2018/07/15

水戸のご老公様に喧嘩を売るw【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
コンビニのディスプレー戦略に弱い俺ぃらです、当然のことながら大手コンビニにはそんな部署があって俺ぃらみたいなウスラ頭の顧客にどーやって商品を手に取らせようかってことばかり考えているはずです。
S__9617410.jpg
試食した感想は「たいしたことねぇや」と嘯いておきます、明日の朝どうなるかなんて神の味噌汁ですw
2018/07/12

進歩のない生き物【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
大阪北部地震から4週間近くが過ぎました、改めて亡くなられた皆様に哀悼の意を表し、ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。
また被害に遭われた方々、命あっての物種ではございますがくれぐれも悪徳修繕業者の口車に乗って法外な代金を払っての家屋修繕の契約などされませんように…。
おうちの屋根を仮に覆うブルーシートにも規格があります、大きさだけではなく厚みは#×000と言う表し方をします、もしあなたのおうちに現れた業者の手持ちシートが#3000以下の数値でしたら台所から塩を持ってきてぶっ掛けて追い払いましょう、きっと玄関先でナメクジのように溶けやがりますよw

阪神大震災の折、青い屋根が無くなるのに1年は優に掛かりました、青い屋根ってのは解説には及びませんがブルーシートで覆った屋根のことです。
修繕の順番待ちの間、否応なしにそんな屋根の下で暮らさねばならないことを考えると気分が滅入ります。

さて、俺ぃらの被害はJRの高架線路上を歩かされて傷んだ靴底と足元の悪い中を歩くことで足首を軽く捻挫したくらいでしたがようやく痛みも癒えました。
tennma
俺ぃらの乗った電車が緊急停止したのは地図の赤線の辺りでした、最初は「すぐ動くさ」と多寡をくくっていたのですがそれから1時間20分の缶詰になろうとは予想もしてませんでした。
車内空調は停車と共にすぐに止まり車内はどんどん温度が上がってきます、偶然にもトイレのある車両のドアの前だったんですが最初のうちはバッテリー駆動で自動ドアも開閉し流せたようですがバッテリー保護のため電源を切られたようでドアは手動で開けなあかんは、中は真っ暗では流れないという状態、それでも次々にお腹が痛い顔をした乗客がやってきます、あの環境でのトイレは少々トラウマになるでしょうね
もっとも満員でドアの前から動けない俺ぃらたちも臭いでエライ目に遭わされましたよ、その晩帰ったら偶然にも夕飯がカレーだったというもうね、アボガドバナナかと…orz.
IMG_3930.jpg
1時間20分後にJRは運行を断念し、乗客を線路に降ろして歩かせる決断をしました。
人生初の貴重な体験でしたね、気付いたことの一つがあの線路の敷石って結構でかいんですな大人のこぶし大は充分あります。
枕木のうえを歩こうにも歩幅が合わず何度も躓いて足腰ガタガタでしたよ。
右上下の写真の高架道路との距離間隔でわかっていただけるかと思いますがたったこんだけを歩くのに1時間掛かりまして途中で線路の上に座り込んじゃったのが左下の写真です。
map.jpg
ようやく天満駅にたどり着きましたが本社に出社するにも別拠点の事務所に行くにも中途半端な場所です、事務所の方を目指して歩いていると大きな石灯籠にトビのおっさんが登って何やらやってます、石灯籠の上の宝珠が傾いているんで落ちて来ちゃ大変と緊急修理しているようでしたが「こんな時に石灯籠なんか修繕してないでもっと大変な場所があるだろうが」と思ったら天神祭りに欠かせない重要な場所だったようです。

へとへとになって事務所に着いたのが午前11時前のこと、歩き出して1時間半が経ってました。
結局は人手も集まらず会議も打ち合わせも全て流れて一日電話番で終わりました、19時には電車も一部動き出したので乗り換えに次ぐ乗り換えで神戸の西の外れの猫の額ハウスに帰り着いたのは21時30分でした
2018/07/11

まだ半年も年季が残っているよママン

こんちは、うぞうむぞうです。
山の神さまの分の裁判員裁判へのお誘いの封書が来たのは一昨年のこと、何とか逃げ切ったかと思わせた昨年の11月には俺ぃら宛の封書が来ました。
山の神さま宛ての時の記事に書いているけど候補として呼び出されて当選する確率は10000分の1だそうですがその裏付けたるお言葉を聞いてきましたよ。
S__89620592545150156.jpg
某日の某裁判所見学用法廷です、地方裁判所にしては規模が大きな法廷で滅多なことでは本裁判に使わないので一般公開しているそうですが写真の奥が裁判員さんの席です。

ご案内は裁判所の広報官だそうで本職の公務員と仰っていました、説明が面白くって居眠りをせず聞いていて途中で当選確率について質問したら同じ数字が出てきました、どうやら真実に近いようです。
でも行きたくないなぁorz.
2018/07/08

ちょっと田んぼの様子見てくる

こんちは、うぞうむぞうです。
毎度判る人にしかわからない出だしで始めてみました。

俺ぃらの住んでいる猫の額ハウスの目の前にはこの辺じゃランドマークになるくらいの大きな溜め池があるんですが、その水位が今まで見たことないくらい上昇していましたよ。
tameikeeee.jpg

小降りの時間帯なうえに十分明るいんでまず心配ないとはいえ危険な行為であることは毎年の哀しい報道が示しているのに愚かなこってす。

tannbohakiken.jpg

昨秋に堤防の内側から耐震補強工事をしたようですが満水になっても耐えるだけの強度があるのか心配です、池の法面が決壊したら写真の集合住宅はもちろん付近の住宅地も田んぼもワヤですよ。

ikawa.jpg

近所を流れる川の様子です、十分に危険水位を超えていると思うんですが垂れ流しのニュースにはこの川の情報は全く聞こえません、この下流じゃ渦巻いてましたぜ大丈夫なんでしょうか
2018/07/07

向かい側からくるに奴がニヤニヤしていたら行き止まり

こんちは、うぞうむぞうです。
まだ油断できない大雨が降っている場所もあります、おうちやら周りに被害はありませんでしたか?と普段ではないような書き出しで始めては見たものの世界中とつながっているんだからここ数ヶ月雨の降っていない場所でも読まれている(ナイナイw)とすれば奇妙な問い掛けでしょう。

さて、タイトルですが最近見かけなくなった巨大迷路ですれ違う奴がニヤニヤしているってことはその先が行き止まりになっている確率が高いというか100%だそうです、ごもっとも行き止まりじゃなきゃ帰ってこないんですからね。
何を言っているかというと昨日のこと、やんごとなき理由で事前に有給休暇を取っており某所に朝早く出掛けねばならない用事で家族輸送機CX-3で出発しました。
都市高速入口に向かう道は大渋滞ですが対向車線も同じようなものです、それでも交通情報では最寄りの入口から東に向かっての通行止め情報もなかったんでトロトロ走って行って目の前に広がった光景は鉄バリケードで塞がれている進入路でした。
gate.jpg

門扉式のゲートを閉めるのならともかくこれほどの数の鉄柵を運んだり警戒表示のトラックを配置したりするんだから10分や20分前に閉鎖になったのじゃないことは一目瞭然です。
同じ様な情報をオウム返しのごとく放送してるんじゃなくって精度を検証しろよと小一時間(略

このまま車では絶対間に合わないと山の神さまを唯一定刻運行の市営地下鉄の駅で降ろし、一人で車を廻送しましたが20km余りの距離に3時間半は優に掛かりました、車を捨てて駆け出したいくらいの気持ちにさいなまれましたがそこまで戻ることもできないので仕方なかったのです。

やんごとなき理由の方も無事完了し、山の神さまと共に猫の額ハウスに戻る道中はさらに雨量を増し、ワイパーをハイスピードにしても追い付きません、どころか前も充分に見えない状況でした。
もうお腹一杯です、止んでくださいよ