2017/07/24

人造人間キカイダー

こんちは、うぞうむぞうです。
毎度のことながらタイトルと記事の内容はほぼ関係なく、石ノ森章太郎さんの人造人間キカイダーのヒーロー変身後の主人公の外見が左右でツートンカラーになっているということだけです、そんな人を見たんですよw
IMG_2820145471142341583.jpg
某日、と言ってももう3週間も前の京セラドーム大阪前の看板です。
メジャーデビュー後、もう25年も活躍されているんですね、カラオケで何曲か歌ったことがある程度ですが有名曲はいくつか知ってます。
へぇーと思ったのでこの看板を撮ろうとしたら先客がいて交互にポーズをとったり自撮りしたりとなかなか退いてくれません、ようやく居なくなったので後姿を見送りながら看板前に移動していてビックリ(驚
先のキカイダーさんよろしく、髪の毛の右が赤茶色で、左が黒髪で全体にソバージュパーマを当てておられました。
色んな自己主張があるもんです(半笑い
2017/07/09

情けない国に生まれたもんだ

こんちは、うぞうむぞうです。
ブログに政治ネタを書くとゴニョゴニョなのですがタイトルの通り、ホント情けない国に生まれたもんだと嘆きました。
昨日の国際ニュースで核兵器禁止条約が国連で現地7月7日に採択されたようです、当然のように国連加盟国193カ国の中で公表された参加国数は124カ国とほぼ6割、賛成が122カ国で棄権と反対がそれぞれ1カ国だったと聞きます。
IMG_27546561051561.jpg

情けないというのは世界中で唯一破壊と殺傷の目的をもって二発もの核兵器が使用された日本がゴニョゴニョな理由で第1回会議以降参加していないということです。
ゴニョゴニョな理由ってのはどんなにアヤツリ言葉を並べても日本がアメリカの核の傘の下にいるってこと、傘が外れた瞬間にあちこちからいろんなものが飛んでくるんじゃないかという惧れからってとこでしょう。
ついでにダダ長ぇ大臣さまの会見文を貼っときます

まぁもっと情けないのが実際の被爆者が参加する団体ってのが政治イデオロギーによっていくつも(ざっと7団体ぐらい)に分かれて活動しているという事実です。
凶産党系の団体で活動する被爆者と旧車會党系の団体で活動する被爆者じゃ健康被害の状態が違うんですかぃな?

オッと、こんなこと書いて皆さんに同意を求めたら共謀罪でとっ捕まりますかw

オヤ、ゲンカンニダレカキタヨウダ、コンナジカンニダレダロウ
2017/06/23

神さま15分お土産45分

こんちは、うぞうむぞうです。
先週の週末にお伊勢参りをしてきました、行きも帰りも呑んだ暮れの罰当たり参拝ツアーです。
(いうまでもないけどもちろんバスツアー)
IMG_2779.jpg
内宮(ないくう)まえでバスを下車し、なんとなく千鳥足のバチアタリ集団は内宮大鳥居前の五十鈴川を渡って進みます、信教上の理由で神社にお参りできないなんてのがいましたがどうしたのか知りません。
大きなお世話ですが「我のみを崇めよ」とはとは何ともキャンタマのこんまい宗教ですなw

もっとも、この後二日酔いの千鳥足で内宮まではたどり着いたものの十重二十重の列に嫌気がさして前のオバサンの背中を拝んできたようなもので続く荒祭宮(あらまつりのみや:写真4枚目)も石段を上がる気にもなれずこれにてお参り終了w
S__51650584545844.jpg
自分だけ楽しんで手ぶらで帰るなんて許されないことなので大量のお土産を買い求めます。

内宮の出口にある土産もの屋の一角をおかげ横丁というのだと思っていたら本当のおかげ横丁というのはそれより100mくらい向こうの一角だけで、そこまでは大鳥居前商店街なのだとかw

この日はとてもいい天気で空は青く、雲だって雨雲は一つもなく絶好のツーリング日和なのですがまぁこれはこれでいいのかな(ヨクナイトオモウ)
2017/06/06

まさに人間以外の生き物

こんちは、うぞうむぞうです。
この記事カテゴリはもともと他所さまの可愛らしい家族たちを褒めるために作ったものだったんですが、よく考えれば「家族」という言葉の通り、彼らは毛が生えていたり水の中にいても家族なので「人間以外の」というのはいかがなものかということで使用を自粛する代わりに、人の道に外れた愚か者たちを嗤ったり怒ったりするために使ってきましたが今回の記事の出来事はまさに人間以外の生き物の所業であります。
明石駅の東数百メートルに亀の水という湧水があります、街の真ん中なのでそんなには良好な水質ではないでしょうが風味には問題なく茶の湯やコーヒーを淹れても水道水よりは美味しいような気がします。
特に天気や体調が悪くなければ早朝に汲みに出掛けているのですが某日朝、異変に気付きました。
IMG_2713lopjiopi.jpg
お水を汲みに来た人の善意を受け止める賽銭箱がありません
左端は在りし日の写真を電脳空間から拾ってきたものですが、汲みに来る人々の半数以上は何にも入れてないように見受けられ現に俺ぃらが入れたときにもコトリという音しか聞こえないことがほとんどでそれほどの投入があるようには見受けられないのに某日早朝には忽然と消えていました。
金属のバンドで括ってあるのに台ごと引っぺがして引き抜いたようで台の板がめくれ上がっていました。

とんでもない奴がいるもんだと情けなく思っていたら、どこかに棄てられていたのが見つかったという貼り紙がありました。
僅かな小銭のために人の道に外れることをする奴が情けないです。
2017/05/23

大小の差はあれど

こんちは、うぞうむぞうです。
ビワコムシってのが異常発生しているという記事の写真で、ここ神戸の西の外れにも似たようなのが居るんだがと思い、調べてみるとやはり同じ系統の生き物でオオユスリカというようです。
215464514351.jpg
幼虫は熱帯魚のエサなどにも使う赤虫で湖沼、河川の澱み、ため池などに生息し、それらの水底のヘドロの中の有機物を食べて成長するのだそうです。

つまりが周辺の住宅が増えて側溝などからの家庭排水が水域に流れ込み有機物が増え増殖に拍車がかかるってことで、ここに引越してきたころは普通にため池だった目の前の池にもここ数年水面一杯の水草が繁茂するようになり、そんなことが起きているんだろうなぁと思ってたら春秋にこのユスリカの攻撃を受けるようになりました。

攻撃と言っても人の吸血をするわけじゃないのですが徒党を組んで押し寄せ、光源や白っぽい面に停まるので気色悪いのです。
琵琶湖という日本最大の湖もこちらのため池でも同じ様なことが起きているんだなぁと思いました。