FC2ブログ
2020/03/20

ポン!

こんちは、うぞうむぞうです。
トラウマって言葉は皆さんご存知でしょう。

ウチではお嬢が幼児の頃にシャンメリーを開けたときの音でビビッて大泣きして以来、せっかくシャンパンやスパークリングワインを買って帰っても開ける瞬間には二人とも耳をこれでもかと塞いでいるから詮無いなぁと布巾をかぶせて抜くようにしているんですがこの夜はお嬢が居なかったんで大っぴらにやったらすごい音がしました、というてもこの音がイイんですがね、と書いていますが一流のリストランテのソムリエが隣のテーブルに聞こえるような音を立てたらクビだと言います。
シャンパン

イイ音はしたものの所詮カルディの安物、500ミリリットルで600円という価格ですから酔うには酔うたけど開栓音たけの値打でしたねw
2020/03/10

名物は遠きに有りて思うもの【妄想の訪問篇の続篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
たかだか大衆居酒屋なんだけど中々妄想の店への訪問が敵いません、この夜もそうでした。
こうなったら意地でも行ってやりたい一方で今回の代替店となった店でも充分かなぁ…、
イヤイヤ。
hukushimaeki.jpg

以前の記事の妄想の訪問店は写真の左側赤丸の「炭と日本酒 仁」となっているお店でした、地元ならまだしもアウェイでは独り呑みもちょっとしんどいので知り合いをわざわざ一駅乗り過ごさせて連行したのですが、玄関ドアを開けて「二人だけど…」と言い切らないうちに「ご予約はぁ…」と返ってきました。

そうかよしょうがないなと連れに詫びて振り返ったら今回の訪問店がありました、これまた看板を書き換えて「せんべろ酒場だいなまいと」となってます、物まね好きな国民性の現れでしょうか仁義も何もあったもんじゃありません。
S__45088782.jpg

反応も同じようなもんじゃろかとは思ったものの二人だったので運良く入店出来ました。
飲物はこの頃の定番のハイボールです、一応知られている銘柄を冠したグラスに入ってはいるものの中味なんて飲料用アルコールにフレーバーと色素を添加し炭酸水で希釈した液体が出てきました。
S__4508877754144561.jpg

誘われたもののそんなに乗り気でもない隣駅から連行してきた連れもこれから神戸の西の外れのタコ焼き市駅まで帰らなければならない俺ぃらもさっさと酔っ払って帰りたいという気持ちの方が先に立っています、一杯目なんて秒殺でしたw

「当店のシステムはとりあえずお通し代として500円戴いていますのでブッフェから希望の品をお取りください」というから指差された台まで行ったらカブの酢の物が薄い調味液の中に泳いでいました、煮物の方はつまみはしましたがもう結構…な味付けでしたね。
hamukatu.jpg

どれもこれも冷凍モノを揚げました、加熱しましたってなフードです、お刺身もお品書きにありましたが気色悪ぅてよう注文しませんでした、昨今のニュースからして程度の悪い生魚を安い店で食するのは危険だと本能が告げたので…。
フードは写真に写っている6品、飲物は一杯99円と書かれたハーボールモドキを二人でおおよそ10杯、お勘定は0.4諭吉で滞在時間は1時間ほどでした、本来の妄想の店も気になるけどもう福島界隈はいいかなと…。

帰り道、大阪駅まで戻ると構内放送で「新快速は数十分遅れです、湖県の方でお客様が列車と…」と連呼されており、各駅停車のホームは阿鼻叫喚の混雑です、こんだけ呑んであの満員電車に乗ったら…、想像するのも嫌なので振り替え輸送じゃない私鉄でほぼ倍の時間揺られて帰りましたがタコ焼き市駅に着くころにはきれいさっぱり醒めていました、何のために呑んだんじゃろw
2020/03/07

何が悲しゅうて

こんちは、うぞうむぞうです。
再三書いている通り、鍋物は面子(めんつ)です、松坂や神戸の最高級の霜降り肉を供して戴いても面子が悪い…、この場合はソイツが嫌いとかではなく、鍋の作法がなっていない奴だった場合のお話しです。

前菜

この日の前菜です、早い時間だったのに揚げ物は油の酸化臭がしました、ここぐらいの大きなチェーン店だったら毎日揚げ油を交換していると思うんだけどひょっとしたらフライヤの手入れが悪いのかもしれません。
刺身

刺身が 生板 まな板 みたいな器に人数分の切り身を載せてサービスされる方式も嫌ですな、なぜ取り箸で取らないのかと思うんですよ、何が悲しゅうて知り合いとはいえ他人しかもオッサンがねぶった箸が接触した魚を喰わにゃならんのですかと。
鍋材料

ようやくこの日の主菜のシャブシャブ鍋の用意が出来ました。
先に白ネギや白菜の固いところを入れるんだよ…、いきなり肉をソレも直箸で…何をするよせフジコ…。
結局肉はひと切れも喰わずネギだけ一片食べてあとはハイボールをグイ飲みしていました。
寿司

そうして〆のうどん麺が出てくる頃には変色した出汁はドブ水のようです、寿司は俺ぃらが取ったほかはカピカピに乾いていきます、可哀そうに…。
2020/01/29

名物は遠きに有りて思うもの【妄想の訪問篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
暮れにうプした記事の大衆食堂さん訪問記の妄想の続篇です、そもそもが新しい年にさえなっていませんw
せんべろゆうじ0

この辺りまで来たらJRの新快速もずいぶん速度を落としているので屋号がはっきり見えます。
ただ、看板の手作り感と申しますかブロック塀の落書きレベルの見掛けからして若い経営者が居抜きで入った貸店舗でやっているのかと思って調べると炭火と日本酒 仁 というお店が改称したようです、こんな場所でせんべろって経営が成り立つんかなと思ったのですが食べログで見る限りには繁盛しているようです。

妄想の訪問が現実になったら続篇が書けると思います、それまで頑張ってね

【ほぼここまで読んでもらえないであろう追記】
先週ようやくチャンスがあって、予約するまでは無かろうと…、だってセンベロというのは基本的に酒屋の店舗の片隅でやっていてサッと呑んでパッと帰るところだと思ったので。
だけど同行者がいて皆さんその方面と違う場所だから連れてきて「入れません」じゃ申し訳ないので一応を電話入れてみたらまさかの満席とのことでした…。
2020/01/14

メートルを上げる

こんちは、うぞうむぞうです。
例によって昨年作成の未来日記です、でも最後に書いたようになっていたらいいなぁという願望込みの記事です。

メートルを上げるから来たお名前かどうかは判りませんがと書きながら調べるとずいぶん昔の紙媒体の記事で店主に聞いた方がおられてその通りと答えたと言いますが、その記事が1990年代始めのことなので現店主の先代ではないかと思われます、あれこれと計算すると区画整理で移転する前も含め90年位の歴史があるようです。
メートル6

区画整理でと書きましたが建築基準法なんてくそくらえの区画整理だったんですね、もしもの時は消防車どころかフル装備の消防隊員がすれ違えないくらいの路地の奥にそのお店はありました。
ちなみに地図の下の赤線の部分は例の「火ぃ付けて…燃やしてしまえ」発言で明石市長がいったん辞任した一件の現場です。
メートル1

画像無断借用スミマセン、言い訳がましいのですが居心地がよくってすっかりメートルを上げてしまいwお店の写真を忘れていました。
写真借用先のブログ記事がもう10年近く前のものなので多少変化があるかもわかりません、現に冬寒の中を記憶を頼りに進んだものの一周目では見つけられませんでしたしメートルの上がった帰り道は駅とは真反対の国道側に迷い出てしまいましたw
メートル2

実はこのお店、ご近所さんの親御さんの経営だそうでずいぶん前に俺ぃらの猫の額ハウスの近くでお見掛けした事のある小母さんがカウンターの中にいました。
青菜と薄揚げを炊いたんがおいしそうだったんで最初に頼んで飲み始めました、ビールはラガーの大びん…、飲みごたえがあります、俺ぃらはサーバーの生ビールよりこっちの方が美味しいと思っています。
メートル3

ご近所さんの…、と言っても初見なのでお店の人ともお話しすることも無く、とりあえずはおチカラ拝見です、揚げ物を頼んでおいて次を考えていたら掛かっていたテレビ番組に気を取られて無駄な時間が経ってしまいました、居酒屋道とは集中力なりなのですが居心地が悪かったらさっさと喰っておさらばだったでしょうから俺ぃら的にはいい店なのだと思います。
メートル4

オデンが来ました、賤しいので大根を半分喰っちまいましたw、厚揚げも美味しかったです。オデンは外のものがイイですな、外と言ってもコンビニオデンは論外ですがね。
メートル5

ビールを飲み終えてお酒です、電気酒かん器が見当たらないので電子レンジ加熱されたものはイヤだから常温です。
「常温で二合」と注文したら「ガラスコップで二杯飲んだ方がお得ですよ」と勧められたんで従います、お銚子を洗うのがめんどくさいのかもしれませんが正味二合飲めたので満足です。

三が日を最終に発動した禁酒ウィークは辛かった(と思いますw)
こんな風に適度に飲(や)って休肝日を作るのがイイのは判っているんだけど中々ねぇ…。