2016/10/31

絶対真似ができないこと

こんちは、うぞうむぞうです。
若かりし頃、学校の体育の授業で毎月1回、2000m持久走のタイムを計る授業がありました、土砂降り以外は小雨だろうが霙が降ろうが容赦ない決め事で、しかも気合の入っていない(と先生の主観で判断された)走り方だと計測の途中でもトラックの外に引き摺りだされてビンタを二、三発戴いて続きを走らされます、もちろんそこからの残りが遅いとゴールでビンタが待ってました。

そんな厳しい授業においても2000m8分を切れたことはただの一度もなく8分06秒がベストだったと記憶しています、トップ連中は6分20秒台でしたね陸上部でなくっても…。
長距離とは言わない持久走でこんななので長距離走なんてトンでもないわけですよ、まして42kmってあんた神様ですかと…。

以来陸上競技はTVかスタンドで見る専門だったのですがひょんなことから大阪マラソンの沿道ボランティアを引き受けて昨日行ってきました。
一昨日の記事で参加費あげると言われても嫌だと書いておいてその額を知らなかったんですが、エントリーフィーが1諭吉、そのほかで1野口です、3万人走ったというからエントリーフィーだけで3億円の収入ですがそんなもんで足らないのは言うまでもなくコースサイドを彩る役員の多くがボランティアです(ちなみに平成25年の第4回大会で13億円

俺ぃらが配置された場所は一般参加ランナーのための給水所なのですが所謂エリートランナーが目前を通過するとき風圧のようなものを感じましたね、そのあとに来た一般参加ランナーでも競技レベルのトップ集団は同じようなもんでした。
速度を何で感じるかというと給水コップを取るときの勢いです、テーブル前でボーっとしていたら飛んで来たカラの紙コップの直撃を受けます。
IMG_2064.jpg
スゲーゴミです、空ペットボトルだけでコレです、しかも俺ぃらが担当したテーブル分だけです、紙コップやらランナー持参の栄養補助食品のパッケージから…もうすごいです。
記事を書いていて昔の事、冒頭に書いたころのお話しを思い出したのですが、その頃「走りながら水を飲むなんてとんでもないことだと思っていました。
指導者の先生は結構有力な大会の記録を持っておられた中距離走の元選手ですが「水を飲みつつ走っても良い」と教わった覚えは神に誓ってありません、それどころか前日の昼食時頃から水分を控えたもんです。
もちろんそれが非科学的なのは上の写真が証明しているのですが、その頃だってマラソン大会はあったでしょうに覚えがないってことは給水所なんてなかったか少なかったかのどちらかですな。

次に来るのが本来の意味での市民ランナーです、被り物を着ているどころかコスプレランナーもたくさんいましたね。
黄色い電気ネズミなんて100匹は見ましたよw、続いては何とかウォッチの猫の妖怪も多かったです。
IMG_2066.jpg
ランナーが疎らなように見えますがピーク時は向こうの舗道が見えないほどでそんなときは給水所も掻き入れどきなのでのんきにカメラなんぞ触っている間もありません。
中央に写っている黄色いシャツのランナーは「完走サポート」という役割でして最後尾集団の何人かを励ましつつ足切り回収のタイミングを計る役目です、この後に審判車と回収バスが来て定刻以内にチェックポイントを通過できなかったランナーはほぼ強制的に収容されて一足先にゴールへと向かいます。

俺ぃらと腹回りのたいして変わんないオトーサンもいました、きっと「どげんかせんといかん」と燃えてらっしゃるんでしょう、ちょっと後ろめたかったですが回収バスが過ぎて撤収した後の片付けをしておうちに帰ったのでした。
2016/10/30

バイクをローンで買うということ…

こんちは、うぞうむぞうです。
カブ号の後継機を探していることは記事に散々書いています、しかしながら2013年式の2800㎞走行車両が20諭吉弱なのに2016年式新車のが21諭吉弱と1諭吉しか変わらないのでどう考えても新車を選びたくなります。
問題は19人だろうが20人だろうが諭吉さんの補欠が財布に居ないということです。

かねてから赤いおじさんの店の金利が年利9.8%とべら棒に高く「誰がそんなローン借りますんや」と思っていました。
そこでソーイチローさんの名を名乗る系列のお店に伺い金利を聞くと何と同じ9.8%だと宣います、「ウソでしょ」と思って調べたら信販系一般の金利なようです。

おうちに帰ってグーグル先生に聞いたら銀行系ローンは最低で年利1.25%です、断然安いのに何でコッチを使わないんだと思うところですがやはりそれなりに社会的信用がないと審査が通らないようです、現に赤いおじさんの店でも銀行系ローンの審査に落ちたので止む無く9.8%の方を借りたという話を聞きました。

前置きが長くなったんですが猫の額ハウスから10kmほど離れた場所にあるお店に伺いお話を聞きます、すぐ近くの店は整備士の手が綺麗かったので そのスキルが信用できず少し離れた店に行きました。

お店の周りに適当な駐車場がないなぁとキョロキョロしていたら出てきたオーナーらしきオッサンと目が合いました。
「車停めるところないんですかぁ」
「その辺停めときぃな」
「大丈夫なんですかぁ」
「大丈夫大丈夫」(中に向かって)「おーいやでぇ」
(店に入って)「すんませーん」
「はい、はぁーい・・・」

一言目にあるべきいらっしゃいませの代わりに人の爪先から頭の天辺まで一瞥するのはバイク屋のデフォですかそうですか。
おまけにしゃべりだしたと思ったらつばと一緒にさっきまで喰ってたに違いない昼飯のご飯粒を説明中に3発は口から発射しはりました、キタネェw

俺ぃらのリサーチスキルやネゴシエーション能力が低いことはリアルでお会いした方ならお気づきでしょうがそれらに反比例してプライドは高いので困ったもんです。
2016/10/29

明日は大阪マラソン

こんちは、うぞうむぞうです。
毎度のことながらこのブログの記事は1週間分ほどを書き溜めて毎日1つずつ公開しているのでリアルタイムなネタが少ないのは無論のこと天気に至っては当たるわけもありませんが10月30日の大阪は晴れ時々曇りで降水確率は20%と言いますから秋晴れではないにしても雨に濡れる恐れは少なそうです。

「大阪マラソンであろうが東京マラソンであろうが参加費あげるからと言われても走りたくないしそもそも走れませんがな」なのですが何故ネタにするかというとボランティアで給水所を担当することになったからです。
IMG_2033.jpg
ボストンマラソンで有ったテロ事件ではありませんが、舗道から跳びだして写真を撮ろうとするうま(馬)しか(鹿)を遮断するため沿道警備でロープを引っ張てりゃよかった前任者に比べエライ責任が重くなったこって給水所に居るためには支給のユニフォームを着なければならんとのことです。
しかも降雨の際も「カッパを着るならこのヤッケの下に着ろ」との指示が出ています。さらにはタバコ吸うたり雑談する時はこのヤッケを脱いでからにしろ、着用中の飲食は認めないぞ、家から着てくるなよ、当たり前だけど大会まで大事に保管して売るなよとかもうねそんな心配ならシリアルナンバーで管理して当日配布しろよってな感じです。

しかも喫煙の件は「どこそこのエリアのボラがタバコ吸うてたぞゴルぁ」と市役所や府庁に電凸してくるプロ市民さんがおられるそうで注意書きのその部分は太字になってました。
お門違いの場所にわざわざ電話する方もする方ですが、ボラとはいえ業務中にまじめに業務するというそんな当然のことができないようなレベルの奴ぁ参加するなよと声を大にして言いたいところですな。
2016/10/28

世話にはなりたくないものだけど

こんちは、うぞうむぞうです。
この前の日曜日郊外の大規模病院で開かれたお祭りに出掛けてきました。
お嬢が就職先の候補に挙げているからふいんきを確かめたいそうでアッシーになって来たのです。

候補に入れるのは勝手ですが中々の大規模病院なので簡単に潜り込むのは困難でしょう、ましてや医療従事者の端くれとはいえど事務職ですからね、まぁ当たって砕け散るか運よく空きスペースがあるかはまだ1年チョイ先のお話しなので判りません。
IMG_2032.jpg
向こう側にいる救急車の中を見せてもらってたら25年ほど前のことを思い出しました、川を渡るほどのケガではなかったのですが救急隊員さんが止血手当の前に医療用ゴム手袋を付けた音を聞いてゾワッとした時の気持ちです。

もしかしてはしご車の昇降体験でもできるのかなと思ったんですがそうはいかないようでした。
2016/10/27

空飛ぶ鯨

こんちは、うぞうむぞうです。
某日、洗濯物を干していた(取り入れていた?)山の神さまのショットです。
S__38985731.jpg
秋っぽい空に浮かぶ雲とヒコーセンです。

もしも文明がない古代の空にこんなのが飛んでたら古代人はきっと「鯨が飛んでいる」と驚いたかもね。
この画像を見て思い出したのはちゃんちゃこの空飛ぶ鯨でした、彼らの時代は俺ぃらより少しお兄さんの時代でその頃の人は未だに拓郎、陽水なんですね、ヨウツベのコメントから時代を感じます。

因みにずっと「ちゃんちゃこ」だと思い込んでました。
何故だか知らないけど思い込みなんてそんなもんです。
2016/10/26

新種生物発見!

こんちは、うぞうむぞうです。
偶然というのはまさに偶々なもので再現性が非常に薄いことを言います。
IMG_2029.jpg
某日朝のゆで卵です、気室側に卵黄が極端に寄った状態で加熱されたのでその部分の熱伝導が少なくはみ出た部分はほとんど固まっていません。
グダグダ言うより「パッと見て」の面白さだけなんですがねw
2016/10/25

いつもの行列がなかったので

こんちは、うぞうむぞうです。
おうちへの帰り道いつもの地下鉄改札口を出て前を見るといつもの場所に行列ができていません、何の行列かというとこの店のチーズタルトを買うために並んでいる行列で百貨店の他のお店の邪魔にならないよう10人くらい以降の待ち客は百貨店外の広場に行列を強いられます。
その列はどうかしたら50mくらいに及び並ぶのが嫌な俺ぃらは「ご苦労なこって」と呟いていつも帰るのです。
IMG_2020.jpg
何でもない焼き菓子なのですが東京に本店があるお店だそうで近畿に3店の他、博多天神に1店で西日本に4店しかないです、そのうちの1軒が梅田阪神百貨店にあります。

まぁお店紹介なんてどうでもよくって普段なら1時間は軽く並ばなければならないところをほんの10分ほどで買えたので途中で写メを送りましたら山の神さまに大層喜んでもらえましたとさ。
2016/10/24

いろいろ工夫して Round 2

こんちは、うぞうむぞうです。
前回の記事のチャオズですが、今一つだったんで一週間後にリトライです。
今回は俺ぃらのレシピ付きです、元ネタは料理本ですが配合なんかはもう別物だと思ってます、問題は二度と同じものができないことぐらいかなw
IMG_1978.jpg
まずはお野菜、ニラは先週の残りで30g(本数で5~6本)、白菜は200g(葉っぱ4枚くらい)、キャベツは100g(約8分の1玉)です、白菜とキャベツとを混ぜるのが俺ぃら流でしてキャベツだけじゃ青臭いし、白菜だけじゃ水っぽいのでほぼ2:1の混合です。
みじん切りにした白菜とキャベツには各小さじ一杯の塩を振って軽く混ぜてから軽く握って水を切ります、前回はここで絞り過ぎて失敗しました、出来上がりの食感がパッサパサになるんで適当に水分を残します。

IMG_1981.jpg
それにしても便利な道具です、包丁でやったら5分は掛かる作業が10秒ほどです、だけど先に葉っぱをバラして一枚ずつ点検しておかないと青虫でも挟まってたらイヤなのでその手間は掛かります。
近頃はほとんどないけどたま~に農薬てんこ盛りのがあって洗っても洗っても苦いのがありますから生のうちに齧っておきます、餡に混ぜてから気付いても手遅れだからね。
IMG_1983.jpg
土生姜20g(大人の親指大くらい)、ニンニク2カケはそれぞれ皮をむいてみじん切りにします。
これはさすがにフードプロセッサーじゃ無理なので包丁の出番です。
IMG_1989.jpg
豚ひき肉400gに醤油大さじ1杯、ごま油大さじ1杯、と紹興酒小さじ2杯…、まさかこんな短いスパンで2度目を作るとは想像していなくって先週の残りを呑んじまっていました、もう一回買うと言ったらシバかれそうなので清酒で代用です。
IMG_1990.jpg
先週、餡を混ぜるのにフードプロセッサーのお掃除が大変だからと手ゴネにしたんですがいまひとつ食感が粗かったんでやっぱりフードプロセッサーを使いました、程よく混ざって食感も良かったです。
IMG_1992.jpg
包んで焼くのは簡単です、100個ほど作れと言われたらイヤですがこのレシピの分量で50個です、50個もどーすんだよ4人家族なのになのですが完食しましたw
2016/10/23

売りたくねぇのかよ(怒

こんちは、うぞうむぞうです。
先日10月10日の記事で齢19年のカブ号の後継機を見に行くと書いたのですが、胃カメラを呑んだ日の午後にバイク屋に行ってきました、中古でもそれほどの値落ちがないので新車を見に行ったんです。

ネット情報の住所と店舗の写真で勝手にあの店だろうと判断して何のアポも取らずに訪問したのですが…。
道路に面した入口にカブ号を停めて中を伺ったら出てきた店員と目が合いました、そこでエンジンを止めてキーを抜き、ヘルメットを脱いでリアボックスに入れて…。
:「ごめんください」
:「……」
:「  さっき目が合ったよなぁ」
:「ごめんください」
:「……」
:「  おっかしぃなぁ…ご・め・ん・く・だ・さ・い

すると、「ガチャ」と音がしてトイレから先ほどの店員が出てきました、「いらっしゃい」というわけでもなく俺ぃらを爪先から頭の天辺まで眺めて「なんですかぁ」と宣います。
もうこの時点でアタマのどこかで「プチッ」と音がしてるんですが善良な市民なので用件を伝えますと判で点いたようなお返事が返ってきたのでそうですかと背を向けて店を出ようとしたとき常連さんらしきお姉ぇちゃんがスクーターのトゥデイを押して入ってきました。

今までの態度は何だったんだと言わんばかりの歓待ぶりでハンドルを支えてあげて表情を見ています。
この時点ですでに俺ぃらはアウトオブ眼中です、敗北感たっぷりで店を出ますがヤマハショップのYSPでの一件を思い出し、「ソーイチローさん」とも縁切ったろかとも思いながら走り出しました。

意地汚いお話ですが、そのお店の技量を観るには整備士や店員の指を見ろと言います。
多分トイレに行ってきれいに洗ってきたんでしょう、とっても綺麗な指でした。
2016/10/22

睡眠導入剤の効き目が弱くなってきているのか?

こんちは、うぞうむぞうです。
年中行事の胃カメラ受診の時期がやってまいりました。

いつものように胃壁をきれいにするという水薬を呑み、ストレッチャーの上でゴロゴロ転がらされてゼリー状の痺れ薬を呑み込まさされて点滴をセットされて、マウスピースを咥えさせられて…。
ここまでが看護師のお姉ェさんのお仕事でここで数分放置されてドクターが来て、看護師に何やら指示をすると点滴のパックに注射器で何かを注入します。

「おぃおぃ消毒液じゃなかろうな」、そんなわけもなく睡眠導入剤の本液なのですが前回ぐらいまでは、注入後、ワン・ツゥー・スリーでオチてた(意識が無くなってた)のですが、今回はマウスピースにファイバースコープを突っ込んで喉を通る辺りまで意識がありました、一番シンドイ瞬間に効いてなくってどうすんだよなのですがタイミングが悪い時はそんなもンです。

リンク記事を参照していて気付いたのですが、昨年のこの頃に「大型自動二輪免許取得後9年が経った」と書いています、ということは今年10年目ですな。
あんなことやらこんなことがあって、共に居た愛馬の数も7頭を数えます。

カメラ受診中と終了後の意識は完全にトンでいて控室まで行ったのもベッドを替わったのも知りませんでした。
速報的な診断では「綺麗なもんですねェ」と言われ、「一週間したら細胞生検の結果聞きに来てね」と言われ放免されました。
しめて9720円也、綺麗な金額ですなぁw