FC2ブログ
2019/04/23

「糞餓鬼のイタズラじゃんか…」←そんなことない!

こんちは、うぞうむぞうです。
大人としてというか法治国家に存在する限りは人をグーで殴っていいのはボクサーや各種格闘技の選手だけです、プロレスでさえナックルパンチは反則技です。
同様に相撲の世界では平手打ちは「張り手」という技ですが、番付が上に行くほど張り手の多い力士は一流と呼んでもらえなくなります、小さい力士が勝つために必死でやるから面白いのであって番付も頂上の横綱さんがそれをやるようじゃねぇ…。

とまぁ、スポーツ評論のように始まりましたがネタはこんな記事です、一か月も前のことですから記事公開の頃にはリンク先は404だと思うのでリンクは貼りません。
paper.jpg
=======================================

では、このオッサンがクソガキをとっちめるためにはどうしたらよかったのでしょうか、とりあえずケツは拭いてから個室を出て犯人がまだいるであろう個室の前に立ちはだかって出てきたところを引っ張って行って表で待っているであろう保護者を探して…。
というのが無難なのでしょうが、そんなことではクソガキを懲らしめることにはならんしねぇ。

ここで重要なのはケツを拭いてから出るってことですな、まぁ順序を間違うとエライ事になるっていう見本です、このオッサンの場合、警察でケツを拭くことになっちまったんでね。
2019/04/22

ご機嫌伺いw

こんちは、うぞうむぞうです。
世の他のオトーサマ方のことは知りませんがたまにこんなことをします、ご機嫌を窺うアンテナは常にピンと張っておかなくてはいざという時に手痛い反撃を喰らうことがありますw
S__85155842.jpg

ちょっくら食べるのが可哀そうな風体ですがウサギさんの方の中身はメレンゲ風のクリームにラズベリージャムで、ヒヨコさんの方は甘味を抑えたプディングでした。
大阪の百貨店のインフォメーションで「洋菓子屋さんで神戸には無い店舗さんある?」と聞いて教えてもらえたのが2軒で一軒はごく普通のショートケーキしかないようだったんでこちらにしたんですが行列の度合いはそっちの方が多かったけどお味はどうだったんでしょう。

まぁ、お給料のお小遣い一回当たり、1~2回こんなことをやっとけばご機嫌は保てていますが、どうなんでしょうかねぇ…。
2019/04/21

もう傷も癒えたので…

こんちは、うぞうむぞうです。
あぁ、別にバイクでスッ転んでケガをしたわけじゃありません、ぶっさいくな心の傷です。

もうすぐ定年退職の年齢ということは散々書いています、そんな歳なので実情を知らない若手社員からは超高給取りだと思われやっかまれているようですがただ永く働いてきただけで悪いことして今が在るわけじゃありませんが…。

(事務のお姉ぇさん):「うぞうさん、今度の○○さんの送別会、会費前払いなので 0.4諭吉集めます。」
(俺ぃら):「今日(給料日当日の昼間)ですか?」
:「はい」
:「ごめん、ギリギリなんで明後日でいいかな」
:「困ります、前もってお花とか餞別の品を買うから今日じゃないと…」

かくしてなけなしの樋口一葉さんを回収され、財布の中身は青い人が一人とコインだけ…、それから半日過ごすうちにコーヒーやら何やらと帰宅前には定期圏外に出ていたんで切符を買ったら残金は122円でした(なんて具体的なw)
180.jpg

帰りの新快速の車内放送のバックグランドではまたも鵺が鳴いています嫌な予感がしますなぁ…、と思う間もなくゴトンと停まったのは駅より何百メートルも手前です。
:前方のぉー踏切で非常ボタンがぁ…」
:┐(´д`)┌ヤレヤレ…またかよ」
延々そのまま20分間停まっている間に実況放送はしてくれるものの宵の車内はほぼ満員でだんだんイライラしてきます…。

何とかタコ焼き市駅にたどり着き、定期券と運賃精算機で…、切符がありません
どうやら車内でコートのポケットから落としたようです。
仕方ないので改札口で事情を話し、定期券を人質に表のコンビニまで行ってキャッシュカードでお金を引き出して改札に戻り運賃清算をして解放されました。

そもそも大の大人が財布の中に122円って何だよってことなんですが昼間の樋口さん拉致案件が無ければ十分な残金だったのとおうちにたどり着けば何とかなるというアマイ目論みが悲劇を招いたのでした、でも改札口の若い駅員の憐みの目は何回か夢に出てきましたよorz.
2019/04/20

プリジオーネ

こんちは、うぞうむぞうです。
タイトルのプリジオーネとはイタリア語でprigione:刑務所という意味らしいですがヤッホー検索で出てくるのは20年近く前のエロゲばっかりですよっとw
因みに英語ではprisonで、近代史では東京にあった戦争犯罪人たちを収容した巣鴨プリズンという名称が試験に出てくるくらいでしょう。

俺ぃらはオマーリさんのお世話になるとしたら道路交通法違反ぐらいしかないので拘置所や留置場のお世話になることは無いでしょうが歳を取ったら判りませんよ…。

何でこんなことを書くかといいますと、昨年の11月末の記事に続きます。
歳を取ったら肉体や頭脳に色々具合悪い場所が出てきます、自分の意志のままに手足が動かないのは悲しいけどそう思う意識すら無くなるくらい頭脳の性能が劣化していくともうどうにもなりません。

刑務所のほうは自分の犯した罪の代償として自分の意志では出てくることができない場所ですが前回の記事に引き続いてお伺いした場所もそうでした。
koukyuu.jpg

こんな場所が選択できるなら何の心配もないでしょうが王侯貴族ではありませんし、しがないリーマンの身では見学に行くのさえ憚られます、パンピーが入るとしたらこのような場所よりもう2ランクくらい下の施設があります。

しかしその多くというかすべての施設に共通している設備があります、オートロックアンドオートドアです。
何だか和製英語感満々w、自動施錠付き自動開閉扉ですが、そこのドアには自動開放の機能はありません。
もちろん押しても引いても開きません、平常時には受付カウンターにいる職員が開放ボタンを押せば開きますが入居者が自らの意思を持って開けてもらうには外にいる保護義務者の同意が必要です。

そんな意味においてまさにプリジオーネなのですが、そこに入るためにはお金が必要という…、もうね自分の意志で体が動かなくなってお金が無ければ善良な国民に迷惑を掛けない犯罪でも犯して(何があるだろうw)刑務所に入るくらいしかないんでしょうかねぇ…。
2019/04/19

もうそれぞれ焼きでいいんじゃネ【後篇】

こんちは、うぞうむぞうです。
自分で出来るものをお店で作ってもらうとその対価を払うのは当然としても「自分ならこう作るのになぁ」「あと一味足りないなぁ」と不遜なことを想った挙句にビールを呑み過ぎてお勘定が高くって驚いてしまうのですが猫の額ハウスに呼ばれて俺ぃらの作ったのを食べて呉れるお客様はどうお考えなのでしょうか、気になって仕方ありませんのでお嬢のお友達に来ていただいて味わっていただきました。
S__69263381.jpg

食がイイと伺っていたのでいつもより仕込量を多くしたんですがペロリと平らげてくれました、有難いこってす。
俺ぃらといえば焼きながらご機嫌でいつもよりたくさん呑んじまってお客さまが帰られた後で山の神さまにコッテリ絞られたという…w