2017/06/22

もう少し若返って(それでも43年前w)

こんちは、うぞうむぞうです。
自主的に聞く楽曲のほとんどが数十年以上前の曲がほとんどです、奏者として参加した演奏のジャンルであるジャズに至っては今年で100歳だそうです、デキシーランドジャズに端を発するこのジャンルも聴くのはほとんどスィング時代のビッグバンドのものばかりです。
S__5106073944564654.jpg

22才の別れ、 なごり雪、ペテン師、ささやかなこの人生 …。
この頃のうぞうむぞう凡そ14歳、厨房真っ盛りw、と申しましても携帯電話はおろかお世話になってたおうちにあったのは有線放送(音楽のUsenぢゃないよ)ワープロはおろかコンピューターはまだ電子計算機の時代です(翌年にようやくAppleⅡが発売されます)
若者たちの楽しみは器用な奴が爪弾くギターをバックに唄本の歌詞を見て歌うぐらい、もちろんうどん県の田舎にカラオケなんざありません(納屋の隅に桶は転がっていましたが)

過去の振り返りが始まったら老年と申しますが、その頃から音楽シーンは止まっていて、軍服43人一斉歌唱の女の子やらクネクネ踊りバンドはどうしても耳に入りません。
2017/06/20

94歳と1ヶ月

こんちは、うぞうむぞうです。
某日、見学で大阪府庁を訪問しました。
IMG_274774864861515.jpg
47都道府県の中で現存する庁舎としては最も古いそうです、ステンドグラスの模様もレトロ感一杯ですがあちこちにコソーリとアラーム装置やカメラが付いているのにも気付きましたがM知事の席の横で中指を立ててやったのは写ってないでしょうw

大正ロマンや明治のかほりなどと申しますが実用には向いていないと思います、いくら耐震補強したって天井にガラスが嵌っている時点でダメでしょう、擁護層があるので破片が落ちてくる懸念は無いそうですが危機の際に最上階の天井に穴が開いている建屋で何ができましょう、尤も絶対市民が入れない地下室に秘密の部屋があるというのなら別ですがね。

議席の椅子ですがクッションがブカブカで座り心地は悪かったです、案内していただいたかた曰く俺ぃらの座った辺りは所謂1年生議員の場所らしいのですが後方の長老議員んさんの辺りはどうだったんでしょう、老人の腰には優しくないと思ったんですがね。
2017/06/18

映画の窓

こんちは、うぞうむぞうです。
このブログの記事は基本的にその前週にさらにその前に撮った写真をこねくり回して書いていますのでリアルタイム感がありません、尤もそれは文才の無さとも言いますが更に加えてこの週は風邪による37から38℃の熱にうなされて部屋に籠っていた時のものですから更につまらないでしょう。
IMG_2727878446164.jpg
Y野家のKカレーカルビ焼肉投入バージョンです、POPの写真の辛そうなイメージについ注文してしまいましたがその甘ったるさにコッソリ七味を投入しビールで流し込みましたがこれだけではY野屋のネガ記事になってしまうので追加ですw
41Z4SA7K9WL.jpg
もう27年も前の嘉門タツオ(今年の春に改名)さんのアルバムですが、この何曲目かに映画の窓ってのがありまして、ヨウツベへのリンクを貼っておくんですが最初の1分ほどです。
ギャグ耐性の無い方は見ない方がイイです、特に電車などの公共交通機関の中ではねw
2017/06/17

絶不調だった

こんちは、うぞうむぞうです。
昨日の記事はリアルタイムではその1週間前の金曜日のお話しでこの記事を書いている日は1秒30円の診察をしてもらった翌々日のお昼、窓の向こうは曇り雨で体調はもちろん出掛ける気にもならない一日でした。
_95008309_cf62329c-d244-4fd5-ba95-87d6e0bdb266.jpg
診察の翌日には38度の熱を押して頭数(アタマカズ)揃えの講演会を聞きに行き、「もうすぐN国がミサイルを撃つぞ目標はわが国だぞ、そして第二次C鮮戦闘が始まるぞ」というトンデモなお話を伺い、こっちは頭のなかが戦闘状態だよと半分聞きながら意識を失う寸前で聞いていました、周りの聴衆の皆さん今頃風邪の症状が出ていたらごめんねw

K違いに刃物と申しますがそんなことをしたら、ホントにしたらどうなるかなんて判っているだろうし下々の兵隊さんだって数日後には押し寄せてくる世界各国の武器の餌食になることぐらい簡単に想像つくだろうに、いやいくら情報統制されているにしたってですよ。
おまけにミサイルが着弾して数分後にはN国の制空権はA国に完全に抑えられて、C国との国境からはC国人民軍が、さらに北からはからはR連邦軍が押し寄せ…。
まぁそんなことが起こらない方に100万ペリカw
2017/06/16

1秒30円

こんちは、うぞうむぞうです。
表題の数値…、計算上の単価ですがさて何の単価でしょうか?
img001213546145615.jpg
印字されている通り、お医者様の診療の単価です、某日あまりの発熱とのどの痛みと倦怠感で会社を早退し近所の内科医院に行きまして診察wをしていただいたのです。
これほど(もちろん自己負担+健保負担の総合計)のお金を支払ったのにもかかわらず診察室に居た時間は2分ソコソコ、電子体温計で体温を測った以外は首の付け根の触診をするでなし、のどの腫れ具合を見るでなし、いわんや聴診器なんて首に提げてもいません。
「今のとこお熱だけだから熱さましのお薬を処方しときましょうねぇ~、お大事にぃ~」

思わず、「喉も痛いって言ってますやん」と訴えたところ、ペンライトで喉の奥を照らして、「うーん今はそんなに腫れてないからなぁ」といって、お大事にぃ~と看護師とハモって診察室を追い出されました。

俺ぃらも山の神さまも滅多に医者なんていかないので俺ぃらの社会保険負担金はほぼ100%お嬢のために支払っているようなものですが、処方されたお薬はお嬢に処方されている痛み止めのライト版だったという、確かにのどの痛みと言ったから痛み止めを処方したのか知りませんが目の前に明らかに熱がある風邪症状のおっさんを見ての処方がこれですかそうですか…。

調剤薬局では壁のポスターに「いま日本では500億円が余剰薬剤に…」と書いてありました、余分に呉れやとは言いませんがせめてPL顆粒でも処方してくれりゃぁいいものを…。

ヨレヨレで掛かりつけの耳鼻科に行く体力もないから、うちから最も近い内科なのでと行ったのに…。