2018/02/05

人間つらいことは忘れるように出来ているらしい

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルの通りです、毎度毎度あることないことを記事にしているとネタに詰まってきて、増してや寒さで余りバイクに乗って無いものだからプライベートなことをオブラートに包んで自分に都合よく切り取って公開しているのですがそんな中でも他人さまには絶好のネタと言うか「他人の不幸は蜜の味」的なネタを忘れていたりします。
gamen.jpg
某日、地下鉄の駅でカッターシャツのポケットから取り出したアイポンを持ち替えようとしたら手帳型カバーのフラップが小指に引っ掛かってその反動で取り落としてしまいました

神に祈る気持ちで拾い上げますが無情にもそこには斬新な模様の壁紙が映っていましたよ

もう、そっからの仕事なんて手につくわけもなくいくつかの会議をうわの空で聞きながら修理のことを考えていました。
ネット検索して問い合わせて最寄りの2軒のお店がヒットしたのですが1軒目は「受付までに運が良ければ2時間待ち、順番が回ってきてから1時間ぐらい作業時間が掛かる」と言われ、これは体よくおとといきやがれってこったなと次のお店に行きました。
次のお店は「今日は直せないので予約してね、予約は最短で3日後しか空いてないわよ」と言われ、もう自棄になって予約票を書いてから夜の街にダイブしましたw

3日後、予約票の控えを握りしめてお店に向かいます、ウソ情報でアップルケアに入ってたらごくわずかな負担で治るよと言われて淡い希望を抱いていましたが写真には写っていない左側のフレームに変形があり、新しいガラス画面が着かない恐れありで本体交換となりました。
アップルケアの補償で本体交換に12774円、だけどauパスに入っていたら最大10000円キャッシュバックがあると聞いたので加入の状態を聞きますが無情にも加入1か月で解約していましたよ
2017/09/28

ちったぁ賢くなったようだな

こんちは、うぞうむぞうです。
インクジェットプリンタが世に出て40年近くになります、もちろん初期の高価かつ印刷性能がダメダメだったころのお話しです、まだ自作機はおろかNECのPC-9800シリーズの初期のことでビジネスPC誌でインパクトプリンタとの比較テストを大真面目にやってたころです。
轟音を発する同じPCシリーズのインパクトドットプリンターを起動するのにもお隣に気を使った覚えがありますが今や特殊な用途以外からは駆逐されてビジネス大量印字用途にでさえインクジェットプリンターが、さらにはカラーレーザープリンターが活躍しています。

インクジェットプリンターも初期はノズル詰まり解消と予防のためにカートリッジの半分くらいを印字ではなく機内の回収ケースに棄てていました、廃用となったプリンターを適当に倉庫に押し込んどいたらエライことになった覚えがあります。
5484841668146.jpg
某日、印刷中にインク切れのメッセージが出てページの途中で止まっちまいました。
昔なら掠れて印刷してでも最後まで進行していたのに紙を噛んだまま止まってユーティリティー画面がポップアップしてインクカートリッジを替えなきゃ絶対このまま進めないもんねと主張するので指示に従ってインクカートリッジを替えたらその行から印刷を再開してしかも綺麗に出てきました。

カートリッジ交換後はガッシャンコガッシャンコと音を立てて交換したばかりのインクを相当棄てていたのにえらい進歩ですな。
2017/05/16

危なかったぁ

こんちは、うぞうむぞうです。
電脳空間では昨日から世界的にウィルス感染による情報流出被害やランサムウェア(まぁこれもウィルスだけど)によるファイルが開けなくなるトラブルなどあちこちでニュースになるくらい報道されています。
それでもバカッター民は呑気なもんで「ファイルが開けなくって仕事になりません>< 」なんておバカな嘆きを全世界に向けて発信していたりします、嘆いている前にシステム管理者に相談しろよと小一時間(ry

さて、危なかったぁのはコレ

続きを読む

2017/03/06

ようやくアイポン7だす(たす)【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
特に喜んでいるような書きぶりにはしていませんが実はサルのように毎日毎日弄りまくっていますw
やっぱ新しいガジェットはなんだかんだ言ってもうれしいです。
ケース
一昨日の記事にも書いた通り、本体の各部の寸法はほとんど変わらないので古いケースのままでもホールド機能には問題ないのですがカメラが使えないと困るから早速ヨドバシに寄ってお買い物です。

殆ど買い物しない割にはチマチマ貯めていたポイントのおかげで前回のケースがほぼタダで手に入った分、今回のポイント残高は58Pしかなかったのですが僅か1380円です、これなら使い勝手が悪くっても直ぐに諦めて次のを買えます。
窓
新旧のケース違いは前にも書いた通り、カメラレンズ窓の開口部の大きさだけです、旧ケースも持ち慣れて気に入っているのでダメもとで手術してみようと思っています、うまくいけば着せ替え用に置いておこう。

スティーブ・ジョブスはカバーやストラップを付けるという行為を嫌っていたと聞きますが、画面をむき出しにジャケットやシャツのポケットに入れる方が破損や傷のもとになると思うし、ストラップがないと電車の中で居眠りして落っことしてしまって壊れる恐れもありますからブック型ケースとストラップは必須です、少なくとも俺ぃらにとってはね。
2017/03/05

ようやくアイポン7だす(たす)【中篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
アイポン7+を扱ってみて、というか電話とメールとカメラの機能くらいしか確認していないのですが、いくつかの改良点があるようです。
ボタン
その代表格がこれ、ホームボタンです。
名前の通り、ボタンだったころのクリック感を表現しようとしたんでしょうね、その部分を押すと振動を感じますがこれはこの部分がボタンじゃなく躯体と面一のセンサーになっていることが判ります。
ボタンであるゆえに動きのための隙間が出来てしまいそこからの水分の侵入で寿命を縮めてしまうことの対策のようですがそれ以外の操作感は今まで通りです。

そういえば契約の説明中に「インターネット接続の履歴やパスワード情報、ゲームのスコアなど一切失われますがいいですね と念押しされました。
いいも悪いも消えちまうんだかろしょうがねぇじゃんと思ってたのですがデータ移管中にアウ(au)のサイトに頻繁にアクセスする作業がありまして、サファリのトップ画面がその日最後のアクセス履歴画面で「うゎー(ドキドキw)」と思いながら作業を見ていたのはナイショですw
履歴
作業が終わり、手元にアイポンを受け取ってあれこれ確かめてみると履歴はおろかYahoo!乗換案内の直前アクセス駅やらヨウツベ(Youtube)の検索履歴まで残っていたのでした。

ヨウツベの場合は検索履歴というより頻繁に検索したアーチストに関連した「検索者の好み」が表示されます。
昔のアイドルファンな俺ぃらのお好み情報は他人に見られたら死にたくなりますw

ざっとネット記事やら何やかやを漁ってみると、カメラ操作時のシャッター音のボリュームが大きくなっていて変更できないんだそうです、理由は盗撮防止だというからもうねアホかバカかと小一時間(ry