ラガーマンたちが聖地とする場所ですが大型バスが駐車場に入るのは相当難儀ですね。

試合は一進一退で途中で辞去しましたが俺ぃらが帰ってから逆転したようでHPには勝ち星が付いていました。
往復120kmほどの行程の95%が都市高速だったんですが久々に乗るぶっさんのパワーに体がついてゆかずヨタヨタと走るさまは後ろから見てられたもんじゃなかったでしょうねw

天気予想通り今日は近畿一面雨です、昨日乗ってて良かったぁ。納車時に交換したバッテリーのお陰で今のところ始動性に問題はありませんが、この冬こんな乗り方を続けると車検まで持つか持たないか怪しいところです。
2016/11/26

○○○が兵隊ならば蝶々やトンボも…

こんちは、うぞうむぞうです。
出だしの言葉の出典は「輜重兵(しちょうへい)が兵隊ならば蝶々トンボも鳥のうち、焼いた魚が泳ぎだし、絵に描くダルマに手足出て、電信柱に花が咲く」と揶揄されたと言われる旧軍の戯れ言葉だそうですが、様々な業界において自分より下位と勝手に思い込んで使うウマシカ(馬鹿)がどこにでもいます。

例えば医療界では「眼医者歯医者が医者ならば…」ですし、軍隊では上の他に「軍楽隊が兵隊ならば…」とくるのもあります。
俺ぃらは軽音楽ビッグバンドのトロムボーン吹きでしたが野球の応援にブラスバンドと共に駆り出された現場で「ブラスバンドが援団ならば…」と絡まれて喧嘩になりかけたことがあります。

さて、そんな軍楽隊も世界では素晴らしい楽隊がたくさんあって海上自衛隊の楽隊もその一つです。
yamato.jpg
偶々検索で迷い込んだヨウツベで見つけたのがこのお方、三宅由佳莉さんと仰いますが2009年に海上自衛隊声楽採用枠で入隊された方だそうです。

駆けつけ警護やら何やら命懸けなお仕事がある現場も大変ですが、優秀かつ十分な後方支援が無けりゃ前線に弾は届かんし、慰問で士気を鼓舞してくれる楽隊が無けりゃ気持ちもささくれ立つでしょう、一番たちが悪いのはその局外から何やかや言っているバッジを付けたセンセイたちなんだと思います。
2016/11/25

金曜日は海軍ではカレーの日

こんちは、うぞうむぞうです。
先週の金曜、午前中で終わった会議先からの帰社前に同僚と昼ご飯を喰っていこうという話になり近くのフードコートへ…。

最近できたばっかりというチェーン店のカレー屋さんで本格的なインド風のカレーが喰えるってのがウリです。
フードコートのカレーっていうから分量が少なくってと思ったら…。
IMG_2097.jpg
真上から撮ったので判りにくいけどご飯はどんぶり鉢1.5杯はあります、ナンの大きさも四つ切りなのでこれまた判りにくいけど直径30㎝はあり、おまけにチーズ入りです。
ご飯は俺ぃらの通常の2日分はあるでしょう、因みにウチのコメの消費量は一日2合半です(4人家族)

辛さのランクが指定出来て5段階になってます、フツーを選んでもなお大辛ですからやや辛いや辛いを選んだら火を噴くことになると思います。

んでタイトルですがおうちに帰ったら晩御飯がカレーでしたorz.
そういえば我が家の金曜日の夕食は低くない確率でカレーかハヤシライスなのでした海軍ほどじゃないけどねw
2016/11/24

未だ紅葉も済んでないのに

こんちは、うぞうむぞうです。
昨年の今頃同じような記事を書いたような気がというデジャヴュがあったんで前のブログのログを漁ったらちゃんと書いてました。
記事は12月6日の日付がありますが、点灯式の日だと書いているので2015年11月29日の写真のようです。

「今年もそんな時期かぁ」と感慨に浸る前に今年の撮影日は11月21日となっています、点灯はその1日前で昨年比10日も前倒しなんですね。
IMG_2101.jpg
昨年の写真と見比べるとなんとなくボリュームが濃いなぁと思ったら昨年は紅葉が済んだ後の剪定済みの枝に電球一式を張ったようです、明らかに葉っぱの数が違います。

それでもこの日、一部区間を通行止めにしてパレードやらオリンピック出場選手のデモランをやったそうです。
この灯りが大阪の街にどれだけの富をもたらすんでしょうか?
綺麗なイルミネーションもそんな風に考えるとくすんで見えますなぁ、銀杏の樹にしてみりゃ眩しくって夜も眠れませんなw
2016/11/23

長い一年になりそうだぬ【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日の記事を書いてからいろいろ調べていると名簿に登録されたことだけでも広く他人が知るようなことは言っちゃ(書いちゃ)だめって事になっているそうです、釘を刺しとかないと選ばれた以降のこともあるからでしょうね。
sai.jpg
おおよそこんな手順で選任が進行していくのですが、やはり素人が被告人とされる人を無知識かつ無経験で裁くわけですから裁判の進行において事件内容を知ることになるのは不安です、中には心的外傷後ストレス障害(PTSD)になっちゃう人もいるくらいです。
記事の途中「無資格」って書こうとしてググったら選任された時点で法律で定められた資格を持つので裁判官と同等の資格が限定的に与えられるようです、もちろん裁判の瞬間だけだけどね。

そこまでいかなくっても最長では1週間にも亘って裁判所に出頭しなければならないのはサラリーマンのように休業が法律でほぼ保障されている(もちろん「休んでもいいけど無給ね」っていう会社もあるでしょうが)人とは違って専業主婦の場合家事一式を放っといても誰も代わりをしてくれませんから可哀そうですわな。

ウチの山の神さま、その辺も読んだうえでの解説で「有償」だと知ったら「行く」と仰いましたw
そんな人には当たらないんだなぁ、これがw
2016/11/22

長い一年になりそうだぬ【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
某日、会議中にスマホに着信があり机の下でコソーリ見てみるとドエリャー情報がラインで流れてきましたw
IMG_2095.png
山の神さま宛に「2017裁判員の候補に挙がったのでよろしくね(ハァト」という書面が最高裁判所長官名で届いたのです。

ウィキさんに聞いてみると候補に挙げられる資格は衆議院選挙の選挙権を持つ人で、現時点では満20歳以上の人全員で、市町村に必要人数分を籤で決めるように通知があり、その籤に当選したってことです。
いろいろググってみると0.001%の確率だそうですがこんなもん当たらんでいいから懸賞にでも当たらんもんかねw
2016/11/21

好きか嫌いかと問われたら「嫌いじゃないよ」と…

こんちは、うぞうむぞうです。
チョイと前に講習会に行った時の先生のセリフです。
「○○ね、嫌いじゃないよ、大嫌いなんです」というものですが、要するに最上級の嫌悪を表しているんですな。

モータースポーツにもいろいろありましてF1なんかじゃ規定で縛っておかないと羽根が着いていれば空でもとんぢゃうようなパワーの車を開発しかねないメーカーがあります。
純粋に速さを求めているその開発力と命懸けのレース走行はF1であってもMotoGPであっても同じですし、泥んこまみれのモトクロスも、速さは競わないけど技術を競うトライアル競技の神業には惚れ惚れします。

しかしながら理解できないモータースポーツが国内で一つあります、オーバルコースをグルグル回ってるだけのNASCARも好きじゃないけど大嫌いってこともないし、海の向こうのレースですからどうでもいいです。
その一つとはコレ↓
dori.jpg
先のF1でもタイヤが外れてレースカメラマンを直撃なんて事故がありましたがレベルが違うでしょ。

この輩たち、湾岸の埋め立て地なんかでやってる暴走行為をクローズドコースに移し替えただけとしか思っていません。
国内ライセンスを基にやってようが、有名ドライバーだろうがなんの生産性もないと言い切ります、「好き嫌いなんて本人の主観」だからね。

こんなくだらないことでケガをするなんて不運以外の何物でもありませんわな、これでも選手権上はGPの名がつくらしいです。
全く「嫌いじゃなくって大嫌い」です。