FC2ブログ
2020/08/09

食べモノ屋さんはお愛想ができてナンボ

こんちは、うぞうむぞうです。
中々100点満点を差し上げられる食べモノ屋さんがありません、採点項目は多岐に亘りますが味やら値段がイイのは当たり前です、だってお金払っているんだから。

こんな風に書くと「チッ、お客様は神様って奴かよ」という誹りを免れないのですがお金を払ってるんだから当たり前のこってすよ、タダで呉れたって褒めたくないものは褒めませんしどうかしたら悪口を書くことだってあります、人間だもの…。

記事を書いたのは梅雨の末期、近畿地方じゅうが警報や特別警報で塗りつぶされていた日のことです。
折角ニーナ&ニック号でお出掛けしようと企んで有給休暇を申請していたのにその日が迫るごとに降水確率は高まってとうとうこの日神戸の西の外れ地方は降水確率100%でしたorz.
S__53772294.jpg

山の神さまのご機嫌取りでいつものカフェでケェキセットです、カップの縁の小さな出っ張りはヌコを象っているものだと判りますが飲み干したらカップの底にヌコが居ました。

若き、店主兼パテシエ兼ウェイトレス嬢はいつものことながらコロコロと笑いながらコーヒーを淹れて呉れます、外はまだうっとおしい天気ですがお店の中は快適な空間です。

このお店に伺う前にちょっと離れた場所にあるパン屋さんに伺いました、ネットの評判は結構高かったけど車を停める場所がないうえ折りからのザザ降りの雨の止む気配もなく仕方ないので少し離れた場所でハザードを焚いて停め、ずぶ濡れでお店に駆け込んだのに「いらっしゃいませ」と云うでなし、折から有料化されたレジ袋は「廃止した」と宣う暗い表情の店主?兼パン職人兼レジ打ちのお姉ぇちゃん...、個包装だけでどうやって持って帰るんですかい(怒

こうこうで…、例えば環境問題のため私のお店はレジ袋を廃止しましたスミマセンと言っていただいたとしてもまだ制度が発足して一ヶ月ほどでんがな。

もちろんエコバッグは持ってましたが、評判のお店のパンだからと到来物にしようとしているのにこれじゃぁねぇ...。
2020/08/06

冷麺あらたか

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルですが「それも言うなら霊験あらたかでしょうが!」なんて無粋なツッコミをする奴は…。

今年のシーズンイン前、初級者向きの料理番組で冷麺の作り方を紹介していました、「飾り付けに凝るんならそのぶん麺を洗え」というのが講師のお話しの要旨で、盛り付けた麺は時間が経てばたつほど粘り気が出て互いに癒着しタレ出汁が絡みにくくなって風味も食感も落ちる、それならうわもんだけ先に別皿に盛り付けて冷やしておいて、茹でた麺は充分に水で晒し、洗って決め手は水気を絞るということだそうです。

絞るというのとザルで水を切るのとは違います、それでは残っている水分でザルの中で麺が癒着するので文字通り晒した面を盛る前に掌で絞るのだそうです、両方の掌に挟んでギュッという感じでね。
あとは冷やしておいた上物の具とタレ出汁をテーブルに出して絞った麺をマッハでサーブして出来上がりです。
S__53313544.jpg

プロの駄作をお目にかけておきましょう、時間を掛けての盛り付けは綺麗でしたが麺はヒト箸でドンブリから摘み上げられるくらい固くひっついていましたとさ。
2020/08/02

随分見晴らしがイイ!

こんちは、うぞうむぞうです。
大相撲名古屋場所本来ならミャーミャー県で行われるはずでしたが東京からウィルス持った団体が数百人単位で押し寄せてくるなんてまっぴらごめんと知事が言ったとか言わないとか(言ってませんw)で、東京両国国技館で行われ今夕の千秋楽を持って幕を閉じます、ミャーミャー県の有力者さんたちはずいぶんと顔に泥を塗られたもんです。
S__53960707.jpg

本来ならば土俵下、審判のうしろ数列の所謂砂被りにはどんなに望んでも平民が座ることはできません。
そんなことは無い、おれは何のコネもチカラも無いパンピーだけど審判の真後ろに座って観たことがあるぞと…、だめだめウソをついちゃw、何年も前からその場所の15日間の主は決まっていると言います、座れなかったタニマチの皆さん残念でしたねw

お陰でテレビ桟敷の俺ぃらにとっては見晴らしのいい場所でした。
もう芯じゃっていませんがオリムピックおじさんも見えませんし、いかにも地元の有名クラブやバーのママさん然とした和服のBBAもいません、勢い余って土俵下に飛んで行った力士も升席の手摺までフリーライドだったのでケガのリスクが減ったことでしょう。
控えの行司の方は除ける間もなく圧し潰されてましたがねw
2020/08/01

レトルト食品をイタリアンスパゲティーレストランで喰う

こんちは、うぞうむぞうです。
かねがねから書いていますが食事には愉しむための食事と生命を維持するための食事があります。
前者は大金をはたいても、量が少なくって「もっと食べたいよぉ」と胃袋が泣いていてもそれでいいのですが、後者は適当な価格で食べられないと困ります。
スパ

サンプルメニューでは見て呉れは全く違うのにテーブルに並んだ二皿はそっくりに見えます、勿論味は違いまして、方やバター醤油味で方やペペロンチーノ味です。

たしかに味は違う、と言っても味がするのは麺の方だけです、シェアしてみましたがどうやら野菜は規程の分量ごとに下茹でしてパックされているものと見ました当たらずと雖も遠からずだと思います、よく混ぜてお召し上がりくださいってところでしょうか、規定時間茹でた麺に規定量のショット数のソースをかけて湯煎で温めたレトルト野菜を盛り付けて終わりなのでしょう。

サイドメニューを所望された山の神さまを小声で制して、お気にぃのケーキハウスに移動しましたのは先々週の記事と同じです。
2020/07/27

茗荷宿

こんちは、うぞうむぞうです。
今日明日とクッキングネタが続きます、バイクカテゴリから来られて「家の手伝い?なにそれオイシイの?」なお方は帰っていただいて結構です、もっともこの程度のこともしないでバイクばっかり乗ってるとコッソリと緑の紙を召喚されるかもしれませんよw
myougasai1.jpg

いま旬の茗荷の甘酢漬けを作ってみました、思いのほかおいしかったのですが、加工前の画像その他を撮り忘れたのでコチラからお借りしました、下ごしらえを含め手順はそこら中に掲載されていますがこの駄文の通りに作ってもそこそこのモノが出来るでしょう。

1.茗荷(10本程度)は根元の部分を5ミリ程度切り取り縦半分に切っておきます。
2.お湯を沸かして切った茗荷を30秒ほど茹でます。
  *せっかくのきれいな紅色が抜けてしまいますが、甘酢に浸かると復活します。
3.茹でた茗荷は穂先を下にしてザルなどで冷まします。
  *ネットのレシピには絞って冷やせとありますが絞ると折角の香味が抜けます。
4.酢100cc、砂糖大さじ二杯を容器に取り混ぜ溶かしておきます。
5.冷ました茗荷を穂先を上向きに容器に入れ、4.の甘酢を注ぎます。
  *茹でたときに醒めたように思った紅色が復活し、半日後ぐらいには美味しく戴けます。
S__54198274.jpg

タイトルは茗荷を食べ過ぎると物忘れをするという落語、ほぼ小噺から戴きましたがこんな与太をかましている間にOLW(オリムピック週間)も終わりました、この連休中これから名を上げる機会を待ち望んでいた若手と今回が最後のチャンスだったかもしれないロートルたちの嘆き、ベクトルは同じですがずいぶん質の違う嘆きを問うた番組が目白押しでした。

以前の記事にも書きましたが、大観衆の中で何かを観る…それは何とか我慢したとしても往復のババ混みの交通機関を想像するだけでイヤになります、202TOKIO大会が開催されたとしても報道で入ってくる映像・画像以外は観ないであろう俺ぃらには関係無いですがね。