2016/03/31

もう15年も前の本に・・・

こんちは、うぞうむぞうです。
たいした知識も無く、いやもっと無いのは行動力な俺ぃらですがこの頃は本も読まなくなったのでさらに知識の枠が狭まっています。
この記事を書いているのは3月26日の土曜日の朝なのですが、朝の陽ざしは眩しいけどクシャミが止まりません、窓の向こうは霞んで見えます。
こんな日に外出するのは危険極まりないのにこの後運転手として郊外の農産物直売所まで行かねばなりません、どんどん山に近付いて行ってどうするよ(半笑い

んで、今日のネタはこの本です、刊行は2002年となってますからもう15年も前の本です
514H7J5NE1L.jpg
本屋さんの店頭でパラリともめくっていないのですがアマゾンさんの書評の通りの内容だと察しがつきます。

人それぞれ理解力や判断力に幅があり、男女間のそれは良くも悪くも大きいですが男女というくくりではなく個体としてのパーソナリティーの違いなのですが俺ぃらの場合は自分なりに理解できているのに人に説明することが苦手です。
きっと何かの要素が欠損しているのでしょうが50代半ばを過ぎてそんなことに気づいてももう遅いっちゅうねん
2016/03/30

同じパドルシフトでなぜこうも違うw

こんちは、うぞうむぞうです。
俺ぃらの車、と言っても家族輸送機のミニバンですが一応標準グレードなのでオートマチック変速機のセレクトモードが付いておりシフトアップ/シフトダウンがハンドルから手を離さずにできるようになっています。
これをパドルシフトというんですが、元はF1で実用化され高級スポーツカーに搭載され、ギミック好きなパンピーのために大衆車にまで普及したものです。

元はF1で・・・と書いている通り、シチュエーションに合ったギアをハンドルから手を放すことなく選択できることが魅力なわけで、最もパワーが出る回転域をキープするには必須のもので、小排気量のエンジンにこそ必要なのは判るんですがね…。
10252027_201502d.jpg

オーナーならご承知の通り、このクルマの1500ccディーゼルターボエンジンのフィーリングにそれが必要なのかと小一時間(ry
重宝するのは緩やかな下り坂が続くワインディングロードだけですな、そもそも俊敏なシフトチェンジで加速させる車じゃないしねw

こんな愚痴を書くのも某日助手席に乗せていただいた車の暴力的な(もちろん最高の賛辞です)加速とエンジン音を聞いたとき「こんな車のための技術なんだな」と思い知ったわけです
2016/03/29

就職戦線ねぇ・・・

こんちは、うぞうむぞうです。
世にいう「ブラック企業」ってのがあります、時間外勤務が月に数十時間後半(どうかしたら三桁)とか、法定休日を取らせないで連続労働させるとか挙げればきりがないのですがそんなのを是正させる側の副業からして論外のサービス休日勤務をして帰りの某日の昼過ぎのこと、御堂筋近辺の舗道はそこらじゅうにリクルートスーツの若者が居ました。
rankingshare-732370b0883a11e3bd1a06ea006bccfab04fefb31e05cbb2da.jpg
まぁどの子もみんな疲れを隠せない表情でそれでも気合だけは入っているのか気丈に前を向いて闊歩しておられます。
しかし日曜日ですぜ、こんな日に面接や説明会をするような企業を候補に入れなければならない学生さんも大変です、将来の休日勤務が約束されたようなもんですからねぇ。

慣れないパンプスにやられちまったのか踵の辺りに絆創膏を貼ってたり、明らかに足を引きずっていたりするのを見ると他人事ながら可哀そうで見ていられません。
頑張れよと小さい声で呟くのですが「オッサンも大変やね」と言われたような気がしますw
2016/03/28

うるさいから蹴っ飛ばした…だと

こんちは、うぞうむぞうです。
「バイクの音がうるさくて腹が立ったので蹴った」
これだけでもご飯が何杯か行けるくらいの絶好の噛み付きネタですが、今回噛み付く相手は加害者でもなく被害者でもありません。
バイク蹴っただと
「高校生の」とあるだけでどこにも「暴走族が」などとは書いていませんし、しかもキックが当たるくらいの速度ですからたいした速度は出していないと思います、だいたい30㎞/hも速度が出ていたら蹴った方も無事ではすんでいません。
まぁ、夜道で後ろから走ってきた原チャが「ブリッ、バリッ、ボロローン」なんてアクセル開閉を繰り返す走行をしていたのがうるさいと思ったのかもしれませんがそんなオノマトペどこにも書いていないのに・・・です。
バイク蹴っただと2
田んぼの雲霞(うんか)じゃないけどその場に居合わせたのでもないくせに、いやもちろん俺ぃらもそうですがその場で音を聞いていたがごとく匿名の批評をしているツイッターのコメントが今回の噛み付き先です。

学業の傍ら深夜バイト出掛けようとした高校生が、夜遅い道路で信者から巻き上げた浄財で般若湯をしこたま戴いて帰りの生臭坊主に絡まれたのかもしれないのに全員が高校生のバイクが悪いというコメントというのはなんとも片手落ちだと思います。

だからお前らは バカッター だと呼ばれるんだよと小一時間(ry
2016/03/27

久々のオフ会

こんちは、うぞうむぞうです。
「ブログを始めて長いのですが」と書いても引っ越しを重ねているのでここでは新参者です。

前のブログで知りあい交流のできた方々、友達が友達を生みブログオフ会がだんだん賑やかになっていきます、有難いことです。
身元曖昧なままでもいいのですがアンテナにビビビとくる(古いねw)方々とはディスプレイを介さずに逢ってお話したりお食事をしたりするのもまた面白いものです。
お話の途中でも言ったのですが愛猫の名前の付け方にもいろいろあって、「みぃー」と鳴くからあなたはみぃーちゃんといったストレートなネーミング、アニメキャラクターシリーズのキーワードを関連付けたもの、外国の映画俳優を思わせる名前の付け方など様々です、でも彼らの名前に反応してコメントしなければ発生しなかった出会いというのも意外性があったと思います。

さて、今回のオフ会は東洋ナッツの神戸工場を一般開放して3月24日まで開催されていたアーモンドフェスティバル2016でした。(残念ながらこの記事公開の時点では終了しています、来年をお楽しみに。)
IMG_1050-2.jpg
この日はイベント終了後の園庭開放のみだったのでずいぶん閑散としていましたが、下見の時の早咲き種(写真上左)はすっかり花を落とし、残りの3枚の通り遅咲き種のピンク色が鮮やかな花が残っていました。

花より団子の例えの通り、お花見のあとはお食事会です。
S__27672579.jpg
食べログの掲載店の当たり外れは俺ぃら的には5割を切っているのですがこの店は当たりのランクです。
メニューはこのほかにドリアがあるだけですが下見時の感想も含め、3/4当たりです。

話が盛り上がり2時間ほど滞在しましたが、割と隠れ家的なお店で居心地が良かったです、大勢だったぶんお騒がせをいたしました。
残念ながら家族のほとんどがアレルギーを持っているので俺ぃらは猫飼いになれないのですがお話を聞いているだけで満足でした、ほかにも昆虫やカメ(カメ虫もリアル亀もw)の話にも及び楽しい2時間でした、皆さんまたの機会もよろしくです。



2016/03/26

中身の値段

こんちは、うぞうむぞうです。
ヘルメットの値段は中身の値段と言われて久しいです、日本における2大メーカー(いうまでもなくショウエイとアライ)の価格はそれ以外のブランドのほぼ倍ですが材質から考えると前者が複合素材のトップエンドで後者はポリバケツ並みの材質でできています。
他にもモーターバイク乗車時に着用するには不可欠の検査証さえ「検査結果であって保護性能ではない」わけです、まぁ当然で生身の頭に被せて鉄球を当てているわけじゃないからね。

んで、ただいま絶賛予約中のショウエイX-14については先日記事にしましたが、もしかしてデモ用の展示がないかなとバイク用品店に出掛けたのです。
X14.jpg
ネットショップの価格では51840円で、ポイント5%(2400円相当)付与となっているから49440円です。
リアル店舗の広告は写真の通り、55400円で、ポイント3%だったと思いますから53737円に2500円のガラスコーティングサービスとなっているのでまぁ無理から51237円でその差額は1797円です。
この価格差なら、「試着したうえでの購入」と書いてあるリアル店舗での購入が正解かなと思います。

んで、今日の記事に引っ掛けたネタをもう一つ。
AR-1.jpg
海外メーカーのHPです、About us の項目には Barcelona とありますからスペインのメーカーなのでしょう、それ以上は何が書いてあるのかわかりません、もしかしたら Barcelona はサブネームなんだと書いてあるのかもしれませんがどうでもいいです。

わざわざ記事に書くのはそのギミックです。
昨日の記事程の性能ではありませんが、後方カメラと前方カメラに加えナビ機能と携帯電話受信機能その他諸々装備です。
その価格は1499ドルとなっており、約167000円です。
まぁ人造人間の俺ぃらには必要ないですがねw
2016/03/25

呪われやがれと・・・ん?

こんちは、うぞうむぞうです。
基本的に安全運転な俺ぃらは前後方警戒レーダーが搭載されている人造人間だったんですよ(←イウマデモナクオオウソ

若かりし頃はホンとツマラナイ違反で捕まり続けまして前歴が消える間もなく、最後の違反なんて川沿いの土手の対向二車線道路を相当なスピードでカッ飛んでいく俺ぃらを対向車線速度取り締まりの白馬の王子が追いかけてやろうかと思った小一時間後、引き返してきてしっかりとレーダーの餌食になり、かの王子さまがサイン会のテーブルまでお説教に来たというくらい周りを見ずに走ってたものです。

結婚式が終わり、新居だった社宅の駐車場に戻ってきたその夜、入口のポールに車体左後部をこすり、その修理料金をしっかりと小遣いからサッ引かれたとき「ツマラン違反の反則金も払えないな」と光明寺博士に依頼して前後方警戒レーダーを装備したのです(←シツコイ)
青切符
つわもの達のアオ歴史は画像検索すると瞬時に数万件出てきますが、どの切符にも数千円から数万円の血と汗と涙が染みついているように見えます。

そんな俺ぃらも、あと5ヶ月で21年目のゴールド免許です
どっかから「呪われやがれ」という呪詛の言葉が聞こえたような気がしますw
2016/03/24

The Bonzai 3

こんちは、うぞうむぞうです。
すっかりシリーズになりました The Bonzai です、如何に乗ってない自慢も聴き飽きたでしょうがまぁごゆっくり…。

今回の盆栽自慢はインナーフェンダーです。
フェンダーレスキットをヤフオクで競り落とし取付けたのはいいもののこのままでは雨降りにタイヤからの飛沫で背中に紋々が入っちゃうので・・・、と言っても雨の日は乗らないんですがね。
001-zx1412-5000.jpg
写真ではカーボンファイバー強化樹脂ですが購入予約したのはFRPです、軽量を望んだところで乗り手の皮下脂肪を何とかする方が先決だしそもそも実用パーツなので縞模様が入っていようがいまいが関係ないのです(←ココツヨガリダカラネw)

まぁ品物は4月中旬まで入荷待ちなので当分このままですがね。
2016/03/23

ようやく炊けました

こんちは、うぞうむぞうです。
春の便りもすっかり時機を逸していまして初炊きが19日の土曜日でした、毎年恒例の「いかなごのくぎ煮」です。
S__28229636.jpg
毎年今頃に同じネタで書いているのですが、前回の記事の日付は3月8日になってます、日曜日は休漁で仕入れがないはずなので記事にしたのがこの日ってことは前日の土曜日のことだったんでしょう。

その記事でいかなごの価格について触れていますが恐らく1200円/kgくらいだったと思いますがその翌週には780円/kgになっていたのに、今年は3月19日でまだ1580円/kgでした、年々不漁になっていくようです。

北海道のニシンじゃないですが、後先考えないで取り尽すとそのうちいかなごのくぎ煮はプレミアム料理になってしまうのかもしれません、どこかの漁協は今年の漁を禁止すると取り決めたらしいですが隣町の市場に卸せば何のお咎めもないのですからまさにザルですw
2016/03/22

解体ショー

こんちは、うぞうむぞうです。
ヤフオクを始めとするネットオークションの世界には俺ぃらのように「お金がないから取り敢えず中古パーツを・・・」ってのと「自分は要らないけと転売して儲けてやろう」という転売ヤー(転売とバイヤーを引っ掛けている)、更には今回の記事のように中古車を一台仕入れてきて解体して剥ぎ取ったパーツを売りさばく解体ヤーがいます。

書き出しの通り、そこそこの値段のパーツはないかなと時々ウォッチしているのですが、たまに同じ車種のパーツが大量に出品されていることがあります。
ZZR1400.jpg

出品者からのキャッチフレーズを見ていると下の方に「この実働車両から取り外したパーツです」とあります。
エンジン単体から車載工具入れまで100品にも及ぶパーツに分解してオークションに出しておられるのですが、3月19日お昼現在でその入札合計額は558827円です。
恐らく2012年式のZZR1400だと思われますが、その査定額は過走行の場合50万円よりは相当低いところだと思われますので利益が出ないこともないでしょう、この膨大なパーツの保管場所に事欠かなければね。

面白いのは、エンジン単体の入札額が同時刻で512円というところです、ざっと読みましたが不動ともブローしたとも書いていないので判りませんがいかがですかw、ほぼワンコインですぜ(運賃が数万円かかるでしょうがね)