2016/06/30

体験コーナーなんてちゃんちゃら可笑しい

こんちは、うぞうむぞうです。
地震の大きな被害はこの前の熊本のを引き合いに出すまでもなく悲惨で悲しいものです。
揺れることが判っていればあらかじめ対策がとれるのですがその予想は日本中が危険区域なんですでおしまいというなんとも情けないレベルです。

それでも大都市の箱モノ行政の一環として何ヶ所かの体験施設があります、この日はその一つ大阪市立阿倍野防災センターにお伺いしました。
IMG_1673-2.jpg
「これから揺れるぞ」
「いいかしっかり掴まれよ」
「気分は悪くないか」
「本当に揺れるぞ、いいんだな」
こんだけ繰り返されてから揺れるんですからそれなりに身構えますがな。

あの日寝床の中で3回4回とシェイクされた経験に比べりゃぁ揺れてないに等しいですな。
お次は消火体験コーナーです
IMG_1690-2.jpg
所謂水消火器の体験コーナーなのですが不真面目にやるとITVカメラが視線や筒先の方向を画像処理していて一定の方向に向いていなかったりすると消火失敗のアラートがでるそうです。

最後は救急救命コーナーです、それほど大層なもんではないけどその辺にある道具で骨折箇所の養生を体験します。
IMG_1694-2.jpg
添木はダンボール箱を折ったもの、三角巾はスーパーのレジ袋を裂いたものです、なかなかの感動でしたね。

こんな研修が一回も役に立たない人生を送りたいものですがね。
2016/06/29

傷物は受け取れない

こんちは、うぞうむぞうです。
禿オクで得た利益を基に禿オクでぶっさんの部品を買いました、純正マフラーです。
IMG_1702-2.jpg

2015年式の車両から外したものだそうで右側に一か所立ちゴケ傷があるのはオークション説明で納得していたのですが商品が届きワクテカで梱包を剥がしたら赤矢印の場所に凹みと引っ掻き傷がありました。

IMG_1703-2.jpg
マフラーステーよりも内側なのでこんな場所に傷がつくことは有り得ないと、一応出品者に確認してみましたが「絶対にそんなことはないと即答があったので運送会社にクレームを入れました。

保険の範疇なんでしょうな、いとも簡単に「送料と商品の片方の代金をお返ししますので現品を引き取ります」との返事がありました。

駄菓子菓子、基本的に一組のものですから片側だけ残っても仕方ありません、なのでこういいました。
「あなたのところはティーカップの受け皿が割れてたらそう対応するの?残ったカップだけでお茶を飲めというの?」

日にちは掛かりましたが、この前の日曜日に引き取りに来られて「返金は銀行振り込みにします」と言って持って帰られました。
なかなかない美品だったので残念でしたが「傷物は受け取れない」からねぇ
2016/06/28

漸く交換

こんちは、うぞうむぞうです。
手足に触れる部品は新しい方がイイ!と全くどうでもいいパーツばかりで散財してしまいました。

だってさ、ゴムだから無いとは思うんだけど前のオーナーの汗が染みこんでるような気がしてねw
IMG_1655.jpg
2万数千㎞走行したと記録上はなっていますが細かい模様は擦り切れています。
この交換はプロとプロの道具でやってもらいました、エアガンで接着ボンドを引き剥がすのが最も速いんでね。

他にはステップラバーです。
IMG_1656.jpg
こっちは明らかに摩耗しています、モチロン走行性能には一切問題ないけど、ツーリング先でンコ踏んでる可能性もあるしねw

このほかにもメーターパネル下部にへんてこりんな引っ掻き傷があったんでこいつも交換。
ビールの景品の記事にも書いたけどこの部分は走行中の振動でキーフォルダーが揺れて傷が付きます。
だいたい走行パターンは同じなので規則正しく擦れてへんてこりんに傷がつくものなんです。
2016/06/27

一杯目は「飲む」ように(もう何回目だろうねこのネタ)

こんちは、うぞうむぞうです。
もうこのネタは何回使っているかわかんないけど今回は特別な意味を持つうどんツーでした。

S__21487619.jpg
一杯目はうどんの喉越しを楽しむ間もなく飲み込みます、江戸前の蕎麦も「手繰る」というようにクッチャクッチャ噛んで食べるのは粋じゃないって言いますが、うどんも同様です。

さて、特別な意味とは何かいなというとぶっさんを飼い始めて初めて三桁の速度が出せる場所へ連れて行ったということです。
ぶっさんがウチに来たのは先月の15日でしたが昨日までの40日間は近郊の都市高速をチンタラと流しただけでメガスポ本来のエリアではありませんでしたし、のダメージの回復にも時間がかかったということです。

神戸淡路鳴門自動車道はその最高速度が三桁なのでタイトルに偽りはありません。
追い越し車線を我が物顔で走る高級外車の横をバビュンと通り過ぎた夢を何回か見ましたが、そこそこの速度で流していたらトヨ○FJクルーザーがカッ飛んできてパッシングをしてくださったんで付いて行ったらこの四駆どえりゃー速いですな、帰って調べたらV6の4リッターとなってました、ちょうどいい露払いとばかりに存分にリハビリツーを楽しまさせていただきましたとさ
2016/06/26

高速道路から見える景色

こんちは、うぞうむぞうです。
移動のため高速道路を、特に地方への移動中に山間部を走っているとパッと視界が開けた瞬間に人家や特徴ある建物なんかの風景が目に飛び込んできます。

昔だと一期一会でそいつを二度と体験することはできなかったもんですが、現代では手元の小さなデバイスで即座に調べることができます。
img_6.jpg
ネットでお借りしてきた画像ですがコイツは徒歩でお山を登って高台から狙っているんで周りが開けていますが阪和道から見える景色はもっと秘境ぽく見えました。
直ぐにアイポンで検索したら一日の乗降客は2000年初頭以降は200人に達しません、両隣の駅がいずれも大阪・和歌山のベッドタウンなので数千人の利用客があるのにおそらく地元ティ以外の利用客は数人でしょう、桜がきれいなので寂れた状態を見たいなら春夏以降でしょうな。

山間地にあるためこれ以上開けることもなさそうで俺ぃら的にはお気に入りですな、今度はハヤブサのぶっさんで訪れることにしましょう。
2016/06/25

ソフトクリームはお約束か

こんちは、うぞうむぞうです。
観光地やらそこに向かうまでの高速SAでのお約束な販売品と言えばソフトクリームです。
gahag-0094702636-1.png
たいがいはそこの名物の食べ物やお花をイメージした化学合成のフレーバー、中にはお茶の葉の粉末を調合したものもあるけど、他には梅味なんかもね…。
バスがSAで停まるたんびに誰かしらがペロペロと舐めながら戻ってきますが、GGEもBBAもおっさんもおばはんも一様に子供みたいな顔をして美味しそうです。

俺ぃらダメなんすよ、胃腸が弱いもんでorz.
2016/06/24

今回は本当に人間以外の生き物たち【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
白浜アドヴェンチャーワールド篇の最後です。

イルカのショーってのは須磨海浜水族園で見てますんでまぁ同んなじようなもんだろうと多寡をくくってましたごめんなさい。
IMG_1627.jpg
観覧席に入った目の前にビール売りのお兄ちゃんが居たので思わず一杯
ええそうですよ身も心も汚れていますw

ところがです
ビールを呑みながら冷やかし半分で見てたんですがどんどん惹き込まれてフィナーレでは熱いものがこみ上げてきました。
[広告] VPS

記事を作成していてどんなふうにアップロードされているかわかんないんですが、ショースタッフとイルカたちのコミュニケーションはもちろんのことイルカも鍛えられているがショースタッフの訓練も相当のもんです
入場券
入場券は一般入場で4100円しますが是非のご訪問をお勧めします

記事はまた明日から日常戯言に戻ります。
2016/06/23

今回は本当に人間以外の生き物たち【中篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
白浜アドヴェンチャーワールド篇続きます。

パンダの次はサファリツアーです、パンダ舎で奇跡的にすいていて次はどうかなと思ったんですが発車5分前について最後尾の席にお殿様のように座っていたのにたちまち満員になりました、まぁ日本の皆様ばかりで親子ともどもほぼお行儀よく過ごしていたので快適ではありました。
getImage.jpg
こんな連結バスで移動するんですが先頭の機関車はどえらく古いエンジンのようで黒煙を吐きながらの加速でちと環境に優しくないかなと思いました。

サファリツアーのファーストコンタクトはこの獣でした。
IMG_1590.jpg
ケニア象と言っていたと思います、王子動物園でもそうでしたが彼らとの相性が悪いようで回り込んでも同じように回転してお尻しか見せてくれませんでしたw

次は狩られるものとハンターです。
シマウマ・バイソン・ライオン
お互いに匂いが気にならんのでしょうか、それともハンターに常に潤沢にエサが支給されているんでしょうか、俺ぃらがシマウマやバイソンの環境に置かれたら三日で発狂しそうな気がしますがね。

そして、ハンターの王様です。
IMG_1600.jpg
ライオンが百獣の王と呼ばれますが、異種格闘技戦ならトラの方が強いような気がします。

平和な草食動物の区域に戻ってオーストラリア大陸の生き物たちです。
カンガルー・キーウィ・ダチョウ
おおよそ30分ほどのツアーでしたが、車両はほぼ密閉されているようで獣の臭いも土の匂いも感じませんでした、チョット物足りないような気もしましたが面白かったです。

お見送りはこの方。
IMG_1611.jpg

大人しいのか躾けられているのか判りませんが、身動きも無しに留まっておられました、繋がれているようにも思わなかったんですが逃げないんですかな。

これで陸の獣篇は終わりです、一番興味がなく最後に回して途中入場したイルカショーでの驚き感動篇に続きます。

2016/06/22

今回は本当に人間以外の生き物たち【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
記事は前後しましたが、視察+観光で和歌山まで行ってきました、これ以降その関連記事が続きます。

視察の方は公開すると問題があるので省略させていただき、土曜日の観光です。
IMG_1584.jpg
まずは南紀白浜アドヴェンチャーワールドです。

梅雨時期であったことも幸いしあらゆる設備がすいていました、行列とお隣のお国の大声会話が大ぃっ嫌いな俺ぃらにとって奇跡の時間帯でしたが帰るころには観光バスで大量輸送されてきた、かの国の人たちでエントランスホールは埋まっていました。

アドヴェンチャーワールドと言えばパンダ🐼です。
パンダ
どの子もこの子もノッタリとしていますが、まぁ寝てるか竹を喰ってるかがお仕事です、毛皮が白黒なのはヌイグルミとイラストだけの幻想で実物のシロい部分は頭のてっぺんくらいです。
どの子も・・・なんて書きましたが最年長の永明(えいめい)は1992年北京生まれで人間で言えば70歳相当だそうで、ここに現在飼育されているほとんどのパンダのお父さんです、しかも昨年には繁殖行動が見られたそうで「元気なじいちゃん」ですなw

かの国の人たちは嫌いですが、パンダ🐼は大好き、だって声高にしゃべらないからね(爆買もしないし)
2016/06/21

手ブラぢゃ帰れないのだよ

こんちは、うぞうむぞうです。
手ブラと言ってもあの写真ぢゃ無いよと書きかけて拾ってきた画像の加工までしたんですがNG感満載なのでやめたヘタレですw

お話は前後するんですが、家族を放っといて独りで遊んできて何にもないなんてこと許されるわきゃありません。
お泊り明けの朝、宿酔いでズキズキする頭を振りながらホテルのお土産売り場を彷徨います。
紀州和歌山と言えば土産の定番は梅干か醤油です。
「ほっ、他にもあるわい」まぁまぁそんなに興奮しなっくってもイイです個人的感想ですからw
S__32710664.jpg
おうちに電話で確認したら醤油はこの間買ったばかりだというのでさらに選択肢が狭まります、もう一個の名物金山寺みそまでれーぞーこ(ryにあるというので切羽詰まって右端のキワモノに手を出しました。
ファーストインプレッションは珍しさもあってウケたのですがれーぞーこ(ryの肥やしになるのは間違いないです。

他にも金曜日に休んだ会社の同僚のために(金曜日は仕事なんだけどなぁ)

S__46137346.jpg
数入り菓子と細々したグッズ類は定番です、この手のお菓子なんてパッケージ越しにでも味と食感が判りますわw