FC2ブログ
2020/08/05

こんちは、うぞうむぞうです。
いや、毎度のことながらの言葉遊びで昨日のタイトルと同じようにカタカナ一文字で始めてみましたが昨日とは違ってたいした意味はございません(昨日もやんかw)

若い時分、今はすっかりご無沙汰ですがパブや安いバーにばっかり呑みに行っていたころがあります。
スナックなんかでへったクソな他人のカラオケを聞くのが何より嫌い、おまけにカウンターの向こうにいる化粧お化けの湯婆ぁばみたいなのを相手に過ごすのが嫌で、早くボルトの中身を減らして次のをキープさせようとグラスの半分も減ったら注ぎ足し注ぎ足しするアルバイトの姉ぇちゃんが鬱陶しかったのもあります。

その頃のスナックのボトルキープ洋酒と言えばサントリーオールド一択でした、たいして定価も変わらないのにサントリーリザーブはキープ代金が倍ほどした記憶があります、湯婆ぁば相手に下手なカラオケ聞かされて二時間ほどで財布から諭吉さんいやこの頃は聖徳太子が一人失踪されました。

モノが売れれば売れるほどアンチというものが発生します。
日本中のスナックの棚を飾っていたサントリーオールドに対し「ウィスキーと表示されているけどそんなに原酒の仕込みがあるとは思えない、何か混ぜてないかい?」という風評が立ち、段々と売り上げが減り輸入ウィスキーの価格が下がってきたことで「これしかヤダ」という爺ぃのニーズに頼って終末を迎えようとしています、今や酒屋の陳列棚でも希少種ですぜw

さて、今日も長々、前置きにお付き合いいただきましたがここからが本篇です。
当時の輸入酒と言えば俺ぃらの知っていた範囲で有名どころではジョニーウォーカー、オールドパー、レミーマルタンなどでしたがそんなのを常飲できるわけもなく、ホワイトホースやカティーサークなんてところが精々でした。
IMG_6349.jpg

有難い時代でして若い頃、そんなにふんだんに呑めなかった輸入酒が普通に手に入ります。
今日の獲物はティーチャーズという名称です、ラベルにはスコッチウィスキーとありますがその前にブレンテッドが付きます、昔の記憶では加水以外の何かを加えたらスコッチウィスキーと名乗れなかったと思うんですが…。

裏ラベルにもシレッとモルト・グレーンと書いているところからしてモルト原酒以外の何かが混ざっているのは間違いないのですがここでようやくタイトルに掛かります、吞口がなんともリして、熟成された原酒には絶対にない風味がクチに残ります。

まぁ、税込み1000円チョイのウィスキーですからしょうがありませんがねwww
2020/05/26

舌の根も乾かないうちに

こんちは、うぞうむぞうです。
GWウィーク前から始まった超自粛緊急事態宣言中はもちろん外呑みは一切なかった俺ぃらです、昨日の記事でも書きましたが宣言は解除されてもウィルスが居なくなったわけじゃないし、しんどくってもその先の面倒を考えて解熱剤と咳止めで誤魔化しているウマシカもいるだろうし、第一夕方にお店が開いていませんでしたからね。
IMG_6166.jpg

日時は5月21日の夕方、場所は大阪市淀川区十三本通り交差点の真正面にある居酒屋、注文してから流石にこのまま手を洗わないのも気色悪いのでトイレに行く振りをして手を洗って席に戻りましたら連れはグラスに手を掛けてハフンハフンと嘶いているので写真を撮るわけにもいかず一口呑んじゃいました乾ききっていたんですねぇw…

昨日の記事でみんな妖精さんに見えるとまで貶しておいてすみませんが久しぶりの生ビールとハイボール数杯で茹蛸のように真っ赤になって帰りましたw
2020/05/21

あいつなんか、あいつなんか、あいつーなーんか♪

こんちは、うぞうむぞうです。
久しぶりのサビトロクイズです、このサビの曲は何でしょう…答えは記事の末尾で♪
ザワークラフト

何の医学的根拠もない、単なる聞き齧りですが発酵食品はウィルス対策に良いというのでザワークラフトを買ってきました、俺ぃらはコレを少しのマヨネーズと醤油で和えて食べるのが好きです、塩分過多になりそうで最近控えていたんですが久々に買ってみました。

そしてコイツです、「酒に恨みは無いものぉーを♪」とクールファイブさんが長崎は今日も雨だったで唄っておられました、そうです酒には…特に酒の名前には何の罪もありません…。
ビール

メキシコ産のビールです、悪いけどこの騒動が無ければ手に取ることはありませんでした、昔にあった事件でオタクという言い回しがとってもネガティブなイメージを植え付けられたのと一緒でバドワイザーやハイネケンと並んでポピュラーなビールのはずが一気に売り上げが落ちた上に国から生産停止を命令されたという…、もうね何がなんだかワカンナイです。

はい、お待たせしましたザビトロクイズの答えです曲目は堀江淳さんのメモリーグラスでしたw
「あいつなんか、あいつなんか、あいつーなーんか、飲みほしてやーるわー♪」
2020/03/20

ポン!

こんちは、うぞうむぞうです。
トラウマって言葉は皆さんご存知でしょう。

ウチではお嬢が幼児の頃にシャンメリーを開けたときの音でビビッて大泣きして以来、せっかくシャンパンやスパークリングワインを買って帰っても開ける瞬間には二人とも耳をこれでもかと塞いでいるから詮無いなぁと布巾をかぶせて抜くようにしているんですがこの夜はお嬢が居なかったんで大っぴらにやったらすごい音がしました、というてもこの音がイイんですがね、と書いていますが一流のリストランテのソムリエが隣のテーブルに聞こえるような音を立てたらクビだと言います。
シャンパン

イイ音はしたものの所詮カルディの安物、500ミリリットルで600円という価格ですから酔うには酔うたけど開栓音たけの値打でしたねw
2020/03/10

名物は遠きに有りて思うもの【妄想の訪問篇の続篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
たかだか大衆居酒屋なんだけど中々妄想の店への訪問が敵いません、この夜もそうでした。
こうなったら意地でも行ってやりたい一方で今回の代替店となった店でも充分かなぁ…、
イヤイヤ。
hukushimaeki.jpg

以前の記事の妄想の訪問店は写真の左側赤丸の「炭と日本酒 仁」となっているお店でした、地元ならまだしもアウェイでは独り呑みもちょっとしんどいので知り合いをわざわざ一駅乗り過ごさせて連行したのですが、玄関ドアを開けて「二人だけど…」と言い切らないうちに「ご予約はぁ…」と返ってきました。

そうかよしょうがないなと連れに詫びて振り返ったら今回の訪問店がありました、これまた看板を書き換えて「せんべろ酒場だいなまいと」となってます、物まね好きな国民性の現れでしょうか仁義も何もあったもんじゃありません。
S__45088782.jpg

反応も同じようなもんじゃろかとは思ったものの二人だったので運良く入店出来ました。
飲物はこの頃の定番のハイボールです、一応知られている銘柄を冠したグラスに入ってはいるものの中味なんて飲料用アルコールにフレーバーと色素を添加し炭酸水で希釈した液体が出てきました。
S__4508877754144561.jpg

誘われたもののそんなに乗り気でもない隣駅から連行してきた連れもこれから神戸の西の外れのタコ焼き市駅まで帰らなければならない俺ぃらもさっさと酔っ払って帰りたいという気持ちの方が先に立っています、一杯目なんて秒殺でしたw

「当店のシステムはとりあえずお通し代として500円戴いていますのでブッフェから希望の品をお取りください」というから指差された台まで行ったらカブの酢の物が薄い調味液の中に泳いでいました、煮物の方はつまみはしましたがもう結構…な味付けでしたね。
hamukatu.jpg

どれもこれも冷凍モノを揚げました、加熱しましたってなフードです、お刺身もお品書きにありましたが気色悪ぅてよう注文しませんでした、昨今のニュースからして程度の悪い生魚を安い店で食するのは危険だと本能が告げたので…。
フードは写真に写っている6品、飲物は一杯99円と書かれたハーボールモドキを二人でおおよそ10杯、お勘定は0.4諭吉で滞在時間は1時間ほどでした、本来の妄想の店も気になるけどもう福島界隈はいいかなと…。

帰り道、大阪駅まで戻ると構内放送で「新快速は数十分遅れです、湖県の方でお客様が列車と…」と連呼されており、各駅停車のホームは阿鼻叫喚の混雑です、こんだけ呑んであの満員電車に乗ったら…、想像するのも嫌なので振り替え輸送じゃない私鉄でほぼ倍の時間揺られて帰りましたがタコ焼き市駅に着くころにはきれいさっぱり醒めていました、何のために呑んだんじゃろw