2017/06/15

勝手に止めて勝手に再開

こんちは、うぞうむぞうです。
俺ぃらはいい歳こいたオッサンのくせに結構な偏食家だということは再々書いています。
んで呑みに出掛けるとポテトフライやじゃがバターの類を注文することが多かったのですが、一年以上前に何となくソリの合わない上司に宴席でそれを嗤われて、よし今年一年は禁ポテぢゃと勝手に宣言したのでした。
IMG_2711jlkvyfuio.jpg
止めたら止めたでそれをからかう奴もいましたが華麗にスルーして一年が過ぎたのでこの春から勝手に再開しました。

都会のど真ん中の大衆居酒屋チェーンで恐らく何日も替えていないアレもコレも一緒くたに揚げているフライヤの油のせいで色んな風味がしますが久々なのでビールが進みました(ススンダノカヨw)

あと魚と言えばこれくらいしか食べられないものがホッケの開きです。
余程古かったりすると油が回って喰えたもんじゃないのです冷凍技術が進んでいるんでしょう、そうそうハズレが無くなりました。
IMG_2712dfzraersd.jpg
これの中骨を勝手に剝がして殻入れに棄てやがった奴にキレた話を書いた覚えがありますが、皮と中骨と尻尾の先以外は全部喰えます、上質の小ぶりのなら中骨もかみ砕いて食べられます、結構お気に入りなのですがあんまり見掛けませんね。

さて、ここからが本題
某日のLINEニュースです。
S__51060740564894894.jpg
退社後の飲み会で部下がポテトフライを注文したらいきなり怒り出して説教した上に漬物や刺身盛り合わせを注文せを注文させられたそうです、「いつまで学生気分なんだ」と叱られたそうですが本心や如何に…。

そもそも会社の部下を誘った時点でパワハラなんですってねw、断ると何かと差し障りがあると考える部下はデートの約束があっても誘いに乗らねばならず挙句に食べたいものを食べられないで酔っ払わされたなんてカワイソスw
誘った上司は上司で「わしが奢ってやろうと連れてきてそんなジャンクフードを注文するってのはわしの財布を軽く見てんだろうがゴルァ」ってとこなんでしょうか。

その上司の年代である俺ぃらにも意見があります。
割り勘で飲みに行って場のメンツに断りなく「刺身の盛り合わせ一丁」なんてコールをする奴はタヒねとw
2017/05/27

この日で最後

こんちは、うぞうむぞうです。
今週半ばの某日、先輩の送別会に出掛けてきました、ここ十数年俺ぃらの所属する会社では定年退職月がローリングイヤーになり誕生日月の月末で退職するようになったので、毎月誰がしかの送別会に参加してるような気がします。

割と頑固者の先輩だったので公式の送別会は全て断られて数人の後輩での寂しい送別会となりました。
IMG_2693lmkuibgi,
会場はこれまた場末にある(ごめんね)関係者の親族が経営するカラオケスナック、食べモノに期待できななぁと思ってたら在庫一斉処分だったのか出てくるわ出てくるわテーブルの上はあっという間に満席です。

それにしても様々な理由でのセカンドライフを送る方が居られます、現行皇室関係法規が改訂されない限り平成ウン十何年まで住宅ローンが残っている俺ぃらには到底無理な選択ですがねw
2017/05/25

空白の15分

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルは…、別にサスペンスドラマの掴みではありませんが実際に行動内容が判らない時間帯があったお話しです。
IMG_2673145614.jpg
先週某日の宵に昔の楽団仲間の一人が定年を迎えるというので梅田の高いところ(ビルの高さだけだけどね)で送別会に参加してきました。
懐かしい顔もあったのですが、宴席ではヒッキーなもんで手酌で呑んでたらつい過ぎてしまって、最終バス(22時30分w)に間に合う電車に乗って、最終バスにも間に合った記憶があるんだけど、翌朝になって山の神さまに聞いたらgdgdで帰ってきやがったそうで、しかもバス停到着時刻と自宅到着予想時刻の間に15分以上の不明空白時間があったようです。

風呂には入ったものの、いつまでも出て来ないのでお嬢が二回ほど声を掛けてくれたそうですが何にも覚えていません、当然のことながら翌日事務所で死んでました
2017/04/29

あれから夢中

こんちは、うぞうむぞうです。
チョットした好奇心が元で深みにハマりこんでズルズルと暗闇の深淵やアウトローの世界に引きずり込まれるというお話しはよく聞きます。
俺ぃらの昔の仕事仲間にも慰安旅行で電車の乗り継ぎで空いた1時間ほどの手慰みに入ったパチンコ屋で、所謂フィーバーが掛かって以来のめり込んで最終的には三桁諭吉の借金を抱え退職して行った奴がいます。
何とかして逃げ出そうと思ったんでしょう、クルマ好きだった俺ぃらに「今乗ってる車を売りたいんだけど」と言ってきまして…。
「年式と車種は何ですか?」
「××年式の日産サニーで……」
(話を遮って)「いや、それ10年も前のですやん、値段つきませんよ」
「何だと貴様ぁ〜」
「何をするよせフジコ…」
斯様に何かにはまり込んだ人間が正気を無くすのはよくあるお話しです。
2017041314363924a.jpg
俺ぃらの場合はラムちゃんにハマりました。
度数が40°と高い割にはピリピリくる刺激がなく、エキゾチックな風味と甘みが数杯で天国に連れてってくれます
問題は、これ以上ハマルと本当に天国に連れていかれるってことでしょうか、もっともその前に地獄を覗くことになりかねませんがねw
2017/03/27

苦渋の選択w

こんちは、うぞうむぞうです。
「雨が降るかもよ」なんて要素がひとつまみでもあったらバイクに乗るのをためらうヘタレライダーのブログにようこそw

昨日の日曜日、神戸の西の外れは薄曇り、アイポンに聞いたら終日曇りだというのですが国策放送局の近畿地方概況には傘マークが複数ありましてそんなのを見ちまったらもうダメですw、あとは部屋でグダグダとしておこうと思ったら山の神さまから「クルマに燃料入れてきてね」との指令が下り、ついでにお昼の買い物も依頼されました。
いうまでもありませんが拒否権は無いので出掛けるついでに俺ぃらの燃料も買ってくることにしました、あくまでもついでです。
IMG_2494.jpg
左端は通常燃料の芋焼酎、真ん中と右はドーピング燃料ですw、ぶっさんに呑ませるアブラ代を割いての苦渋の選択です。

真ん中のはレモン・ハートというラム酒です。
古谷三敏さんの漫画「BARレモン・ハート」でその存在は知っていましたが現物は初めて見ました、と言いながら作中のものとはなんとなく違和感があると思い帰って調べたらオリジナルの方はもう7年ほど前に蒸留所廃止で生産中止され、このボトルはカナダの蒸留所の復刻版だそうで、そこはあのカナディアンクラブの蒸留会社で…、あとはウィキさんに聞いてください。

右端はシェリー酒のサンデマンです、シェリー酒というのは…、お調べ下さい。
酒自体よりも名前に思い出のあるお酒です。
20歳になった年まで住んでいた阪急西宮北口の駅前に有った銀行ビルの地下にその酒の名前を冠したパブがありまして、いまだとどんなカテゴリーなのかな?若いおねェちゃん(もちろん限りなくシロートに近いバイト)が5~6人いて、口ひげを蓄えたマスターと無口な料理担当のチーフでやってられました。
直ぐ近くの居酒屋ふじやでビールやら何やら飲んだ後でなだれ込むのが定番でした、洋酒の飲み方を教えてもらったお店でしたが引っ越しと共に疎遠になり、阪神淡路大震災からの復興後に訪れたらビルごと建て替わって影形なかったです(トウイメ