2018/02/20

欲しい時が買い時…

こんちは、うぞうむぞうです。
ひと昔前、携帯電話市場が今のようにアイポン独り勝ちじゃなかったころ(異論もあると思いますが)毎年、春モデル・秋モデルが次々と発売されて通話性能はもちろんのこと様々な付加価値がついてきて「いつ買い換えたらいいのか」判断がし辛い時がありました。
パソコンもデジカメも同じでした。

代わってバイクです、こちらの毎年のモデルチェンジは一部の超スーパースポーツを除いて3年に一回ぐらいのフルチェンジの合間にカラーリングやほんの末節を変更したマイナーチェンジとも言えないような小変更があります。
周期の間はカラーパーツ以外の構造部品は同じで部品番号も変わりません、HY戦争の頃とは違うんですな。
c125.jpg
先々週の土曜日のネット記事にこんなモデル予想写真が出てました、カブC125というんだそうですが前輪ディスクブレーキ、ホイールはアルミ(まさか鍛造じゃないよなw)、予想厨の願望そのままにコンセプトモデルを構成したらこうなる的なバイクです、「欲しいか」と問われたら「現行カブと同じ値段なら買う」と答えますね。
cc-110.jpg
これまた代わって新型クロスカブCC110です、こちらは予想写真じゃなくってメーカー公式発表のものです。
実は新型カブが国内生産移行する情報に飛びついた次の週にネット記事が出ていましたがその時点では国内生産移行なのか、made inChina なのかわからなかったんでスルーしたんですが僅か4ヶ月で出てきましたかそうですか…。

ま、6諭吉も高いんじゃ買えねーよと…orz.
2018/02/17

貼ってから気付いた悲しい過去

こんちは、うぞうむぞうです。
先日の初詣で、交通安全御守りを買いました、何年かぶりのステッカータイプにしたんですがコイツは…。
IMG_3427.jpg
反射素材が使われていてリアボックスにでも貼れば後方からの視認性向上に役立つんでしょうけど何となく爺臭いのでここにしました。

んでね、このステッカーの貼り具合を見ていて悲しい過去が蘇りました。
2年前の初詣でそれまでの御札タイプに加えてこのステッカータイプを車体に貼って約4ヶ月後に空を飛んだんです
2018/02/16

命名「ミドリさん」

こんちは、うぞうむぞうです。
毎度のことながらと言うか初代アオ号以来、愛車にはニックネームを付けていまして今度の愛車スーパーカブJA44にも例に倣って「ミドリさん」と命名しました。
これから再々書くことになりますが、この「ミドリさん」が終(つい)のバイクとなると思います、山の神さま共々免許証を返納するまでは自家用車があるでしょうから任意保険のミニバイク特約で任意保険がカバー出来るので維持費に困ることもないでしょう。
ニセリンゴ
この記事が公開される頃には暦の上で約三週間が経っている頃でしょうがファーストインプレッションは「走らんバイク」ですな。

一応は慣らしと思ってスロットルを操作していますがやはり駅前坂は3速では上がりませんし、2速ではエンジン回転数が上ってしまうんで精神衛生上悪いなぁと思いまして迂回路を使っての帰路でございます、せっかく排気量2.2倍、馬力2.4倍になったんで、も少し回しながらシフトアップして行ったらそんなこともないとは思うんですがね。

逆に往路のコークスクリューでの先代カブ号は4速でも吹け切って苦しそうな音を立てていたんですがギア比の問題かそのような事もありません、駅前坂じゃコークスクリューじゃ言うても読者さんには何の事やら判りませんがなw
2018/02/15

偽リンゴと赤まむし

こんちは、うぞうむぞうです。
最近のというかここ30年くらい以内のスクータータイプの…、と書きかけて頭に浮かんだのはホンダさんちのdio(ディオ)でした。
ウィキさんに聞いたら1988年に初代dioが発売されてましてその頃からスクーターのシート下はメットインスペースだったと記憶しています、他のメーカーは調べていませんが初期はお椀型かジェットタイプのヘルメットがようやく入るスペースだったような気が…。
seat.jpg
転じてカブです、シート下は発売以来のデザインで燃料タンクです、収納スペースは左右どちらかのサイドカバーの中(年式によって異なる)に書類と簡易工具が入れられるようになっているくらいしかありません。

そこでせっかくの原付二種なのに二人乗りを諦めて荷台にホムセン箱を搭載しました。
ニセリンゴ
ホムセン箱と言ってもコイツは宣伝文句じゃ鍵付きフタ防水の外用だそうです、まぁ鍵と言っても道具なし1秒でこじ開けられそうですがねw

ちょこっと台座を削ってタイラップで固定します、先代のカブ号ではネジ止めしていましたがしばらく仕様が固まるまでは仮付けの状態で行こうと思います、バックビューにリンゴステッカーを貼ってみましたというか先代のをひっ剥がしたものです。
アカマムシ
こんな素敵なwご提案をくださった読者さんがおられますが、入手困難ですよw
2018/02/14

ネタに困ったら昔話をしてみようかな

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルの通り、これまた前にも書いたことの焼き直しみたいな記事ですが新、カブ号との暮らしを始めるに当たって初めて空を飛んだw、GB250クラブマンに始まる赤いおじさんお店とのお付き合いの記録をしたためてみようと思います。

 1台目: ホンダGB250クラブマン
       名神吹田出口のループでオーバースピードで空を飛んだ
 2台目: カワサキZR-7S
       〇イク王にFフォーク三つ又裏が錆びているのでと査定減点された
 3台目: ヤマハXJR-1300
       〇SP神戸の三白眼のオッサンと喧嘩してヤマハと縁を切った
 4台目: ホンダX-11
       初めてツーリングクラブに入ったけどネットトラブルで退会した
 5台目: カワサキZX-12R(B2)
       バイク人生の師匠、ヨーイトナさんとブログで知り合った
 6台目: カワサキZX-12R(B6F)
       つまらないスリップダウンで右半身損傷、オリジナルステッカーを貼った
 7台目: ホンダCT110ハンターカブ
       初めてのガス欠で10km押した
 8台目: カワサキZX-14R(US)
       岡山県で二回目の飛行経験、全損して廃車
 9台目: スズキGSX-1300R隼
       世界最速のバイクなのに重くて扱い切れなかった   
10台目: BMW R1200R
       初めての外車、多分これでビッグマシンは最後…、かな
11台目: ホンダスーパーカブ110
       まさに最後のバイク、体が動かんようになるかコイツが先か…

GB250の前後に数台、自分名義に登録したのもありますが赤いおじさんの店とは関係ありませんので今回は割愛。
2回も空を飛んでも生きている悪運の強さというか絶対的な速度が低いんで無事だったんでしょうが1回目の飛行では人生唯一の救急車搬送体験もしました、その時の傷は未だに遺ってます。
2回目の飛行も同じくウルトラマンのように水平飛行しましたが打撲くらいで済みました、しかしZX-14Rは全損でした。

この頃、山の神さまにチクチク突つかれているのが「前にさぁ定年したら金ないし大型バイク降りるって言ったよね」という身に覚えのない過去ログなんですがなこってすw
反対にスーパーカブ110は駅までの通勤手段として買ったので定年後のアルバイトも含めて乗り続けることになるでしょう。