FC2ブログ
2019/07/08

♪わたしのぉ~お墓のまぁえで~

こんちは、うぞうむぞうです。
まずは堺市及びその近郊の皆様、百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群の世界文化遺産登録おめでとうございます。
kohungun.jpg

そしてタイトルはこれから押し寄せるであろう国内外の有象無象による影響への懸念です。
宮内庁も今回の登録を受けてのコメント「陵墓は祈りの場」と述べています通り、伝承が正しければ日本の始めの頃の皇族や豪族のお墓ですが平面的に見れば住宅地に忽然と現れる森や小山です。

こんな場所に観光バスから吐き出される蛮行客が大挙して押し寄せるのです、きっと周辺のおうちの方は落ち着かない毎日になることは間違いありません、加えてコレを商機と捉えたヤツらが小商いのために店を始めちゃ潰し…。

埋葬されている(と伝えられる)皆様もしばらくは静かに眠ることもできないでしょうなぁ…
2019/06/10

来年の秋のお話しなのでどうでもいいけど

こんちは、うぞうむぞうです。
今日のネタは先日の新聞記事から始まります。
SHINNBUNN.jpg

ついこないだの統一地方選挙前まで「袂を分かった」とまで言われた二団体の代表ともう一人が映っていますが俺ぃらにはもう一人上皇さま(いうまでもなく比喩です)が映っているように見えるんですが気のせいですかねw

維新以外のすべての政治団体が公式に反対、あるいは自主投票という名の否定に回ってもギリギリで大阪都構想は否決されたんですが、この党が大っぴらに賛成に回るとなると反対派に勝ち目はないでしょう、ブッチギリで都構想は可決されますな。

まぁいいです、その頃には所属する某団体からも引退していますから動員が掛かってもシカトできます、かの街がどうなろうと知ったこっちゃないです、府下ナンバー2の人口数の堺市市長選挙もかの団体の候補が勝ちました、市内全選挙区で対立候補を抑えての勝利です。
負け犬の遠吠えではなく、ほんまにどうでもいいです、お目汚し失礼いたしました。
2019/05/29

♪哀しみ本線日本海【中篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
あと一時間くらいになったので開門待ちの列に並びます、この行列って奴が大嫌いでどーしても見たい場所以外ではほぼスルーするのですが今回はココがツーリングの本命なので並ばないわけにはいきません。

昨日の記事の艦(フネ)もそうですが秘めた実力は措いといて海上自衛隊の主力艦たちはどれもこれも「護衛艦」と付きます、本来は航空母艦や戦艦などを護るのがお仕事ですが不戦の誓いを憲法に刻んでいる以上はアクティブな攻撃力を持てないので仕方ありません。
もっとも昨日のひゅうが級はヘリコプター搭載護衛艦(DDH)となっているものの予め織り込み済みの改装を加えるだけでMV-22オスプレイや戦闘機と言いながら対地攻撃もできるF-35ライトニング IIの運用が可能になります、それを是とするか非とするかは考え方次第ですが太平洋に出ていきたい中国の目の前のたんこぶ的な環境に在る以上はしょうがありません、さらには凶豚(きょうとん)が支配する北キムチ国も在るので国土防衛に関しては頭の中お花畑ではやって行けません。
何度も書いていますが俺ぃらは戦争肯定派ではなく、護るべきものがある以上そうしないではいられない派ですので誤解無きようお願いいたします。
あたご1

はい今回の主たる目的の場所です、護衛艦あたごDDG-177です。
この日この岸壁に係留されていたのはこの後ろに護衛艦せんだい、 DE-232と前方には護衛艦ふゆづきDD-11でしたが前から順にほぼ十年づつ艦歴が古くなっており、ローテーション的に最後尾のせんだいが廃用されるのも遠いお話しではないでしょう、まぁそのせんだいでさえ厭戦的思想家や政治家にしてみりゃ軍艦なんですがね。
あたご2

武装です、上はファランクス20mm機関砲です。
近接してくる対艦ミサイルを撃ち落とす発射速度は毎分4500発となっています、その能力は誤射とはいえ米軍の艦上攻撃機を見事撃墜wしているので折り紙付きです、何べんも書くけど役に立つようじゃ困るんですがね。
次は12式短魚雷です。
狙いを定めて撃つのですが少々逸れても自らが敵艦を探知して追っ掛けていくといいますから敵対するのはまっぴらごめんです、やり過ごしたと思ったら追っ掛けてきて後ろからなんて怖すぎますよ

とまぁ、にわか軍オタがゴチャゴチャ書きましたが役に立たないに越したことはありませんが必要なことには変わりありません。
この日ご案内いただいた防人(さきもり)たる自衛官の皆様、GW中にもかかわらずお疲れ様でした、階級と共に胸に輝くネームプレートには他の艦の所属であることを示すものや本来、陸上勤務であろう自衛官さんまで駆り出されていたようです。
もっともこれほど大盤振る舞いで公開するってことはどの技術も成熟しきっているんでしょうね、でないと一般市民の顔をした(顔だけじゃなく国籍まで同胞だったりする)スパイたちの入艦も拒めないのですから最先端技術ではないのは間違いないでしょう。

手ぶらじゃ帰れないので、といっても饅頭や羊羹の類はどこへ行っても同じ味なので…。
S__87629841.jpg


【後篇】では2週間ぶりの引揚記念館ほか…と続きます。
2019/05/14

我が子だったらなぁ…でもなぁ…

こんちは、うぞうむぞうです。
毎度ネットニュースの引用記事で申し訳ないのですが、職業選択は自由だし選んだ職を辞める自由もあるんだというお話しです。
とっとりtottoriとっとり

記事で言う児童とは痰の吸引などの介護が必要な子供さんのようですが、そのお世話をする看護師がほぼ全員一斉に辞めちゃったという内容です、リンク先はどうせ見れないんだろうなぁと思いながらクリックしてみたらNot Found となってました。

ケチもここまで来たかと思ってよく見たら3年も前の出来事でしたよorz.
でもね、どれほどのことを要求したのかはわかりませんが看護師さんに直接要求したとしか思えません、でなければこれほどの事態にはならなかったでしょう。

吸引などの行為は機会が遅れたら命に関わるんだからそのために配置されている人々がそれを適切に行わなかったのだとしたら重大なサボタージュ行為でしょう、しかしそんなことではないようです。
配置された看護師の一人のスキルが足りなくってそうなったのなら一斉退職ということにはならないと思います。

学校にお世話になっている時間帯に命の危険があるのなら堪ったものじゃありません、我が子だったらと思うと…。
でもそうじゃない何かがあったからと記事にはあります、元ネタが削除されるほど前のことなので真相は判りませんが人命を護るという誇り高き職業を選んだ人たちの気持ちをそこまで萎えさせてしまうほどの何を言われたのか…。
2019/04/23

「糞餓鬼のイタズラじゃんか…」←そんなことない!

こんちは、うぞうむぞうです。
大人としてというか法治国家に存在する限りは人をグーで殴っていいのはボクサーや各種格闘技の選手だけです、プロレスでさえナックルパンチは反則技です。
同様に相撲の世界では平手打ちは「張り手」という技ですが、番付が上に行くほど張り手の多い力士は一流と呼んでもらえなくなります、小さい力士が勝つために必死でやるから面白いのであって番付も頂上の横綱さんがそれをやるようじゃねぇ…。

とまぁ、スポーツ評論のように始まりましたがネタはこんな記事です、一か月も前のことですから記事公開の頃にはリンク先は404だと思うのでリンクは貼りません。
paper.jpg
=======================================

では、このオッサンがクソガキをとっちめるためにはどうしたらよかったのでしょうか、とりあえずケツは拭いてから個室を出て犯人がまだいるであろう個室の前に立ちはだかって出てきたところを引っ張って行って表で待っているであろう保護者を探して…。
というのが無難なのでしょうが、そんなことではクソガキを懲らしめることにはならんしねぇ。

ここで重要なのはケツを拭いてから出るってことですな、まぁ順序を間違うとエライ事になるっていう見本です、このオッサンの場合、警察でケツを拭くことになっちまったんでね。