FC2ブログ
2018/10/19

今が旬の俳優さんを起用して…

こんちは、うぞうむぞうです。
俺ぃらは再三書いてますがほぼ最低学歴で今の職に就いて一度も転職を経験したことはありません。
正しくは若気の至りで「こんな会社辞めたるわ」と言ったとか言わなかったとか(ドッチヤネン)なのですが、とりあえず社会的に不味い粗相をしない限りはあと二年で定年退職を迎えます。

そんな晩秋期になって思うのですが転職の意味って何でしょうか?
俺ぃらの父は体が弱かったうえに行く会社、行く会社が潰れるという不運な職人さんだったのでどんなに単調な仕事でも歯車の一個どころかその歯車のグリス程度の仕事であっても潰れない会社に勤めることが夢という何とも夢のない話ですが自分で成り上がって行くなんて人生とは真逆の人生を送ってきました。
retennshoku.jpg
今が旬の若手俳優さんを起用して転職を煽る…、まだまだ将来があると他にきっと素晴らしい会社があると妄想夢を描きたい若者をダシに儲けようとするサイト運営会社の思惑はそれはそれで企業活動だから宜しいでしょうが…。

よく考えてください!
今あなたが転職したとしたら、その会社にとってのあなたはセコハンです。
転職した会社が大手であればあるほど数年先輩の同い年の社員がいます、「そいつらを斃して成り上がる自信があるのならどうぞ」というのが俺ぃらの考えです。
また、今の会社に見切りを付けるなら若いうちという考え方もありますが社内で自分と同じ職種の大先輩たちの処遇を観察して数年後の自分がそこにいたとしてその職に収入に不満かどうかです。
いわんやそんな先輩を超えて行った場所に自分が納得いく自信が無いならば決してお勧めはしません。
2018/10/18

First Kiss【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
家族輸送機の修理が完了しました、修理屋さんが忙しいので【前篇】公開の翌日ではございますがリアルカレンダーでは既に2ヶ月が経っています。
IMG_4110milkjohygtyug.jpg

修理をお願いしたお店は今までにも何度かお世話になっていて若い(俺ぃらと比べて)職人さんの個人店舗なのですが初代クロ号を修理してもらったときに余りにも素晴らしく仕上げて呉れて以来のお気に入りです、もっとも何回もお世話になりたくはありませんがね。

一人で仕事を廻しているので連絡やら代車手配にやたら時間が掛かるのが難点ですが、まぁしょうがないでしょうね。
2018/10/17

First Kiss【前篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルはね…、記事ネタのためなら悪魔に魂でも売りまっせw身内の失敗でもなんのそのってw
記事公開の時点では治っているんですけどけど山の神さまがやってくれましたよorz.
kiss.jpg
割れてはなさそうなので研磨とタッチアップで治るだろうけど自他共に認める不器用なのでプロに頼むことにしましょう。
だけんどがまだ300kmも走ってませんぜ、先が思いやられますよ。
2018/10/16

文鎮にもならない…Reboot篇

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルの Reboot を辞書で引くと「シリーズにおける連続性を捨て、新たに一から仕切り直すことを意味する」とあります。

元記事では赤いおじさんのお店でバイクを買うと貰えるダイキャストのフィギュアをご紹介してきましたが、今のところ彼らの居場所はクローゼットの中です、売却するつもりもないけど外で日に当てていると箱が日焼けするもんでね。

もはや次の鉄馬を買うつもりも原資もないので次のシリーズを貰えるアテもありませんが前にも書いているように消耗品の値引きチケットでも呉れた方がよっぽど嬉しいんですが…。
でも、タイトルに持ってきたのはこんな風に連続性を捨てたからです。
cubmini.jpg
ご明察の通り、ガチャの商品です、しかしこの頃では100円ワンコインで出てくるのは非常にしょぼいオモチャばかりでどうかすると500円ワンコインのガチャさえあるそうです。

世界の名車、といってもニューヨークやロンドンで走っているのを見たわけじゃないけどホンダの中のホンダたるスーパーカブです、中身はこんなの。
cubminifigua.jpg

赤いおじさんの店のフィギュアの100分の1くらいだけどちゃんとタイヤも動きますし、スカスカだけどハンドルも切れます。
問題はこういったものの多くが俺ぃらが最も嫌いな奴らがチマチマ作っているってことですがこういったものを大量生産させたら一流の国だからね、しょうがないです。
2018/10/15

震えながら眠れよ…人生オワタ

こんちは、うぞうむぞうです。
俺ぃらが子供の頃住んでいた大阪の下町の恐ろしくボロいアパートの直ぐ近くには東海道本線の線路がありました。
その辺りは高架じゃなく、土盛りした土台の上に線路がありまして「もしも地震が来たら線路に逃げるんやで線路は一番丈夫やからな」と教えられた一方で「線路にモノ置いて捕まったら死刑やからな」とこれまた躾けられて育ちました、というのもクソガキの日常で線路の上に硬貨を置いて敷き潰されて平べったくなったのをガッコに持ってきて自慢するおバカが居たんですよw
====================================================
okiishi.jpg
====================================================

時は流れ平成の世になってさえこんなおバカがいるんですねぇ…、あの頃なら見つかんなきゃドキドキしながらそのうち忘れてしまえたんでしょうが現代社会においては各種のカメラに映らずに生活する方が難しいです。

明日、ガッコにオマーリさんがきて連れていかれて人生終わりですか…、可哀そうにねぇ